怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女は原作Minjakk先生、Liaran先生、漫画ROK MEDIA先生の作品です。

今回は「怪物公爵と契約公女」74話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

デビエンは言葉巧みにシェリスを使ってレスリーを神殿の外に連れ出します。

薬草摘みに駆り出されたレスリーは、始めは不安もありましたが、久しぶりの開放感に浸っていました。

ところが、シェリスとレスリーの立っている地面が揺れ!?

≫≫前話「怪物公爵と契約公女」73話はこちら

怪物公爵と契約公女74話の見どころ・考察予想

川に流されたレスリーは、闇の力を使ってシェリスを抱えて岸へと上がりました。

するとそこへ狼の群れがやってきます。

 

あわや!というとき、レスリーは無意識に闇の力を使ってしまいました。

狼たちを切り刻む闇の力…。

 

初めての殺生に、レスリーは呆然とします。

 

そんなレスリーの前にデビエンが現れ、言葉巧みにレスリーの心を揺さぶりにかかりました。

 

デビエンの目的は?

レスリーはどうするのでしょうか!?

怪物公爵と契約公女74話のネタバレ込みあらすじ

レスリーとシェリスは立っていた地面が突然崩れ、川に落ちてしまいました。

 

川下まで流されたレスリーは、闇の力を使ってシェリルを抱え河原へと這い上がります。

何が起こったのか困惑するレスリー。

 

もしベスランに泳ぎを習ってなかったら、もしルーエンティと闇の魔法を使う練習をしていなかったら…もし闇の力がなかったら、と思うと恐怖に震えます。

 

我に返ってシェリスをゆすりますが、シェリスの意識はありません。

誰かに助けを呼ばないと、と思った時、獣の気配が!

レスリーの闇の力が!

レスリーたちの前に巨大な狼の群れが現れます。

石を投げて追い払おうとしますが、一向に怯む気配を見せません。

 

一頭がシェリスの腕に牙を立てました。

すると他の狼がレスリーに向かって襲いかかり…!

 

次の瞬間、闇の力が狼を切り刻みました。

 

辺りに血が飛び散ります。

闇の力は次々と狼を倒していきます。

 

私がやったの…?

呆然とするレスリー。

 

レスリーは返り血で汚れた手を洗おうと川に入っていきました。

血は水で洗えば落ちるのに、どうして消えてくれないのかと、漂う闇の力に恨み言を漏らすレスリー。

 

どうして私ばかりにこんなことが起きるの?

自分ではどうにもできない顛末に、涙が溢れてきます。

 

すると、レスリーの前にデビエンが現れました。

意識のないシェリスに近づこうとするので、近づかないでとレスリーが言うと、治療をするだけだと言います。

 

レスリーの闇の力がデビエンの首元まで伸びますが、デビエンはまだ人は殺せないようですね?と平然とした顔を向けました。

 

そして、そんなことは経験しないほうがいい、気分の良いものではないから、と淡々と語りかけます。

デビエンはシェリスに治療を施しました。

デビエンの巧みな言葉にレスリーは!?

デビエンは、忠告だと言ってサルバトール公爵をあまり信じないほうがいいと口にします。

大義のためなら人の死すら厭わない人間で、帝国のためならレスリーの命さえ厭わないと…。

 

お母様はそんな人じゃないとレスリーは怒鳴り、裁判の証拠をでっち上げるあなたとは違うと反論しました。

デビエンは相変わらず顔色一つ変えず、レスリーのためを思って言っているとしらじらしいことを言います。

 

実際、なぜアラベーラにならなければならないのか、その先にどんな恐ろしいことが待っているのか知らないだろうと揺さぶりをかけるデビエン。

 

アシュラから何も聞いていないことを強調し、スペラードから逃れて行き着いた先が自分を利用しようとする怪物の巣窟だったなんてと同情の目を向けます。

 

デビエンは自分の揺さぶりは効果があったと思いました。

アシュラに対して不信感を与えることが目的だったのです。

 

ところが、レスリーはあなたの言うことなんて信じないと言い放ちました。

 

過去、信じるべき人を信じられず周りの人を傷付けてしまった。

そのときにサルバトール家の人を疑わないと心に誓ったときっぱり伝えるレスリー。

 

デビエンはひとまず諦めますが、さっきの忠告は本心だと言いました。

 

侯爵の手先なんて信じないとレスリーが言うと、デビエンは呆れたようにそこまで言ういならそうしろと返します。

あなたの最期が鮮明になったと背を向けました。

 

去り際、公爵の隠している手紙を読んでみなさいと往生際悪く言い捨てます。

そして、侯爵の下についた覚えはないと強調しました。

 

一方、レスリーたちを捜索していたコンラッドとレンティウスは、狼が大量に倒されている現場に辿り着き息を呑んでいます。

 

これだけの狼を相手にするには騎士4~5人は必要だと言うレンティウス。

コンラッドは現場に落ちていた衣服の切れ端を見つけ、レンティウスに神殿に戻って人を読んできてほしいと頼みました。

 

そして、このことは誰にも口外しないでくれと…。

怪物公爵と契約公女74話の感想&次回75話の考察予想

デビエンの言葉は本当に巧みで、弱っているレスリーはアシュラに対してちょっとした疑問くらい持ってしまうんじゃないかと心配でした。

 

でも、信じることを誓ったレスリーの意志は固く、そんな誘導尋問みたいな言葉には心を動かされません。

立派!

 

でも、アシュラがレスリーに隠し事をしているのは本当です。

デビエンが言う『手紙』とは、マディアが送った手紙のことだと思います。

 

そこに、アラベーラになったレスリーには死が待っているとはっきり書かれていますから、それを知った上でここに送り出したとわかったら、レスリーはどう思うでしょうか。

 

それでも、サルバトール家の人たちのことを信じ切ることができる?

はらはらの展開になってきました!

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』74話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「怪物公爵と契約公女」75話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら