韓国語略訳|悪女のペット70話先読みネタバレ!ペインの進むべき道を示すアースの言葉。

漫画「悪女のペット」70話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット70話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

何やら険悪な様子で言葉を交わすアースとペイン。

アースは旅行前にペインが彼の部下であるへレイスにこっそり話を聞いたことを責めているのでした。

 

しかしペインは全く気にしていない様子。

ペインは皇宮に流れる妙な噂についてアースと話がしたかったのでした。

 

何も知らないと白を切るアースに、裏で噂の糸を引いているのはアースなのではと声を荒げるペイン。

しかしアースは不敵な笑みを浮かべ、自分が何をしようと見なかったことにするという約束を忘れたのかとペインへ尋ねます。

 

ペインがアースに助けを求め、見返りに何でもすると言ったことは事実です。

しかしペインは、アースが謀反を企てるようならこれ以上見過ごすことはできないと声を荒げるのでした。

 

珍しく声を荒げるペインとは反対にどこか落ち着いた様子のアース。

ペインに忠告をするアース

アースはペインは誤解をしているようだと言います。

なぜならアースはペインが嫌だと言ってからは一度も彼に謀反を無理強いはしていないのでした。

 

さらに、アースは噂を流したのも自分ではないと言います。

屋敷の使用人たちを野放しにしておくとリリスまで使用人たちに好き勝手言われることになる、アースはそのことを危惧しているのでした。

使用人たちをはじめ民間人に優しすぎるペインの態度をアースは心配しているようです。

 

メアリはどうか、と尋ねるアースに返事が来なくて目に見えて焦っているようだと答えるペイン。

その答えに、アースはリリスの母親の体調がよくないのではと考えを巡らせます。

 

アースはペインに、彼が愛するリリスを早く自由にしてあげるように忠告します。

ペインの消極的な態度がいつかリリスに危害をあたえることになる前に、もっと危機感を持ってほしいというのがペインの言いたいことなのでした。

アースが示した、ペインの進むべき道

アースは、2皇子でありケロンド公の引退後には帝国一の騎士と名高いペインが、皇位への欲も出さず、皇帝からの苦言にも何も言わずに受け入れていることを蔑みます。

 

リリスを本当に愛しているなら考えを改めるべきだと伝え、アースはペインの手の中に何かを残していきます。

それはチェスの駒、キングなのでした。

 

残されたペインはキングを見ながら考えを巡らせます。

彼が望むことはただ一つ、リリスが心から幸せになることなのでした。

一方、リリスに迫る危機

一方、屋敷ではリリスの父親が強くドアを叩いていました。

医者が止めるにもかかわらず、彼はリリスの母親の病気の深刻さを認めようとしません。

 

リリスの母アンジェラは扉の向こうで、原作を裏切ったリリスを激しく恨み、彼女への復讐を固く誓うのでした。

悪女のペット70話の読んだ感想

ペインの心までもを読み、的確なアドバイスをしたアース。

そんなアースの言葉にやっとで自分の立場が分かった様子のペイン。

シャシャと一緒にいるときには隠れているアースの有能さがよくわかるエピソードでした。

 

リリスに迫っている危機を考えるとあまり時間は残されていない様子です。

ペインはどんな結論を下したのでしょうか。

次回のエピソードも楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』70話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」71話はこちら