悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品です。

 

結婚式のためにドレス選びをするエルザ。派手なものばかり並ぶ中、エルザはもっとシンプルで、華美ではないけれどセンス良く装飾されたデザインのドレスが好きだとカレンに伝えます。

自分の思い違いをすぐに察したカレンは、今度はエルザの好むようなドレスを前面に並べ替えました。手に取り迷うエルザ。

そこへレンがやってきてクリーム色のドレスを薦めます。エルザが試着を終えてレンの前に・・・。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「悪女は変化する」の9話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

悪女は変化するの【9話】の考察予想

ゴジさん
悪女は変化する【9話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

レンが薦めたドレスに着替えたエルザ。その美しい姿に目を奪われるレンでした。

二人一緒にドレス選び

結婚式の衣装選びは式のドレスだけではありません。

披露宴用、その他靴や装飾品の数々、大変な労力です。

その全てをレンも一緒に選んでくれました。

費用も気になるエルザに、人生一度の式だから、とレンは言います。

アマリリスでは皇族は離婚ができないのです。

ウィンターナイト大公の結婚!社交界で噂の的

ウィンターナイト大公の結婚は、社交界では噂の的です。

大公自身の評判もさることながら、結婚相手の令嬢が、ロベリアで悪女と呼ばれていることを面白おかしく話す婦人達なのでした。

悪女は変化する【9話】ネタバレあらすじ

どうかしら?とエルザに聞かれて、目を奪われるレンは、「・・・綺麗ですよ」と答え椅子を立ちます。

エルザの前に歩み寄り、完璧な花嫁だと褒めました。

目を丸くするエルザ。

ありがとう、と素直に喜びます。

見つめあう二人の姿を、カレンとアンナはうっとり見ていました。

 

レンの選んだクリーム色のドレスを着たエルザを、褒めちぎるカレンとアンナの目はキラキラと輝いています。

すっかりエルザのファンになってしまった様子です。

 

結婚式用のドレスは決まりましたが、他にも選ばなければならないものがたくさんあります。

披露宴用のドレス、靴、装飾品・・・。大忙しです。

レンも一緒に選んでくれていました。

そんな二人を、カレンとアンナは、本当にお似合いだ、まるで芸術のようだと言うのでした。

 

ドレスを選び終わったエルザはレン、ルアンと廊下を歩いています。

こんなに早く決めてしまって良いのか、とレンがエルザに聞きます。

エルザは、カレンのドレスが素晴らしかったし、何よりレンが選んでくれたドレスだから、と言いました。

 

それはそうと・・・とエルザはドレス代があまりに高額なことを心配します。

しかし、レンは何でもないことだと答えます。

それに、二人にとって人生で一度きりの結婚式だから、と。

エルザは、アマリリスの皇族は離婚ができないことを思い出します。

一生に一度の相手がレンでよかった、エルザはとしみじみ思うのでした。

 

この後レンは仕事で出かけなければなりません。

エルザはニッコリ笑って、結婚式でお会いしましょう、と送り出します。

レンは、エルザの髪をひと房取り、その髪に優しくキスをすると、「その日、エルザは最高の花嫁になりますよ」と言いました。

レンの妻ですものね、と答えるエルザ。

 

エルザと分かれた後、ルアンは、レンに「お疲れではないですか?」と尋ねます。

それに対してレンは、楽しかった、と答えるのでした。

 

その頃、アマリリスの社交界ではウィンターナイト大公が結婚するという話題で持ちきりでした。

相手のエルザのことを、ロベリアのクロッカス公爵家の令嬢で悪女で有名だと噂しています。

さんざん悪口を並べ、この結婚はエネルギーの石を得るための同盟の意味があるのだと言い出します。

それがなければ誰があの残忍な大公なんかと、と留まるところを知りません。

ロベリアお悪女との北方の怪物でお似合いだと面白そうに笑う婦人たち。

 

それを隣で見聞きしている若い令嬢がいました。

ブロンドの令嬢が、件の婦人のことを、裏で大公に縁談を持ちかけ断られたくせに、と辛らつなことを言っています。

髪をシニヨンにまとめた令嬢が、大公は有能で魅力的だし、大公妃という地位も羨ましいのでしょうと言いました。

 

令嬢たちは、大公の結婚相手について話し始めました。

ロベリア王家の血筋を引く人と結婚すると思っていた・・・とブロンドの令嬢が言うと、王家の令嬢は皆嫁いでいるし、クロッカス家も王家の血筋だし・・・とシニヨンの令嬢が答えました。

 

やはり大公妃がどんな人か気にはなります。

噂どおりの悪女だったら社交界もややこしくなる、とシニヨンの令嬢。

ブロンドの令嬢は、そのうちわかるでしょ、とさほど関心もないような素振りで言いました。

悪女は変化する9話の感想&次回10話の考察予想

執事も言っていましたが、結婚式の衣装選びはとても疲れるもの。

1週間くらいかかるのが普通だと言いますが、エルザは1日で終わらせてしまいました。

決断の良さと、合理的なものの考え方をするエルザにとって、ごく当たり前のことだったのかもしれませんね。

ただ、レンも同席してくれるとは思っていなかったのでしょう。

男の人って面倒くさがる人が大多数ですものね!

こんなだんな様素敵です・・・。

仕事が忙しい中抜け出してきた様子ですしね。

 

アマリリスの社交界ですよ!

興味本位の噂話から、やっかみの入った悪意の評判が渦巻いてます。

ロベリアでも上手く立ち回っていたエルザですから、きっと大丈夫!

あの、令嬢たちの存在が気になりますね。

敵?味方?

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』9話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『悪女は変化する』の10話のネタバレはこちら