悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HAEON先生、脚色Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」68話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

シャティは実家に手紙を書き、兄が帰ったら宮に来るよう伝えてくださいと綴りました。

そして仕事を始めたシャティはとあることに気付きます。

 

一方、カイラードはシャティへの想いに気付き悩んでいました

 

≫≫前話「悪女の定義」67話はこちら

悪女の定義 68話の見どころ・考察予想

裏の動きを調べていたラブエルから報告が入り、案の定皇后が動いていたことを知るシャティ。

それと同時に皇太子が反論したこと、皇后がシャティの側につくことはないということも分かりました。

 

そしてシャティの兄が宮にきます

シャティに小言を続ける兄。

 

そんな兄にしびれを切らしたシャティはなんで嫌っているのかと問いました。

そして本心を知ったシャティは・・・。

悪女の定義 68話のネタバレ込みあらすじ

競合について調べていたラブエルが報告にきます。

裏の動き

穀倉の担当には皇后が絡んでいましたと話すラブエル。

決定前に皇后の寝殿で皇太子が言い争っていたそうです。

 

皇后は避暑中の手柄を疑い、事実だったとしても競合の前に褒めるべきではないと言ったそうですとラブエルは報告しました。

 

わたしの能力について疑問に思われるのは仕方ないけど・・・皇太子が公言していることを疑うだなんてと言うシャティ。

 

公言が問題ではなく事実でもラハディーンの前なのが公平ではないと言ったのです、と話すラブエルに、じゃあ民が苦しんでいるのにそのままにしろと!?とつい怒ってしまいます。

 

そんなシャティにラブエルは皇后の望みは公女が西の穀倉を担当する・・・そのためなら理由はなんでも良かったのですと言いました。

 

そして皇太子は反対して言い争ったそうです。

しかし皇后は怒り寝込まれ・・・結局皇太子も従うしかなかったそうですと伝えるラブエル。

 

国の指導する立場の人間が寝込むだなんてワガママを・・・考えていたより質が悪いのねとシャティは思いました。

でも結果を出すために押し通すのは政治の世界ではよくある・・・わたしは絶対そうならないと考えるシャティ。

 

これで確かになったわねわたしが皇后に近づくのは無理だということ・・・時間を無駄にしなくてすんだし早めに分かって良かったわとシャティは言います。

 

そしてラブエルに感謝を伝えると、この場所は敵が多いところです・・・心を強くお持ちくださいと気遣う言葉がかけられました。

対面

わたしは一度下がらせていただきます。

そろそろ公子がいらっしゃるお時間ですとラブエルは言いました。

 

今の報告で忘れていたけど考えるほど気が沈む・・・わたしがアルテミルを嫌う理由はないのに・・・シャティに冷たくしていたから?と考えます。

 

転生前の影響?弟との関係がよくなかったせいかもしれない・・・けど偏見はよくない!皇太子も思っていたよりいい人だったし・・・会おう!会ってから考えるべきだわと心を決めるシャティ。

 

そして兄のアルテミルがやってきました。

ひさしぶりなのに

天気が良かったのでテラスを用意していました。

用意していたラブエルが去った途端にため息をつくアルテミル。

 

お前が本当にレジーナだなんてなと言います。

 

レジーナに選ばれてずいぶん経ちますよと笑みを浮かべるシャティに、止めることができなかった自分が悔しいと言いました。

 

お前のような世間知らず・・・皇后には責任が伴う、心得が何もないじゃないかと苛立ちを隠さずハッキリ言うアルテミル。

 

久しぶりに会うのに・・・と笑顔でいつつも怒りがこみあげるシャティ。

まだ続くアルテミルの小言を、アルテミルお兄様と遮ります。

 

それに驚きすねたのか?と言いました。

 

そんなこと初めて聞かれたわと戸惑いながら、どうしてわたしのことを嫌っているのですか?と問うシャティ。

 

それに戸惑うアルテミル。

ハッキリさせる!

戸惑いながらも嫌ってはいないとアルテミルは言います。

言い訳はいらないというシャティの言葉も否定しました。

 

どうしてわたしが病に伏している時に見舞いにも来てくれなかったのですか?

連絡もなかったではありませんかと言うシャティ。

 

本当のシャルティアナはベッドの上で一人でこの世を去ったのです。

 

わたしとは関係ないけれどシャルティアナが気の毒だと感じたから、こんなに気分が沈むんだわと気づいたシャティ。

 

兄からは冷たくされ、若くして天に召された・・・まぁシャルティアナは自分が嫌われてるなんて知らず嫌う人がいるなんて考えてもいなかったけど・・・とシャティは思いました。

 

パレストゥラでは外出許可を取るのが難しいんだ、書類を出しても出られるのは有事の時だけ・・・僕が帰るということは、お前が本当にこの世を去ってしまうと認めてしまうようで怖かったと話すアルテミル。

 

その前からわたしを軽蔑されてましたよね、知らないと思っていたのですか?とシャティは言います。

それは・・・事実だと答えるアルテミル。

 

勝手気ままで学ぶこともせず権力を手にすることばかり考えて、それについてくる責任など気にすることはなかったとアルテミルは話しました。

 

両親から甘やかされてきているお前だったから、せめて僕だけでも厳しくするべきだと考えた・・・お前を愛していなかったわけじゃないし傷つけようと思ったこともないとハッキリ言います。

 

言葉にしなくても理解してくれると思っていた・・・と話すアルテミル。

伝えてくれなければ分かるはずがありませんと自分の手をぎゅっと握るシャティ。

 

シャティをまっすぐ見つめて、悪かったとアルテミルは言いました。

聞くべき人

彼の本心を知るべき、たった一人の妹シャルティアナは本心を知らないままこの世を去ったのです。

彼の気持ちを聞くべきだったのはシャルティアナであって謝罪を受けて許すのはわたしではないと考えたシャティ。

 

大切なのはこれからですそう返すしかありませんでした。

悪女の定義 68話の感想&次回69話の考察予想

まずは穀倉について皇太子が反論していたことをシャティが知ったのはよかったなと思いました。

しかし寝込むって・・・なんともまぁ幼稚というか形振り構わずでやり合うシャティは苦労しそうですね。

 

そして初めましてシャティの兄アルテミル。

シャティとは瞳の色が違いますが綺麗系なイケメンでした(笑)

 

ただ冷たくしていたわけではなくて兄は兄なりのシャティを思う気持ちがありました・・・それが伝わることがなかったのは残念です。

 

そして自分も若くして命を失っているのに、現シャティである芙美はとても優しい子ですね!

 

何はともあれ兄とは和解したと思っていいのではないでしょうか?

ミハイルおすすめの優秀な人材ゲット!ですよね?・・・次の話を待ちたいと思います。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』68話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」69話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪