悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品です。

 

ヴァイオレット家の直系は、アルンデルの魔力に弱い者が多く、公爵は先代の大公から、魔力を込めたペンダントを贈られていました。その魔力が弱くなってしまったので、レンに魔力を込めなおしてもらうために、ルイーザがウィンターナイト城へ行く時に同行しろとユージーンに命じるのでした。

その頃、レンとエルザは町へショッピングに出かけ、楽しい時間を過ごしていました。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「悪女は変化する」の25話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

悪女は変化するの【25話】の考察予想

ゴジさん
悪女は変化する【25話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

レンがエルザを連れてきたのは、宝石店でした。

貸切の宝石店、レンの優しさにエルザは・・・

店内にはすばらしい宝石が並んでいます。

エルザは目を輝かせますが、店に中にはエルザたちの他にお客が見当たりません。

なんと、レンがエルザのために貸切にしたのでした。

愛の無い結婚という呪縛

宝石を選んでいる時も、エルザはレンの優しさを感じます。

それに、レンがエルザのために心を砕いてくれることや、髪に触れた瞬間、ドキリと胸の高鳴りも感じるのですが・・・。

お互い、愛は求めないことを約束した二人。

エルザはレンの気持ちに気づかないフリをし、また自分の気持ちにも蓋をし続けるのです。

悪女は変化する【25話】ネタバレあらすじ

エルザとレンを宝石店の店主が笑顔で迎えます。

白髪に白髭を蓄えた温和そうな老人を、レンは婚礼用の品を製作した職人だとエルザに紹介しました。

 

カルンと名乗った職人は、婚礼品は気に入っていただけましたか、とエルザに聞きました。

エルザはもちろんだと答えます。

カイルが希望の品があればいつでも声をかけてくれと言いますが、店内に他の客がいないことを不思議に思います。

するとレンが今日は貸切にしたと言うのでした。

エルザは、レンって思ったよりお金の遣い方が荒いのね・・・と思うのでした。

 

ガラスケースの中の宝石をボーっと見入るエルザに、気に入ったものがあったら、とレンが声をかけますが、ケースから出してしまうと変色してしまうのでは?とエルザは心配します。

レンは、特殊な加工がされているから色が変わることはないと答えました。

ロベリアではもとより、アマリリスでもその技法を受け継ぐ職人はほとんどいないが、カイルはもともとアマリリスの皇室で働いていた技術者なのだとレンが説明します。

今日は気に入った物をいくらでも着けられるとエルザは嬉しそうに言いました。

 

まず、トパーズのイヤリングを選び、次にエルザが手にしたのは特殊な細工が施されたダイヤのネックレスでした。

着けようとしますが、後ろの留め金が中々上手くはまりません。

手間取っているとレンが「手伝いますよ」とエルザの髪をかきあげます。

エルザの心臓はどきどき・・・。

 

ネックレスを身につけたエルザを、とっても綺麗だとレンが褒めました。

エルザがダイヤの加工技術を褒めると、レンがエネルギーの石の加工方法を応用して作られていると説明します。

宝石について詳しいのですね、とエルザが言うと、実は勉強したのだとレンが少し照れて白状しました。

今までエルザから物をねだられたことがないから、エルザが何が好きか、幸せを感じるのはどんなときか、自分なりに考えたのだと言います。

 

エルザは胸が高鳴りますが・・・ドレスの裾をグッと握り、レンは本当に優しいんですね、とそっけない態度を取ってしまいます。

エルザ・・・とレンが何か言いかけたとき、カイルが別に注文していたネックレスを持って来ました。

最高級のダイヤで作られたネックレスで、先に購入したイヤリングと一緒に着けたらさらに美しいと、とカイルが言います。

エルザは「まあ!本当に美しいわ」とニッコリ微笑みました。

 

帰りの馬車の中、エルザはアマリリスに来てふた月経つんですね、と感慨深げに言います。

ウィンターナイトに来てから毎日が楽しい、みんなレンのおかげだとエルザが言うと、僕のほうこそ、とレンが答えました。

 

その後の会話も無く、窓の外を眺めるエルザにレンが「エルザ」と声をかけます。

しかし、「・・・何でもありません」と言葉を濁してしまいます。

エルザも何も言わずに、再び窓の外を見ました。

 

レンは、エルザと初めての晩餐で、自分とエルザのかわした会話を思い出しています。

愛だけは期待するな・・・私もそれを望んでいるからですわ。

レンは拳をぎゅっと固く握るのでした。

悪女は変化する25話の感想&次回26話の考察予想

レンはどうみてもエルザのことをすごく愛してますよね!

今までの態度や言動から、疑う余地がないのですけど、最初のあの約束があるから本心を伝えられないんですね。

エルザもきっぱり自分も同じだと言い切ったから、レンも自信が持てないのもわかります。

恋している時って、自分だけが相手を想っているって感じちゃうモンですから。

 

エルザもレンのことを意識しているのに、まだ愛という感情を受け入れられない様子ですね。

感謝をしている、という言葉でレンの気持ちを上手くかわしています。

その上、自分の気持ちにも目をそらして・・・。

もどかしいですね!

それにしても、領主が護衛もつけずにいいのかな?って思ってしまったのですが、よく考えれば大公はめちゃくちゃ強いんでしたねー。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』25話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『悪女は変化する』の26話のネタバレはこちら