旦那が美貌を隠す訳 ネタバレ&感想

漫画旦那が美貌を隠す訳は原作Jungyeon先生、漫画Harara先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「旦那が美貌を隠す訳」20話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

エルデンの帰還を喜ぶのもつかの間、クラクスはターゲットをエルデンに変え攻撃!

しかし、エルデンの部下は圧倒的な力でクラクスたちを抑えていきます!

 

クラクスと正面戦闘となってもエルデンは勝利!

しかし、勝利を確信したその時?!

 

倒したはずのクラクスに追い詰められて、一転ピンチになってしまいます!

そして、その彼のピンチにやってきたヒーロー、それがレティーシャだったのです!

 

そんなわけで、クラクス戦終了でほのぼのルート突入な「旦那が美貌を隠す訳」第20話スタートです。

≫≫前話「旦那が美貌を隠す訳」19話はこちら

旦那が美貌を隠す訳20話の見どころ・考察予想

戦闘シーンがやっと終わって日常シーンに突入な「旦那が美貌を隠す訳」第20話。

それでは早速、見どころを見ていきましょう♪

7年ぶりの再会!

7年の月日を経て、とうとう再会したレティーシャとエルデン。

レティーシャは、戦いに勝った雰囲気も相まって、思わずエルデンに抱擁!

 

エルデンの帰還を喜ぶのでした!

7年もの長い間、ハルステッドの城にいなかった主。

 

領主の不在は、北の大地にたたずむハルステッドの城からすればまるで常冬の時代。

彼の帰還が、その寒く厳しい冬の終わりを告げたようにレティーシャは、感じるのでした。

成長したふたり

戦いの翌日、レティーシャは、彼女自身の部屋で目覚めます。

けれど、彼女に部屋に戻った記憶はありません。

 

ついでに、手の手当てもした覚えはないのです。

ですが、レティーシャの指先には包帯がまかれ治療済み。

 

ふと傍らを見ると、エルデンが眠っています。

その姿にほっとしたレティーシャ。

 

止まったままの二人の時間が7年越しに動き出すのでした!

旦那が美貌を隠す訳20話のネタバレ込みあらすじ

エルデンの大剣をふるい、クラクスに一撃を入れるレティーシャ。

最後の一撃が決定打となり、クラクスはとうとう倒れてしまいます!

 

さらに、クラクスの完全敗北の証として生命石が出現!

クラクスの部下は驚きが隠せません!

 

そして、彼らは自分たちの隊長を失ったことを理解します。

理解した彼らは大慌てでハルステッドから逃走!

 

クラクスを直接倒したレティーシャを真の悪魔だと恐れながら、我先にと逃げていくのでした!

一方、満身創痍ながら剣をふるい、最後の一撃をいれたレティーシャ。

 

彼女は、エルデンの剣を取り落とし、彼のもとに走ります!

そして、涙ながらに再会の抱擁を交わすのでした!

 

7年もの間主なき城、ハルステッド。

冬の寒さ厳しいこの北の大地は、領主のいなかった7年間まるで冬のような空虚がありました。

 

まるで時間が動かないような空虚。

それが、エルデンの帰還で埋まり、時間もまた今、再び動き出します!!

 

翌朝、レティーシャが目が覚めると彼女は自身の部屋に眠っていました。

けれど、彼女は自分の足で部屋に戻った覚えはありません。

 

さらに、指先の治療にも覚えはありませんでした!

ですが、ふとレティーシャは、昨日のことをなんとなく思い出します。

 

エルデンに抱きついて、涙したこと。

そして、疲れて寝落ち。

 

これが、レティーシャが部屋に帰った記憶のない原因でした(笑)

レティーシャは、思い出すと顔から火が出そうなほど恥ずかしがります。

 

そして、その時腕を顔に寄せ、指先が手当てされていることを知るのでした♪

覚えのない治療の跡。

 

不思議に思ったレティーシャは、ベットのそばを見ると?

そこにはエルデンの姿が?!

 

どうやら彼が手当てをして、寝落ちしたレティーシャを運んでくれたようです。

スヨスヨ眠るエルデンに彼が帰還したことを実感したレティーシャは、思わず彼に手を伸ばします。

 

けれど、長年の遠征生活の為、エルデンが警戒モードに!

レティーシャは、腕をつかまれ床に押し倒されてしまうのでした!

 

所謂、床ドン状態な二人。

はっきり目が覚めたエルデンはその態勢に大慌てで、プチパニックになりながら謝罪します。

 

こういううぶなところは変わらないエルデン。

けれど、男性に接近される機会がなかったレティーシャもそれは同じこと。

 

心臓がいつもより早鐘を打つのを聞きながら、ふたりともそっぽを向いてしまいます!

それも仕方がないこと。

 

なぜなら、彼らは7年ぶりの再会。

下手をすればエルデンの声すら違うというオチさえありそうなくらいの年月です。

 

背丈も伸び、しなやかな筋肉を手に入れたエルデン。

レティーシャは、しばしその後ろ姿に見ほれます。

 

そして再び非礼を詫びるエルデン。

彼は、レティーシャが待っていてくれないものだとばかり思っていたのでした。

 

世間一般では、婚約初日から7年も仕事に行きっぱなしで連絡一つよこさない婚約者を婚期の差し迫った女が待つ筈がない。

 

多分常識的にそうでしょうね!

実行したのエルデンですが。

 

レティーシャのいない城に帰ることになると思っていたエルデン。

その言葉に、レティーシャはぽかんとします。

 

約束したのに何言ってるのだろうとばかりに。

さらに、エルデンは言葉を続けます。

 

それは昨夜のクラクスとの一戦のことです。

エルデンが背後をとられ、ピンチにやってきたレティーシャ。

 

その姿がカッコいいとエルデンはめちゃくちゃ感動するのです。

その姿には、背格好は成長したのに・・とあきれるレティーシャ。

 

さらに、言葉をつづけエルデンは百人隊にも言及。

彼は感謝を述べます。

 

けれど、それもこれもエルデンが探していた書物シリーズの一つ、ハルステッド家の家宝に書かれていたこと。

 

レティーシャは、エルデンは体格や声など外見的な特徴が変わったと感じつつ、やっぱり中身が変わらないことを痛感するのでした!

 

レティーシャの話を聞いて、エルデンは「偉大なる秘密の書」の存在を思い出します。

旅の目的で見つけてきたのに・・

 

そして、回収してきた「偉大なる秘密の書」をレティーシャに手渡すエルデン。

エルデンはシリーズをコンプリートしたことを告げるのでした!

旦那が美貌を隠す訳20話の感想&次回21話の考察予想

エルデンのなんだかちょっと感動家なところは変わっていなかったですね。

そんなわけで、「旦那が美貌を隠す訳」20話感想&次回展開予想です。

「旦那が美貌を隠す訳」第20話感想

久しぶりの再会に思わず抱擁しちゃって照れるレティーシャとんでもなくかわいい!

今世19歳、日本時代と通算すると38歳くらいなのにハグで照れちゃうなんて初々しい感じがしますよね。

 

また、エルデンの方は「偉大なる秘密の書」をレティーシャが解読したときと同じくらい、馬で駆けてきたレティーシャに感動してました!

 

相変わらず感動家な一面だなと感じますね。

次回予想

7年の冒険の末、ついに「偉大なる秘密の書」全巻をそろえたエルデン。

次回以降は、レティーシャがこの書物を解読&応用していくことが考えられます!

 

また、けがをしたカサロの傷も気になるところ。

次回は婚約7年目、実質出会って7日いかない二人が親密さを高めていく感じになるんじゃないでしょうか?

 

次回も期待大です!

まとめ

今回は漫画『旦那が美貌を隠す訳』20話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「旦那が美貌を隠す訳」21話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪