悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ

漫画悪女は砂時計をひっくり返すは原作SANSOBE先生、漫画Antstudio先生の作品です。

 

オスカーに水を掛けてしまうという失態を演じてしまったものの、大事には至らずほっとするアリア。

おまけに、公爵家の印章を刺繍したハンカチを受け取ってもらうことにも成功して、アリアの計画は順調に進んでいます。

そんなアリアに、ミエールは沸々と憎悪の炎を燃やし・・・。

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」の12話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

悪女は砂時計をひっくり返すの【12話】の考察予想

ゴジさん
悪女は砂時計をひっくり返す【12話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

オスカーの来訪から数日後、ロースチェント家に贈り物が届きました。

オスカーからの贈り物

プレデリック家からだという大きな箱が広間に運ばれました。

誰もが、オスカーからミエールへのプレゼントだと思います。

ところが、そのうちのひとつはアリアへの物でした。

命の危険!?ついにミエールが動き出す?

ここまでミエールをやり込めることに成功していると思っているアリア。

大人しい良い子を演じているミエールは、表面上アリアに何もして来れないと高を括っています。

ところが、ある日馬車に細工されていると思ったアリアは、やっぱりミエールは侮れないと気を引き締めるのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す【12話】ネタバレあらすじ

翌日、オスカーはカインと一緒に寄宿舎に帰っていきました。

後日、オスカーからプレゼントが届きます。

広間にはリボンのかけられた箱がふたつ。

使用人たちは、ミエールに2つもプレゼントを寄こすなんて、オスカーのミエールに対する気持ちは特別だ、などとヒソヒソ話をしています。

ミエールも、お返し何にしよう・・・とまんざらでもない様子。

 

すると、執事がオスカーからの伝言を読み始めました。

赤いリボンの方をミエールお嬢さまに、青いリボンの方を・・・言い辛そうに、アリアお嬢様に・・・と伝えます。

あまりに予想外のことだったので、その場に居合わせた誰もが無言になります。

静まり返る中、アリアの母親である伯爵夫人が「あらまぁ、あなたもオスカー様からいただいたのね」と言いました。

ここで、アリアはハンカチのお礼だと曝露します。

オスカーがアリアからハンカチを受け取ったことを知ると、使用人たちは驚き、ザワザワと広間がざわめきました。

ミエールはジッとアリアを凝視しています。

 

さらに、手紙も付けられていたので、余計にザワザワと・・・。

手紙の内容が気になるから読んでみて、と伯爵夫人が無茶を言います。

アリアは、自分よりミエール宛ての手紙の方がみんな気になるだろうと煽ります。

婚約の話が出ているのはミエールだから・・・と。

では、先に読むからお姉さまも、とミエールが言いますが、アリアは適当にごまかして手紙の件は終了しました。

 

プレゼントを先に開けさせたのはアリアでした。

中身はピンクのドレスと靴、そしてゴールドのバラをモチーフにしたピンでした。

 

アリアはオスカーから贈られたピンをさしてサラのお茶会に出向きます。

道中、オスカーからの手紙を読み、その内容がただお礼を記した簡潔なものだったので、みんなの前で読まなくて正解だった、とアリアは思うのでした。

 

同行していた次女のジェシーに、後で一番高い宝石店に寄るように命じました。

わかりました、と答えたジェシーは渋い顔をしています。

無駄遣いするつもりだと誤解していると思ったアリアは、オスカーへのお返しを選ぶと言いました

すると安心したように、今は手持ちが無いが、身分証を見せれば買うことができると応えました。

 

サラのお茶会でいつものように良い子を演じてみせるアリアですが、実はイライラして疲れるのでした。

ずっとは無理・・・というのが本心です。

 

お茶会の帰り、馬車に乗ろうとするアリアは、馬丁が違うことに気がつきます

護衛騎士もアリアに指摘されてやっと気づいたようでした。

アリアがどうしたのかと詰問すると、馬丁はしどろもどろです。

アリアはミエールの仕業だと確信します。

もし馬丁が変わっていることに気づかなかったら!?

ナイフで殺されるのか・・・それとも馬車が壊されているのか・・・!?

アリアが処刑される寸前に露わにしたミエールの本性を思い出しました。

想像をはるかに超える悪女なのね・・・?

そして、アリアは、自分が前世と違って成長したことによって、ミエールの企みも悪質なものになっていると感じるのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す12話の感想&次回13話の考察予想

アリアはじわじわとミエールを追い詰めていきますねー。

ミエールは生粋の貴族令嬢です。

平民出身の、まして母親が売春婦だったアリアのことは腹の底では軽蔑しているはず。

でも、あくまで『良い子』を演じきろうと思っているのに、アリアの精神攻撃で自尊心はズタズタです。

この12話の内容も含めて、アリアがミエールをひたすら苛めていると感じちゃいますが、前世(過去に戻る前)ではミエールは良い子の仮面を被ったままアリアを処刑にまで追い込んだ悪女。

アリアは同じことを繰り返さないために、まだ幼いうちにミエールを潰しておこうとしているのですね。

ところが、本性を出し始めたミエールは、これから反撃に出る予感がします・・・。

まとめ

今回は漫画『悪女は砂時計をひっくり返す』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら