悪女の定義ネタバレ&感想

漫画「悪女の定義」は原作Sola先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生、脚色Yuns先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」33話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

カイラードからパーティーの時の対応について、謝罪を受け入れたシャティでしたが何かあることだけは覚えておこうと考えていました。

 

そしてアイリーンは水晶宮へ行くことを喜び、何かを考えている様子でした。

≫≫前話「悪女の定義」32話はこちら

悪女の定義 33話の見どころ・考察予想

セシリアとばあやが言い争いをしていました。

原因はセシリアのコンプレックスにあるようです。

ばあやが言われっぱなしなわけもなく・・・。

 

そんなゴタゴタの後にばあやから、皇太子からの手紙が渡されます。

手紙が送られる理由がないことを考えるシャティ、その内容とは・・・。

 

そして散歩に出かけたシャティはアイリーンと出会ってしまいなぜか一緒にお茶をすることになりました。

穏やかな時間になるわけもなく、二人の駆け引きが始まります。

悪女の定義 33話のネタバレ込みあらすじ

ラブエルが休暇中ですが、副侍女長である ばあやがいるので不自由なく、のどかな日を過ごしていました。

ばあや強し

転生してからの世界について知らないことが多かったため休日には読書をし勉強をしているシャティなのですが、思わずうたた寝をしていました。

 

そんなとき部屋の外から不愉快なんです!とセシリアの声が聞こえてきました。

こそっと扉に耳を立て、何があったのかと会話を聞くシャティ。

 

エルシータ令嬢(セシリア)のいうことは理解できますが、わたしは先日爵位を受け・・・というばあやの声が聞こえてきます。

わたしはこの世に生をうけてから貴族として過ごしてきましたというセシリア。

 

ばあやとセシリアが争ってる?と不穏なものを感じるシャティ。

名だけの貴族と笑いものにしているのでしょう!というセシリア。

 

あぁ・・・セシリアの劣等感が発端なのね、自分より高い地位にあるばあやのことが気に食わないのね・・・と冷静に分析するシャティ。

 

わたしは平民が簡単に言葉をかけることができるような身分ではないという事を肝に銘じておいてください!と言うセシリア。

 

ばあやの顔が曇ります。

シャティも言い過ぎだと、止めに入ろうと扉に手をかけた時でした。

 

エルシータ令嬢こそ受け入れるべきです、わたしはいまはもう平民ではなくカイロン公爵家から正式に爵位をうているのです・・・男爵夫人なのです

 

わたしを平民だということはカイロン家をないがしろにするのと同じ意味ですとばあやは言いました。

 

その言葉にたじろぐセシリア。

 

気遣い無用だったわと考えながら扉をあけて二人の前にあらわれるシャティ。

そしてばあやから、皇太子殿下の侍従が届けにきたという手紙が渡されました。

 

殿下からわたしに手紙だなんて・・・そんな要件なんてないのだけれど・・・ととまどうシャティに、早く読んでみてください♪とワクワクなばあやでした。

皇太子からの手紙

今日はとても気持ちが良い天気だ、西部の地域ではついに緑化の事業が始まると書かれています。

 

そして試験的にセベリダから行うこと、シャティが期待しているものを見るためには時間が必要だからアイリーンと先に避暑へ向かうこと、過酷な旅になるだろうから、しっかり準備を・・・とつづられていました。

 

はいはい・・と思いながら手紙をしまうシャティ。

侍女たちからは期待のこもった視線がむけられています。

 

殿下は一体どのようなことを?とばあやが聞いてきました。

なんてことなかったわよ、避暑に向かう予定が決まったと書かれてたと伝えるシャティ。

 

先に行くのは公女なのですか?というエスターに、直接手紙まで届くんだから、それは公女でしょうというエディス。

 

さらっと、アイリーンと先にいってくるってと伝えるシャティに驚く侍女たち。

それなら一体なんで手紙・・・?というばあや。

 

確かになぜわざわざ説明を・・・全く理解できない、一体何を考えているのか・・・と考えるシャティ。

 

ふと今日は気持ちの良い天気だとの文面を思いだし、テラスにでたシャティは散歩をすることにしました。

探り合いのティータイム

散歩にいいですね!とエディスから声がかかり、会話しながら穏やかな雰囲気で庭園を歩くシャティ。

 

すると外でティータイムをしているアイリーンを見かけます。

お散歩ですか?とアイリーンから声がかけられました。

 

殿下から今日は天気がよいと教えていただいてと返すシャティ。

わたしもそれで外でお茶をしていたのです、ご一緒しませんか?というアイリーン。

 

ふとアイリーンが先に避暑へ行くことを思い出すシャティ。

わたしに恥をかかせたいのねとアイリーンの思惑に気づき、誘いをうけいれます。

 

紅茶を飲みながら、優雅に来週にはエストゥスだなんて・・・もうすぐ水晶宮へ行けると思うと楽しみと不安な気持ちがありますと語るアイリーン。

 

先に避暑に行くことと水晶宮へ行けるということを同時に主張したのねとアイリーンの思惑を読むシャティ。

 

ステナ伯爵家には夏用の別荘がなかったですものねと笑顔でさらりと流しました。

アイリーン側に不穏な空気が流れます。

 

いい度胸してるわ、ケンカをふっかけてくるなんて・・・後悔するといいわ!と真っ向から受けて立つ気満々のシャティでした。

悪女の定義 33話の感想&次回34話の考察予想

ばあや強い!かっこいい!と思うとともにセシリアは少しかわいそうだなあとも思いました。

派閥やら家紋やら、いろいろとあってコンプレックスを感じる気持ちはわかりますが、相手が悪いというか筋違いです。

悪い子ではなさそうだし、早く気づいてほしいと思います。

 

皇太子から手紙が届いたのには驚きました。

一応気遣ってくれているのでしょうか・・・多分、事業が無事に進んでいることをシャティに伝えたかったのだとは思います。

 

深い意味があるのでしょうか・・・良い意味での深い意味があってほしいなと思ました。

 

そして!なんといっても、今回の一番の見どころは天気とは正反対で雷でも落ちてきそうな雰囲気のバチバチのティータイムですよね。

まだ始まったばかりですし次回に続きます。

 

どんな言葉と言葉の戦いが繰り広げられるのか・・・見ものです。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』33話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」34話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら