異世界剣王生存記ネタバレ11話/ピッコマ|異端審問官!?異世界人を狩る闇の組織!

漫画「異世界剣王生存記」は原作SOON-G先生、漫画YKB先生の作品です。

 

ゴジさん
前回のあらすじは♪

操られてしまったラウルを救出(?)し、ダンジョンを終了させた三輝。

すると町にいたハンターが消えてしまう・・なんと、ダンジョンが無くなったのは異世界人の仕業だと。

怪しいハンターを根こそぎ殺している異端審問官が出没していたからだった・・!!!

異端審問官は異世界人を駆除する役目をもっている・・三輝は処分されてしまうの?!

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「異世界剣王生存記」の11話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

異世界剣王生存記【11話】の考察予想

ゴジさん
異世界剣王生存記【11話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

異端審問官に問い詰められる三輝。証拠もないのでアーティファクトさえ見つからなければ逃げ出せそうではあるけど・・。

にしても瞬間移動できちゃうし、こんな強そうなのがたくさんいるって事?!

いくら三輝であっても厳しそう・・。

モンスターなんかよりも本当の敵はこっちなんだろうか。

三輝はなんだかんだまだ生き残るとは思いますが、バークマンたちが心配ですね・・・。

異世界剣王生存記【11話】ネタバレあらすじ

ーー手に入れたモンスター素材を販売しに来た三輝。

 

そこには、闇の教団が・・・!!

 

異端審問官の男がいました・・・。

おびえる店の当主・・・。

 

レベルを把握しようもガイドラインには判定不能の文字が・・・。

 

一瞬で三輝の様子を察し、目の前に詰め寄っています。

三輝の強さを察したのか異端審問官相手に引かない三輝を異世界人だと疑っています。

質問攻めにして、情報を引き出そうとします。

 

三輝は村はずれの施設育ちだといい、ごまかします。

 

ダンジョンが閉まった今、こんなところをウロウロしているなんておかしいだろうと三輝に詰め寄ります。

ハンターになって間もない?強そうな三輝に異端審問員は引き下がりません・・・!

 

嘘を暴いてやる!とレベル測定器を三輝の腕に押し付けます。

そこにはやはりレベル5の文字が・・・。(笑)

 

三輝は、異端審問員をスルーしこれで用事は済みましたよね?と家主に素材販売を続けます。

買い取り手もいないと家主は買い取りを渋ります・・。

 

すると、その目にはアーティファクトが・・・・。

家主はこれも売るつもりか?と、三輝の前に出しました。

 

そんなものレベル5が持っているわけありません。

しまった!と家主の手から隠そうとする三輝。

 

アーティファクトは運悪く、異端審問官の足元に転がりました。

 

これはどう説明する?と異端審問員はさらに。三輝への疑いを強めます。

うまくごまかせたと思った三輝でしたが、異端審問官に見つかってしまいました。

 

戦いが始まる・・!と逃げる家主。

それでもレベル5がダンジョンにいけるはずもない、と異端審問官は三輝にアーティファクトを返します。

そしてハンター初心者の三輝にある話をするのです・・・。

 

 

ーー15年前、ある村に住んでいた家族のお話・・・。

夫はベテランハンターでした。

周りから信頼のあるハンターでした。ハンターはある日、普段通りダンジョンに向かいます。

ハンターは、普段と変わらぬモンスターにおびえだしたのです・・。

 

仲間がモンスターを倒そうとしたとき、モンスターのレベルが見えていることをカミングアウトしてしまいます。

彼は異世界人でした。

ガイドラインには相手のレベルが表示されています。

 

モンスターに気づかれた彼らは、ハンターを残し逃げます。

さて、この話。誰が死んだと思うか?と言う異端審問官。

 

異世界人が死んだと答える三輝に異端審問官は答えます。

彼じゃない、彼以外の仲間が死んでいました。

死んだ理由は異世界人をかばった罪。

 

異世界人は、モンスターを倒すことができたが彼の家族は町の人々により惨殺されていた・・・。

異世界人にかかわると、こうなるぞ。と異端審問官脅していたのです。

 

異端審問官は、三輝と言う無知な初心者ハンターを利用し、異世界人がアーティファクトを処分しようとしている。そう考えているようでした。

助けてやるから吐け。とそう聞こえます。

君はどこのパーティだ?と言う異端審問官に、

もうだめた。と思った瞬間・・。

 

三輝は拳を振り上げます・・・。

その瞬間二人の間に、アーティスが割り込みます。

 

アーティスは三輝を怒鳴りつけます。

アーティスはドラゴンハンターの家系の紋章を異端審問官に見せます。

 

うちの小間使いが粗相してすいませんと、アーティスは三輝を怒鳴りつけます。

何も聞かずに三輝を助けてくれたアーティス。

アーティスは森での借りを返してくれたようです。

 

 

2人が去っていく背中を異端審問官は見ています。

そして、問います。

 

そのアーティファクトの能力は?と・・・・。

アーティスと三輝、ともに別の効力を伝えてしまうのでした・・。

異世界剣王生存記11話の感想&次回12話の考察予想

異端審問官に嘘だとバレてしまいましたー!!

どうするのー!!もう嘘は通用しないよ!!

殺されちゃうのかな・・あとは頼れるのはアーティスのみ・・。

アーティスのドラゴンハンターの権力ってどんなもんよ・・。

うまく牛耳ってくれるといいんだけど・・。

今回もハラハラさせてくれますね!三輝はうまく逃げ切れるのでしょうか!

まとめ

今回は漫画『異世界剣王生存記』11話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『異世界剣王生存記』の12話のネタバレはこちら