悪女が恋に落ちた時のネタバレ&感想

漫画「悪女が恋に落ちた時」は原作redgu/HJ先生、漫画DCBO、Seo Gwijo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女が恋に落ちた時」31話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ヘイレスと一緒に行動することになったルペルシャ一行は、ヘイレスのセンスに引きつつもショッピングを楽しみます。

そして街の人だかりの中を必死にかきわけ皇宮での仕事募集の掲示板を見ようとする女性がいるのでした。

≫≫前話「悪女が恋に落ちた時」30話はこちら

悪女が恋に落ちた時31話の見どころ・考察予想

見た目の特徴から、前回の最後に皇宮の仕事募集の掲示板を見に来ていた女性はイビエン令嬢だと思います。

今回はイビエン令嬢のが、物語でどんなキャラクターだったのが語れるところが見どころですね。

 

そしてルペルシャはイビエン令嬢に会うためにどういう作戦を練ったのか。

原作の展開を考えながら行動を決めていくルペルシャに注目です。

悪女が恋に落ちた時31話のネタバレ込みあらすじ

イビエン令嬢の過去

イビエン令嬢は、幼い時から他の令嬢とは少し違っていた

経営の勉強が好きで、後継者の弟が生まれて以降は学ぶことを禁じられることに・・・

 

しかし、イビエンは弟に勉強を教えるフリをしながら自身も勉強をしていくことで学んでいきます。

だが、両親にはその事がばれており、無理やりイビエンを結婚させようとするのでした。

 

そして彼女は逃げるように家を出ることに・・・

 

そうして知人たちの家を転々とすることになったイビエンは皇宮のメイドとして働くことになるのでした。

皇宮のしごと中に他のメイド達が帳簿の金額が合わないと話しているのを知り、お手伝いをかってでます。

 

メイドたちの会計業務を手伝っていたイビエンは偶然皇太子の目に止まり、彼の個人秘書になることに。

そうして彼女は自分の才能を認めてくれた皇太子に恋をするのでした。

 

イビエン令嬢の生い立ちを振り返るルペルシャは、イビエンがその後の恋が実らなかったことを考えため息をつきます。

原作では皇太子とアリエルが結婚した後のイビエンは、全てを捨てて田舎に姿をくらますストーリー。

 

彼女の事を失うのはもったいないと思います。

原作が始まった時に皇太子の秘書になりたてだったから、今は友達の家を転々としている頃だと予測しました。

ルペルシャはイビエンのために動くと決意します。

イビエンを雇うためにしたこととは・・・

実は数日前にエマに、頼み事をしていた彼女。

個人商団の経営者を募集する広告をだすようにお願いしました。

 

募集主は皇女で、商団が潰れかけていることを明記することと、給料も薄給にするように頼みます。

応募者が殺到しないように悪条件の商団を選び薄給にし、この条件なら切羽詰まってる人しかこないと予想しました。

 

なので、令嬢くらい切羽詰まってないとこないはずだと。

採用後にはやりたい仕事を思いっきりさせる予定です。

 

そして、よく尽くしてくれるエマには、老後は私が面倒見ると少し調子にのってしまうルペルシャなのでした。

 

令嬢は原作では主席秘書になるほどの人物なので、商団の経営を任せても安心できます。

うまくいけば使用人たちの老後の資金確保もできそうと考えます。

 

未来を想像するだけで、嬉しくなるルペルシャ。

最近は全て順調で、13歳までのお姉さまの記憶も平和なものでした。

 

でも原作再会まで残り2ヶ月をきっている状態。

今の所サブキャラともうまくいってるので、残りはヘイレスを手懐ければなんとかなると思う彼女。

 

泣き顔好きな変わった趣味をもつヘイレスを救うために、アリエルの涙に翻弄されないようにしないとと考えます。

ヘイレスの事を考えると、変わってるが魅力的に見えてしまいます。

 

ヘイレスは彼女にとって弟みたいだから、なるべく助けてあげたいと願う彼女。

意地悪だと思ってたヘイレスに可愛い一面もあるので、友達のダニエルも本当はいい人なのかと思います。

再びやってきたヘイレス

そこへやってきたのはヘイレス。

天使さんと彼女は声をかけます。

 

にっこり笑って出迎える彼女に、ヘイレスは少し面白くなさそうです。

なんでいつも俺を見たら笑うのかと不機嫌になるヘイレス。

 

彼女は戸惑いつつも、心の中ではイケメンだから笑顔になってしまうと思います。

とりあえず、天使さんが不思議だと言ってごまかす彼女。

 

理由をきくヘイレスに、訳を話そうとすると「皇女様」との声が。

入ってきたのはカインでした。

 

カインはヘイレスを見るなり威圧します。

ルペルシャはカインに挨拶し、ちょうど天使さんと話してたと嬉しそうに伝えます。

 

彼女の嬉しさの反面、カインとヘイレスは火花を散らすような状態に・・・

ヘイレスは少しつまらなそうに、ずいぶん楽しそうだと語りました。

 

カインはすぐに、皇女様にタメ口を使うことを注意しますが、お前には関係ないと反論するヘイレス。

そして、また喧嘩状態になってしまう2人は、お互い罵り合います。

 

それをみて思わず吹き出す彼女は、くだらないことで喧嘩してと心の中でつぶやきます。

泣いてるのか?とヘイレスはルペルシャを見ますが、彼女は否定しました。

 

驚かせても泣かないし、殺す訳ににもいかないと悩むヘイレス。

考えながらふさぎ込んでしまうヘイレスをみて、カインはやはりこいつは危険だと感じるのでした。

 

しかし、ルペルシャはヘイレスを気に入ってる事を気にするカインは、今は追い出すのが最善だとため息をつきます。

手に剣を具現化させ、ヘイレスに攻撃をしました。

 

軽く避けたヘイレスは、ベランダに飛び、邪魔がいない時にまた来ると去っていきました。

 

不思議な人だと感想を述べる彼女に対し、あの者は危険だと忠告するカイン。

彼女はカインに気を使わせてしまったと謝罪します。

 

しかし、カインは頬を赤らめて嬉しいと感想を述べます。

おかげで皇女様と過ごす時間が増えたのだと・・・

悪女が恋に落ちた時31話の感想&次回32話の考察予想

イビエン令嬢の過去が語られましたね。

幼いころから経営学を勉強するのが好きだったとは、確かに商団を任せても彼女ならかなりの力を発揮できそうな気がします。

 

そして、昔の時代にありがちな風習というか、両親の真相はわからないですが、跡取りを弟にと思う気持ちから勉強させないようにされた感じですね。

ルペルシャがイビエンを救いたいと強く思う気持ちがわかります。

 

掲示板は確実に見たと思うので、面接に来ることを願います。

 

エマに感謝する気持ちもかなり伝わって、ほんと気配りが凄いですね。

 

そして、ヘイレスに関しては先に色々障害があるように感じます。

ルペルシャはヘイレスも救いたいと思ってるようですが、なかなか難航しそうな気がします。

 

カインやユジンも警戒していく中、どうやってヘイレスと今後接触していくのか期待ですね。

まとめ

今回は漫画『悪女が恋に落ちた時』31話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女が恋に落ちた時」32話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら