悪女の定義ネタバレ&感想

漫画「悪女の定義」は原作Sola先生、脚色Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」35話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アイリーンを圧倒したシャティ。

 

次の作戦を実行するべくばあやとエディスの協力を得ます。

そして時機をみて皇太子に実家に帰ると伝えるためにエスターを向かわせたのですが、なかなか戻ってきません。

≫≫前話「悪女の定義」34話はこちら

悪女の定義 35話の見どころ・考察予想

エスターがなかなか戻らず、仮病の作戦が失敗したのでは?と不安な気持ちで待つシャティでしたが、そんな不安は必要なかったようです。

皇太子からの返事とは・・・!?

 

そして無事に帰省するシャティ。

実家でパパとママと癒やしの時間を過ごすのですが、ママからは意外な話が飛び出してくるのでした。

悪女の定義 35話のネタバレ込みあらすじ

アイリーンとシャティの壮絶な心理戦はシャティの勝利で終わりました。

しかしシャティはアイリーンが避暑で宮から離れている日々も無駄に過ごすつもりはありませんでした。

 

二日以上、仮病で休み体調不良をよおそおって静養のために実家に戻るという言伝をエスターに頼みます。

しかし、エスターはなかなか戻ってはこないのでした。

皇太子からのキモチ

エスターが戻ってこないことを気にするシャティ。

・・・勘づかれたかしらとシャティに焦りと不安でいっぱいにます。

 

帰らせてもらえなかったらいやだわ!と考えていると扉がノックされました。

エスターが無事に帰ってきたのですが、そのうしろには皇太子の使いのものたちがいます。

 

まさか病気が本当なのか偵察するためによこした?と不安になるシャティ。

 

そんな不安をよそに殿下からのお見舞いですと大きな花束がエスターから渡されました。

それはとても珍しく貴重なバラで、茎が折れても百日間もみずみずしく咲くという簡単に手に入はいらないものです。

 

そのバラを見て、一分一秒も早く元気を取り戻すようにと皇太子殿下は思っているんだわ!と興奮ぎみなばあやでした。

シャティ、念願の帰省

シャティが帰省することになったので、侍女たちも休暇にはいります。

侍女たちに休暇前の挨拶を伝え、エスターからは体調を気遣う言葉がかけられました。

 

そしてシャティは一つずつ持っていってと美しい花のコサージュ渡します。

コサージュはそれぞれの侍女の髪の色と同じでマイロット男爵にオーダーして作ってもらったものです。

 

普段わたしによくして働いてくれているから、これくらいはしないとと伝えるシャティに三人は喜んでいました。

 

帰省の馬車の中で、スパイはもいないはずだし、これからはみんなと良好な関係を築くようにしていきたいわ・・・贈り物も少しはいいかしら?と考えているシャティでした。

実家最高!

久々にカイロン公爵邸宅に戻ったシャティは小走りで家の中へと向かいます。

 

そして出迎えてくれたパパに思わず抱きつきました。

 

次はママに抱きつき、こんなに痩せてしまってどこか悪い?と逆に心配するシャティに、シャティが心配なだけよと言うママ。

 

でも元気に過ごしてると聞いて安心したわ、とママはばあやを見ました。

ばあやはもちろんです!もう心配は不要です!と皇太子から贈られたとても貴重なバラをさしだします。

 

花瓶も渡来した貴重なものだったようでパパとママは真剣な顔をして話をしていました。

 

シャティがどんな人柄か知れば好きになるわ、でももしシャティの良さに気づかないようであれば・・・アソコを思いっきり蹴りあげなさい!というママ。

 

それにドン引きのシャティでした。

実家でゆったりティータイム

幼いころ、変わった性格の持ち主だったらしいママ。

 

とても美しい容姿から数えきれないほどのアプローチをうけ何度お断りしても言い寄ってくる男性も多く、それを退けるために得たのが急所を思い切り蹴りあげることだったそうです。

 

じゃあ、パパは一体どうやってと聞きました。

 

パパにはしなかったわと言い切ったママに、なんで?とたずねると一言、見目とかえってきます。

驚くシャティでしたが、確かにあのイケメンっぷりなら!とうなずくのでした。

 

そのタイミングでお茶をいただこうかな、とパパがやってきたので驚くシャティ。

どうしたと聞くパパでしたが、そんな話をしていたなんて言えるわけもなく適当に流します。

 

こんなにもリラックスできる時間は久しぶりだわ・・・実家が一番だわ!と心が休まる癒やしの時間をシャティは過ごしているのでした。

悪女の定義 35話の感想&次回36話の考察予想

皇太子!素敵な気遣いができるじゃないですか!バラを贈る、しかも意味もちゃんとありそうだし貴重な品でした。

 

どんな理由があるにせよ、シャティに冷たかったのはなぜだったのでしょうか?

 

その理由はまだ明かされてはないですが、少しずつではありますが冷たさは緩和してきています。

理由があっての冷たさだったのであれば、また元に戻ってしまうかもしれませんが、根は優しい人なのかもしれませんね。

 

帰省する前に侍女たちにもプレゼントを渡すシャティは気の遣える女性だと思いました。

作戦の一部なのかもしれませんが、それでも気をまわせるというのは素敵なことだと思います。

 

そして、久々にパパとママの登場です。

美男美女夫婦ですがママは見た目からは想像できないくらいクセが強かったようで・・・。

でも、転生はしてるもののシャティに気の強さはママからの遺伝もあるのかな?と思いました。

 

なんにせよ久々の実家だしシャティにはゆっくり休んで力を蓄えてもらいたいです♪

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』35話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」36話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら