悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ

漫画悪女は砂時計をひっくり返すは原作SANSOBE先生、漫画Antstudio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」47話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アリアはボブーン男爵の主催する新興勢力の集会に誘われました。

するとそこにアースもやってきてピノヌア令息だと紹介されます。

 

アースもアリアを見て驚きました。

早速アースが事業計画を話し始めますが、それは学校設立でした。

≫≫前話「悪女は砂時計をひっくり返す」46話はこちら

悪女は砂時計をひっくり返す47話の見どころ・考察予想

アースの提案する学校設立は、平民が学ぶ場で優秀な人材育成を目的としています。

人に投資しようと持ちかけたわけです。

 

アースのプレゼン能力はなかなかのもので、参加者の心を動かします。

アリアはアースの言動が気になってあまり会議に集中できませんでした。

 

解散後、アースは話をしようとアリアを誘います。

ようやく皇太子だと身分を明かすのですが、他にも意外なことがわかります。

それは…。

悪女は砂時計をひっくり返す47話のネタバレ込みあらすじ

アリアは、事前に読んでいたピノヌアの計画書と内容が違うことにも驚きます。

まして、アースの言う学校とは貴族が通うアカデミーではなく、平民が学ぶ場だと言うのでした。

アースのプレゼン

事業として成り立つのかという意見が出ますが、事業家たちが投資してくれるだろうと答えるアース。

建設予定地は首都で、平民対象に必要な知識を与えることを目的だと説明しました。

 

事業体からの投資によって優秀な人材を育成するということです。

 

それ自体はいいことだとアリアも思いますが、投資者が見つかると思うかと質問しました。

平民たちは学費を払えないから、そんなあやふやな事業に投資する人はいないと思うと意見を述べます。

 

アースは、勤労就学生として通ってもらうから学費の心配はいらないと答えました。

さらに、必要な投資金は準備できていると言うので、アリアはそれなのに新たな事業を始めようと思っているのかと質問を続けます。

 

事業というより、平民のために動いているようにしか見えないと言いました。

アースは一瞬答えに窮します。

 

このときアリアは、もしかして自分のことを思ってこの計画を立てたのかと期待しました。

平民出身の自分が成長した姿を見て可能性を感じたとか?と思っていたのですが…。

 

アースは、優秀な人材を必要とする場が多いからだと答えました。

 

この場所で優秀な人材を育て上げましょう!と参加者を鼓舞させるアース。

期待した自分が恥ずかしくなるアリア…。

 

投資家Aに支払う手数料はかなりの金額だから大丈夫かと参加者が訊ねました。

 

それは心配いらない、今日の参加者の若さと情熱に感銘を受け、損害はないと断言するとアースは言って、協力者には優秀な人材を紹介すると自信に満ちた表情を見せます。

 

アースは参加者の心を見事に動かしました。

いきなり首都の隣に!?困惑するアリア

会議が終わり解散になりますが、アリアはちっとも集中できませんでした。

 

帰ろうとしたとき、アースが声をかけてきて少しだけ時間をくれないかと誘います。

聞きたいことはアリアにもあるので、承諾しました。

 

静かな場所に行こうと外に出た2人。

いつかは話そうと思っていたけれど、今日会うとは思っていなかったとアースが言います。

アリアもこんな形で正体を知ることになるとは思っていなかったと言うと、僕はピノヌアではないと言いました。

 

訝しむアリア。

もしかして皇室の隠し子?などと考えていると、アースが着きましたと声をかけました。

 

見覚えのない景色が広がっています。

ここはどこかと訊ねると首都の隣の森だと言われ、こんな短時間で来れるはずがないとアリアが声を荒げました。

 

いい加減何者なのか教えてほしいとアリアが言います。

どう接すればいいのかわからないと困惑した顔を見せました。

僕の名はアーステロペ・プランツ

森の中に建つ小さな屋敷に案内されたアリア。

向かい合ってお茶を飲みながら、アースが話を切り出します。

 

まずこの場所に短時間で到着できたのは家門の力が関係していると言いました。

アースはアリアがこの話を納得してくれるが疑心暗鬼ではありますが…。

 

この力は家門ごとに異なって、うちの場合は高速移動が仕えると説明するアース。

なるべく驚かせないようにと言葉を慎重に選びます。

 

でも、アリアは砂時計を使って時間を巻き戻しているので、同じようなものだろうとすぐに納得しました。

アリアは、家門の力なんて初めて聞きますが、まさか実父と同じ家門?と考えます。

 

その力はピノヌア子爵家から伝わるのかと訊ねました。

すると、アースはピノヌアは借りた名で、僕を助けてくれた家門だと答えます。

 

ここまで、アリアが同様せずに話を聞いていることに、アースは感心していました。

そして、アリアが「助けてもらった」ということは、やっぱり皇室の…と口にします。

 

アースはにっこり笑って僕の名はアーステロペ・プランツ、皇太子だと名乗りました。

 

アリアはぽかーんとします。

そこでやっと回帰前の記憶で皇太子の名前を思い出しました。

 

今までの数々の無礼な行いが思い起こされるアリア。

立ち上がって深々と謝罪の言葉を口にするのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す47話の感想&次回48話の考察予想

ようやく身分を明かしましたね。

 

アリアもそうじゃないかと疑っている時は会ったと思うのですが、本人から聞かされて呆然とします。

ついさっきまで、子爵家の令息だと思ってしまっていたから?

 

それにしても、気になることがまた増えました。

アースが高速移動ができるというのもそうだし、アリアの実父の力って?

 

家門とアリアが言っているということは、誰なのかもわかっているし、その家にも力があるってこと?アリアが砂時計を仕えるのもそのおかげなのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『悪女は砂時計をひっくり返す』47話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は砂時計をひっくり返す」48話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら