ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ40話【ピッコマ漫画】エステルの誕生日決定!

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」40話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ホワイトホールで、兄のカルルと再会したエステル。

カルルは二人の友人を連れてきました。

1人は皇子のリドル、もう一人は伯爵令息のゼオンです。

 

仲良く和気あいあいと言う雰囲気ではなく、カルルの毒舌にゼオンが突っ込みを入れるような人間関係。

そんなゼオンはもうすぐ誕生日なので、エステルにも誕生日がいつか尋ねたのですが…!?

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」39話はこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった40話の見どころ・考察予想

前回はカルルとその友達が屋敷に到着して、にぎやかになって楽しい!と思いきや、誕生日を一度も祝われたことがないエステルは誕生日すらわからないという、悲しいエピソードで幕を下ろしてしまいました。

 

今回はエステルの誕生日に関して、カスティージョ家の家族会議が開かれるようですが、エステルの誕生日はどうなってしまうのでしょうか?

 

そして、とても悲しい過去にも関わらず、そのことにすらあまり実感のないエステルは、どんな心境になっていくのでしょうか?

無事誕生日に関して、エステルに新たな楽しい認識が生まれるよう見守っていきましょう。

ある日、私は冷血公爵の娘になった40話のネタバレ込みあらすじ

エステルの誕生日推理の家族会議

前回の話で、自分の誕生日を知らないことが明らかになったエステル。

すると、突然カスティージョ家の家族会議が開かれることになりました。

 

エステルはの誕生日を決める会議です。

執事長のケルソンがエステルに誕生日の手がかりはないかと聞くと、エステルは、母親が出産した日に吹雪ですごく寒かったと言っていたことを思い出しました。

 

エステルの出身地ケルン地方では、吹雪は珍しいので、すぐにいつ頃かわかるだろうと父親が励ましてくれ、執事長のケルソンは、調べるために出ていきました。

 

ケルソンが出ていくと、配慮が足りなかったと謝るカルル。

エステルは気にしないと答えましたが、父親は寂しかっただろう?と聞いてくれます。

 

反射的に全然寂しくないと答えたエステルでしたが、その後父親との会話の中でゆっくり考えると、寂しい気持ちになります。

そんな気持ちを正直に話してくれたエステルに父親は満足した用で、今後も正直に伝えてほしいと優しく語りかけるのでした。

エステルの誕生日決定

ケルソンがさっそく天気の資料を持って戻ってきました。

エステルが生まれたのはどうやら星座祭の頃の様です。

 

ケルソンはエステルの名前の由来ともあうと言って喜びました。

エステルの名前は、「星」という意味なのですが、星座祭は神様が世界に初めて星を作った言い伝えにちなんだもの。

その時に一番最初にできた黄金色に輝く星が「エステル」なのです。

 

エステルの誕生日は、そんな星を祝う星座祭の1週間前後、1月5日から1月25日だろうと分かりました。

エステルに、この期間の中から好きな日を誕生日にしていいという父親。

エステルは、星座祭とは別にしっかり祝ってもらえるようにと1月20日を選びました。

誕生日と星座祭を楽しみにするエステル

さっそく自分の部屋に帰って、侍女のジェーンと護衛のロイに自分の誕生日を報告するエステル。

二人が喜んでくれたので、エステルも今から楽しみになり、星座祭がどんなお祭りなのかジェーンに聞きました。

星座祭の期間中は御馳走を食べて、「今年のエステル」を決め、願い事を書いた星形の折り紙を折る

 

そんな素敵な祭りの話を聞いて、ますます星座祭が楽しみになるエステル。

母親に虐待され箱に閉じ込められていた時は、星座祭を見ることもなかったけれど、今年は楽しくなりそうです。

屋敷の主にふさわしい人

ところで、ゼオンとリドルはどうしたのでしょうか?

何と家族会議が始まって以降、応接間で待ちぼうけだったのです!

 

慌ててエステルが向かうと、ゼオンが誕生日のことで謝ってくれました。

その対応をしたエステルは気遣いにあふれており、リドルはエステルもこの家の主の一人なんだねと言いました。

 

ゼオンは「シャトレン(鍵束)」を持って、その屋敷の財布を握る資格がエステルにはあると言います。

そんな二人の言葉に、そんな重い役割はいらないかな?と可愛いセリフを言うエステルなのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった40話の感想&次回41話の考察予想

前回の終わりに、一度も誕生日を祝われたことがないため、自分の誕生日も知らないというエステルの悲しい発見があったので、今回の話はしんみりすると予想していましたが、とても素敵な話になりましたね。

 

父親とカルルはすぐに家族会議を開いてくれただけでなく、ちゃんとエステルの証言をもとに誕生日の推理をしてくれました。

その結果から、生まれた時期を特定し、その範囲からエステルの好きな日に誕生日を決めるというのは、とてもロマンチックで優しい展開でした。

 

星座祭とエステルの誕生日の話も近々ありそうなので、エステルには楽しい誕生日の思い出を作ってほしいですね。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』40話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」41話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪