できるメイド様ネタバレ&感想

漫画できるメイド様は原作sanho先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「できるメイド様」46話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

教国の使節団から食糧支援を要請された皇太子。

敵国である教国に二つ返事で答えるわけにはいきません。

マリは予知夢を見て解決策を思いつきますが、レイチェルに自分から話すと言われてしまいます。

≫≫前話「できるメイド様」45話はこちら

できるメイド様46話の見どころ・考察予想

マリは皇太子の力になりたいと思うようになります。

そんな時、夢をみたマリは教国からの食糧支援の問題点の解決策を思いつきました。

 

でも、マリをとことん利用しようと思っているレイチェルは、今回も自分の手柄にしようとします。

 

マリのアイデアを嬉々として皇太子に述べるレイチェルですが、皇太子は前から彼女の言うことはマリのアイデアだと気づいているから…。

 

今回ついに皇太子はレイチェルを糾弾します。

 

そして、マリを呼び出し改めてこの問題の解決策を問いていきますが、その問答は見ものです。

さすがマリ!という感じですよ♪

できるメイド様46話のネタバレ込みあらすじ

マリからアイデアを聞いたレイチェルは、晩餐の席で皇太子に話があると伝えていました。

レイチェルの企みは失敗に…

レイチェルはマリから教国との問題の解決策を教えてもらっていました。

 

レイチェルはマリの能力を知り、皇太子が可愛がるのも納得します。

自分が皇太子妃になってからも、マリを側に置いておこうかとも考えますが、それは得策ではないと思いました。

 

もし真実がバレてしまったら…。

そう考えると、マリは帝国から追い出すほうが良いと思うのでした。

 

遅れてやってきた皇太子は、席につくなりレイチェルに話は何かと訊いてきます。

レイチェルはマリから聞いた通りのことを伝えました。

 

砂糖の取引は禁止されているけれど、その種子を輸入すれば問題はないと。

皇太子はいい考えだと感想を言いました。

 

レイチェルはアリエルに勝ったと確信します。

 

ところが、皇太子はレイチェルにその話は誰に聞いたのかと訊ねてきました。

私が…とレイチェルが口にすると、本当かと厳しい声で念を押す皇太子…。

 

レイチェルは冷や汗が出てきますが、皇太子がマリの考えだと知るわけがないと高をくくって、自分の意見だと押し通します。

 

すると皇太子は食糧支援に対する他国からの非難はどうすると質問してきました。

種子は取引禁止項目ではないとしどろもどろで答えるレイチェルに、種子について訊いているのではない、教国に大量の食料を送ることに対してだと言います。

 

レイチェルは青くなって言葉に詰まりました。

後ろで控えていたマリは、教国との交易原理さえ知っていれば答えは簡単だと思いますが、今ここで教えるすべはありません。

 

チラリと皇太子を見ると、皇太子もマリをじっと見ていました。

 

レイチェルは帝国は勢力があるから無視すればいいと弱々しく答えます。

その答えに皇太子は呆れ、どうやって交易品について思いついたのか理解できない、夢のお告げでもあったのかと言いました。

 

レイチェルに、俺は欺かれるのは大嫌いだと言い放つ皇太子。

レイチェルの弁解も聞かず席を立ってしまいます。

 

そして、マリについてくるよう命じました。

マリは優秀な軍師?

マリを連れ出した皇太子はバルコニーに向かいました。

 

テーブルについた皇太子は、マリを席に座らせレイチェルに頼まれたのかと訊ねます。

マリは皇太子を欺いたことを謝罪しました。

 

マリのことは責めるつもりはないと言う皇太子は、レイチェルの味方をしていることを不思議に思い、困った事情があるなら力になると言葉をかけますが、マリは謝るしかできません。

 

話は教国への食糧支援の件になり、皇太子は他にも問題が山積みなのは知っているだろうと問いました。

そこで、他国からの非難には仲介取引で解決できるとマリは答えます。

 

次に、教国がサトウキビの種子が出回るのを拒否してきたらどうすると訊いてきました。

その場合は強く出ても問題はないと答えるマリ。

 

皇太子はマリとの会話を楽しいと感じます。

そこらのバカな大臣よりよっぽどマシだと思うのでした。

 

皇太子が、強弁に出た場合教国が戦争をふっかけてきたらどうするかと問うと、マリは戦争をすればいいと強い意志を持った目で答えます。

 

さらに、戦争中に敵国の西帝国が責めてくる可能性を示唆すると、十字軍に支援の書信を送ることで解決できるとマリは答えました。

 

その瞬間、国家間の戦争ではなく宗教間の戦争になるから、いくら敵国でも宗教同士の戦争中に割り込むことは許されない、と…。

 

皇太子は心底マリに感心します。

自分より秀でているのではないかと思うくらいでした。

できるメイド様46話の感想&次回47話の考察予想

胸がすっとする回でした。

レイチェルは人当たりよく見せて腹黒だからザマアミロという感じです。

 

皇太子もいい加減付き合っているのが嫌になったのでしょう。

でも、どちらかを皇太子妃にしないといけないのは変わらないのですけど。

 

マリが正体を明かせば全部解決できるのに!ともどかしいです。

でも、マリはモリナなどバレたら殺されると思っているから、必ずしもそうではないとわからない限り、自分から言うことはないでしょう。

 

そして、皇太子のマリに対する気持ちがもう少し盛り上がらなかかな、と期待もしています。

まとめ

今回は漫画『できるメイド様』46話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「できるメイド様」47話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら