悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」122話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇后と一触即発だったシャティ、カイラードが現れてその場は収まりました。

シャティのことを心配するカイラードは、散歩でもいましょうと誘ってきます。

シャティはカイラードときちんと向き合わないと考え誘いを受けました。

≫≫前話「悪女の定義」121話はこちら

悪女の定義122話の見どころ・考察予想

シャティはカイラードの気持ちをわかっています。

そして彼が本当に自分のことを心配していることも。

 

だからこそきちんと向き合わないといけないと思います。

皇后にならなければ、という気持ちから、今は自分の意志で皇后になりたいときっぱり言います。

 

それはカイラードの気持ちには応えられないという宣言でもあるのでした。

 

そして皇太子はアイリーンが使った映像具を調べ始めます。

魔道具に関して広い知識を持つコーゲンに聞きますが、見たこともないもない物だと言われました。

しかし、そこに居合わせた魔塔のマスター、シェルメロが反応します。

悪女の定義122話のネタバレ込みあらすじ

侍女たちを下がらせ、シャティはカイラードと2人で庭園を歩き始めました。

冬の終わり間近の庭園は、早くも新芽が顔をのぞかせています。

 

カイラードが色々大変なことがあったそうですねと声をかけました。

シャティは短く「ええ」と答えました。

 

シャティは、カイラードがシャティの身に起こった出来事をすべて知っていて、心から心配してくれていることをよくわかっているからです。

私のために皇后になる

シャティに起こった出来事を聞くたびに胸が痛むとカイラードが口を開きました。

そして皇宮の外で暮らしたほうが幸せだったのではと…。

 

一見華やかに見える皇宮は辛い出来事で溢れていると言うカイラード。

カイラードの言うように、アイリーンは追い出せたけれど皇后はそうはいかないのです。

 

シャティは、最初はくじけそうになったけれど、後戻りができないのであれば家族のために皇后になろうと思ったと話し始めました。

 

そして、市井の人たちを助ける機会があってそれにやりがいを感じたし、誰かの力になれることが嬉しかったと言うと、その時から帝国民のためによい皇后になろうと思ったと続けます。

 

考えが以前とは少し変わり、そして今は自分のために皇后になりたいと思っていると伝えるシャティ。

私は欲張りで望むことも多いから、そのために権力が必要なのだときっぱり言いました。

 

それはカイラードの気持ちを拒絶する言葉にほかなりません。

 

シャティはこの宮で暮らすと宣言しました。

カイラードは一瞬傷ついた表情を見せますが、シャティもまた複雑な気持ちです。

 

ただ、カイラードの傷が早く言えることを祈るのでした。

映像具とシェルメロ

その後、シャティは鉄船開発事業に専念することができるように。

その日もシャリアン、コーゲン、シェルメロと会議を終えたところでした。

 

雑談をしていると、シェルメロの様子を少し変です。

そのとき皇太子が会議室に顔を出しました。

 

コーゲンに用事があると言うと、ポケットの中の品のことだったら無駄だと思うとシェルメロが声をかけます。

魔道具だと気付いたシェルメロ。

 

ポケットから映像具を取り出した皇太子はコーゲンに見せますが、こんなものは初めて見ると言いました。

だから言ったでしょうとシェルメロが言うので、皇太子がマスターは知っているようだなと訪ねます。

 

ええ、まあ…と言葉を濁すシェルメロ。

これはどんなものなのか教えろと言う皇太子に、どこで手に入れたか先に教えてくれとシェルメロは返しました。

 

教える必要はないと突っぱねると、その映像具は普通の映像具にない機能がいくつかあるとだけシェルメロが答えます。

どんな機能があるのか全て話せと皇太子が言いますが、言いたくない様子を見せるシェルメロ。

 

皇太子が気色ばって、適当な説明でやり過ごそうとするなとするどい視線を向けます。

私を欺くことはできない、すでに多くのことを知っていると詰め寄りました。

 

シェルメロも、出所を教えてくれれば説明すると引きません。

その場は張り詰めたような緊張感に包まれました。

 

シャティはその映像具はアイリーンが皇太子を脅す時に使ったものだろうと察します。

だから出所を明かせないのは当然なのです。

 

第7皇子暗殺に深く関わっているのだから。

 

ただ、シャティはシェルメロがここまで頑なになる理由は測りかねていました。

ただ、この空気をどうすればいいのか困惑するのでした。

悪女の定義122話の感想&次回123話の考察予想

カイラードはシャティに淡い恋心を抱いているのはずいぶん前から描写されていました。

でも、シャティはそれに応えるわけにはいかないです。

 

あえて自分の意志を伝えることによって、一線を引いたシャティもある意味優しいといえると思いました。

 

さて、アイリーンから取り上げた映像具ですが、非売品なんて言っていますが訳ありですね。

シェルメロはすごく反応していましたけど、もしかして彼が作ったのでは…。

 

いくつかの機能があると言っていますが、何でしょう?

バックアップ機能とか?

 

だとしたら、あの映像は再び見ることができるということです。

そうなると皇后の立場はかなり危ういものに!

じゃあ皇太子は!?

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』122話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」123話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪