悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HAEON先生 、脚色Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」61話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

突然やってきた皇太子に何か特別な話があるのではと気を張りるシャティ。

 

皇太子の本心を確認したいシャティは問いました。

そして今度は皇太子がシャティに問います。

 

お互いの答えを聞き二人はある種の誓いを立てました。

 

≫≫前話「悪女の定義」60話はこちら

悪女の定義 61話の見どころ・考察予想

皇帝との謁見の日にシャティに喜ばしい報告が入ってきます。

裏を考えてしまい喜び切れないシャティでしたが、準備が整い深宮へと向かいました。

 

アイリーンが先に皇帝と謁見していて、皇帝の向かう途中で戻ってきたアイリーンと会います。

避暑についての話を振ってくるアイリーンにシャティは・・・!

 

そしてついに皇帝との謁見です。

当たり障りのない挨拶から始まり、皇帝からは社交辞令の発言が・・・そこから雲行きはあやしくなっていきました。

悪女の定義 61話のネタバレ込みあらすじ

ラハディーンの前日です。

シャティのもとに朗報が届きます。

朗報

干ばつ地域の降水量が増えつつあるという報告と、奴隷の取引にかかわった貴族たちは地位など関係なく例外なく処罰をくだされたという報告がきました。

 

皇太子は会議でもシャティの功績について話をしたそうです。

 

皇帝との対面の用意をしっているラブエルから、公女の功績を称えるための準備をするそうですと聞かされるシャティ。

 

何を考えているのか・・・やっぱり皇太子のことがわからないと複雑な心境です。

 

アイリーンを利用して追いつめようとしているかと思えば、わたしが有利なようにしてくれることもある・・・一体どちら側なのと考えているシャティ。

 

考えているうちに準備は整います。

 

お美しく素晴らしい功績までお持ちだなんて、皇帝陛下も公女を気に入ってくれることでしょう・・・緊張せず普段通りで問題はないですわと気遣うラブエルに、返事をし深宮へと向かいました。

深宮へ

ラハディーンの前日は宮廷の心臓部である深宮で皇帝と二人きりで対話することができる貴重な機会です。

 

この機会を最大限に利用して皇帝がどんな考えなのかを理解して、支持をもらわないといけないとシャティは考えています。

 

アイリーンがすでに皇后を味方にしているのでシャティには焦りがありました。

深宮の入り口につくと、先にアイリーンが皇帝に会っていたようで侍女たちが待機しています。

 

プラチェット伯爵夫人と軽く挨拶を交わしてから、一人で深宮への扉をくぐりました。

再会

皇帝のもとへと進むシャティの向かう方からアイリーンが歩いてきます。

お互い当たり障りのない挨拶をかわしました。

 

すると、避暑はいかがでしたか?と話しをふってきます。

 

いい思い出・・・と答えようとしたところで、わたしは有名な水晶宮へと話しを遮りました。

光を受け輝く姿・・・本当に美しかったですと質問をしておきながら人の話は聞かずアイリーンは自慢を続けます。

 

お話は次の機会でよろしいですか?陛下をお待たせしているのでと無視しすれ違うシャティ。

そのシャティに歯を食いしばりアイリーンは怒りの表情を浮かべました。

謁見

ついに皇帝との謁見が始まります。

皇帝はすでに席に着いており、お茶の準備がされていました。

 

挨拶をしたシャティに気品あふれるレディだと席を勧める皇帝。

レオから話は聞いている、素晴らしい功績だと話を始めます。

 

微力ですが国の役に立てたなら光栄ですと答えるシャティに、幼い頃から皇后に相応しいと思っていたんだと返す皇帝。

 

成長した姿を見て間違っていなかったと確信したと皇帝は言います。

それを聞き、年齢や立場を考えたら最もふさわしいのは当然・・・社交辞令ね!と気づくシャティ。

 

至らないわたしにそう思っていただけるなんて・・・と返すシャティに、君が至らないのなら誰に資格があるというのだ?心にない言葉ではなく本気で言っているという皇帝の表情は読めませんでした。

心中

喜びを感じる言葉であるにもかかわらず、今まで傍観しかしていない皇帝の口からでた言葉だったために怒りの感情が浮かぶシャティ

 

皇太子がレジーナのパーティーの時に侮辱した時も咎めることはなかったのです。

陛下がそう考えていらっしゃるとは存じ上げませんでしたとシャティはハッキリ言いました。

 

それに驚きつつ皇帝は、こう言っても今まで行動はしてこなかったから信じられないと怒ることも仕方ないと答えます。

 

鋭い・・・と思うシャティに皇帝は話を続けました。

以前の行動で少し誤解をしていたんだが、今は非の打ちどころがないと言います。

 

それを聞き確かに転生前は悪女だったと思い返しバツの悪いシャティでしたが、ご心配をおかけして・・・と謝罪しました。

 

完璧な人間などおらぬと笑顔で返す皇帝に、シャティは支持者になってもらおうと一歩踏み込みむべくお願いがあるのですが・・・と言葉にします。

 

それを遮り、本当の皇后になるべくこれからも努力を続けてもらいたいと真剣な表情で皇帝は言いました。

父と子

自分で努力しろと・・・相応しいと思ってはいるけど手助けはしない?突き放されたように感じたのはこのせいなのね!とテーブルの下で拳を握るシャティ。

 

全て皇太子に任せることにしているし考えに変わりはないと話す皇帝に、皇太子の選択を勝ち取るための覚悟はできているとシャティは返します。

 

ですが・・・わたしの家族まで脅かされることもあるのではと心配がありますと伝えました。

 

貴族派や新興の勢力に皇后、アイリーンは敵対勢力を集めていて、その後ろには皇太子がいるかもしれないとう状況です。

 

皇太子は確かに敬遠しているが、それは道理に合わないなとアゴに手をやる皇帝。

開国してから国のために尽くしてくれている家門だ・・・しかし・・・と言葉を濁します。

 

わたしのせいで心に深い傷を負った・・・これは親子の問題だから分かってほしいと言いました。

悪女の定義 61話の感想&次回62話の考察予想

まず、そんなの知りませんよ!!と皇帝に返したい気分でいっぱいです(笑)

それこそ親子の問題ならシャティの家を巻き込まないでくださいって思いました。

 

立場上いろいろあるのかもしれないですけど、なんだかハッキリしない人でちょっとガッカリです。

こういう感じの皇帝だと皇后に接触したアイリーンはかなり有利ではないだろうかと思いました。

 

そしてアイリーンは周りに人がいないと仮面が剥がれますね。

一応なんとなく仮面は被っていますが、質問を振っておきながら聞かず自分の話という・・・シャティが一枚上手ではありましたが、なりふり構わない雰囲気もありこわいと感じました。

 

まだ謁見は続きますが、なんとかシャティ有利な展開になってほしいと思います。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』61話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」62話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪