韓国語を略訳|悪女のペット先読みネタバレ!

漫画悪女のペット」62話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット62話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

運命的な出会いをして、一目でシャシャを気に入ったレベッカ。

物語は、パーティーのその後、そして、レベッカの思いを描いていきます。

シャシャとの出会いで、笑顔がこぼれるレベッカ

皇太子の婚約者と名前も知らない家門の娘という、誰が見ても不釣り合いな二人ですが、レベッカはシャシャの笑顔に魅了されていました。

そして、レベッカはシャシャをティーパーティーに招待するのでした。

 

ヨハネスが、他の女とイチャイチャしていることも忘れて、気分が良くなっていたレベッカを見た父のケロンド公爵は、表情がとても明るいと感じます。

苦痛だったはずのパーティーで、明るい表情が浮かぶことに、レベッカ本人も驚きを隠せません。

 

ケロンド公爵は、意外な出来事に、つい母のエリナの笑顔に似ていることを口にします。

 

帰路に着くレベッカとケロンド公爵。

レベッカは父に母と皇宮のパーティーで出会った時の話を問います。

 

ケロンド公爵は、エリナと出会ってその笑顔に運命を感じ、自分がエリナの運命の人になれるように努力をしたそうです。

父の言葉を聞きながら、レベッカはヨハネスとの出会いを思い出すのでした。

レベッカとヨハネスの出会い

婚約者としてヨハネスと出会った幼少期のレベッカ。

キラキラの金髪に、青い瞳のきれいな少年ヨハネスは、礼法に捉われず庭園を自由に走り回ります。

 

礼法を守らないと怒られるのではと、ドキドキするレベッカに対して、皇后はきっと立派な皇后になれるとレベッカに声を掛けます。

 

両親のために花を積んできたヨハネスに、皇帝も皇后も大喜びです。

その姿を見て、皇太子妃になるために厳しくしつけられたレベッカは、家族の温かみを感じ、ヨハネスと一緒になれれば自分も幸せになれるかもしれないと期待を抱くのでした。

レベッカの報われない努力

幸せになるために、立派な皇太子妃になるための努力をすることを改めて決意したレベッカ。

家では相変わらず厳しい父と、淡々と交わされる会話に、息苦しさすら覚えていました。

 

ヨハネスと一緒になることを夢見て、青い空を見てもヨナネスのことを想うレベッカ。

いまは、色んな女と遊んでいるけど、結婚したら自分だけを愛していくれると誓ったヨハネスを信じて、この家を出て温かい家庭で暮らすことを夢見ていました。

 

しかし、ある日、ドレスを合わせるために訪ねてきたドレスサロンの職人から、ヨハネスが違う女とサロンに来たことを告げられます。

 

レベッカの中で、何かが壊れ始めるのでした。

悪女のペット62話の読んだ感想

幼少期のレベッカが、ヨハネスと一緒になることで幸せになることを夢見た努力したと考えると、ヨハネスの行動はますます許せないですね。

 

レベッカが思い描く未来は、どのように変わっていくのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』62話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」63話はこちら