ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ38話【ピッコマ漫画】エステルが届けたものとは?

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」38話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

エステルが庭を散歩していると、騎士たちの怒号が飛び交い、イリアル(魔導士の奴隷)は出ていけ!と言って騒ぎになっています。

エステルは狩猟大会で一度会ったことのある子供のイリアルを不憫に思い、自分の手袋を脱いで渡し、その子を帰しました。

 

しかし、一部始終を見ていた父親に、魔導士やその周囲の人間に関わったことをおこられてしまいます。

狩猟大会での遭遇も含めて、涙ながらに謝るエステルを、父親は優しく諭しながらも、魔導士の接近に危機感を募らせるのでした。

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」37話はこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった38話の見どころ・考察予想

前回は狩猟大会以来久しぶりに出てきた、イリアル(魔導士の奴隷)の「じゅーさん」をめぐって、エステルが複雑な思いをする回でした。

父親は、エステルを心配しているから、厳しく言うのだということをストレートな言葉で伝えてくれたので、エステルも嬉しく思っていましたね。

 

しかしその反面、父親は、狩猟大会でイリアルに遭遇していたことを報告していなかったエメルを追求しなくては!と言っており、どうやら、厳しく怒られそうな予感…。

今回はそんなエメルが中心の話なので、前回の話の後、父親公爵にエメルがどんなお叱りを受けたか想像しながら読み進めていきましょう。

ある日、私は冷血公爵の娘になった38話のネタバレ込みあらすじ

エメルの怪我の理由

エステルたちがホワイトホールへ向かう準備は着々と進んでいました。

ところが、護衛につくはずのエメルの姿が見えません。

 

エステルは心配になってエメルのことをロイに聞きました。

ロイによるとエメルはけがをして馬にも乗れないほどなので、ホワイトホールにも後で来るとのことです。

 

エステルは、自分が父親に、狩猟大会でイリアルの「じゅーさん」に会ったことをばらしてしまったので、その報告を怠った護衛のエメルが父親に叱られてけがをしたのだと、すぐにわかりました。

エステルのお見舞いの品

エステルはエメルに会わす顔がないので、お見舞いには行けません

でもエメルを元気づけたい…。

 

そこでエステルは、庭で集めたきれいな葉っぱや、花、ドングリをエメルに届けることにしました。

 

庭からエメルに部屋ほうへ向かうと、ちょうど窓が少し空いていたので、そこから拾ってきた葉っぱなどを入れることに。

最後に小さな声で、ホワイトホールで待っていることを伝えました。

エメルの気持ち

エステルがお見舞いの品を届けていたその時、エメルは謹慎処分を受けて、自室で一人静かに考え事をしていました。

エステルの予想通り、報告を怠ったエメルは、父親の公爵によって怪我を負うほどのお仕置きをされた挙句、謹慎を命じられたのです。

 

エメルは、エステルの護衛につく以前は騎士団同士での喧嘩も多く、謹慎処分の多い騎士でしたが、今ではすっかり穏やかになりました。

自分でも、最近の自分を考えると微笑んでしまうエメル。

お見舞いを通じて気持ちを通わせるエメルとエステル

1人微笑んでいるエメルの頭の上にドングリが一つ落ちてきました。

 

空いた窓から自然に落ちてきたかと思って窓を見るエメル。

窓には背伸びしたエステルの頭が、少しだけ見えていました。

 

そして、目いっぱい伸ばした手の先から、木の葉や花が、エメルの部屋の中に入れられました。

エメルは微笑み、少し元気を出したのです。

ホワイトホールに到着

ホワイトホールに到着すると、屋敷全体が白い靄でおおわれていることに気付くエステル。

それは屋敷の下に温泉が湧いているために生じる、湯気なのだとか。

 

エステルは温泉と聞いて、すぐにも入りたくなりました。

屋敷そのものの形状はビザンチン様式で美しく、屋敷の壁にも温泉を通していて、部屋の中も温かくなっています。

喜ぶエステルの頭をなでながら、父親は冬へ備えなくてはとつぶやくのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった38話の感想&次回39話の考察予想

エメルの怪我を聞いたエステルが、すぐに父親の怒りを買ったせいで追った怪我だ!という結論に至ったのがびっくりでした。

エステルもだんだんカスティージョらしくなってきたというか、感覚がマヒしてきたというか…。

 

馬にも乗れないほどで、ホワイトホールにも遅れてくるほどの怪我を負わせるほど、父親の公爵は怒っていたのですね。

それほど魔導士がエステルに近づくことを恐れているということですから、単なる恐ろしい父親のエピソードではなく、その理由も含めて重要なエピソードと考えられます。

次回からは、ホワイトホールのエピソードになるので、これまでと違った展開もありそうで楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」39話はこちら

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪