ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ39話【ピッコマ漫画】カルルとの再会

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」39話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

護衛のエメルが、狩猟大会の日の魔導士とエステルの接触を報告しなかったため、父親の公爵から謹慎処分を受けたことを知ったエステル。

しかも父親の「お仕置き」で馬に乗れないほどの怪我を負ったとか…。

お見舞いにとエステルがエメルの部屋の中にドングリを投げ入れると、謹慎中のエメルは少し元気を取り戻すのでした。

そして、エステルはホワイトホールの屋敷へと到着しました。

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」38話はこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった39話の見どころ・考察予想

前回はついにエステルが首都の屋敷を離れ、ホワイトホールの屋敷に到着しました。

首都では皇后に付きまとわれたり、魔導士に接触されたりと、いろいろな洗礼を受けたエステル。

 

中心地から離れたこの地で、無事に冬を迎え、楽しく過ごすことができるのでしょうか?

ある日、私は冷血公爵の娘になった39話のネタバレ込みあらすじ

カルルとの再会、二人の友達

雪の降る中、エステルはカルルの到着を震えながら待っていました。

風邪をひいてしまうので部屋で待とうと促す侍女のジェーンに反対して、エステルが待ち続けると、カルルの乗った馬車が遠くに見えます。

 

馬車をおりてきたカルルに駆け寄って、そのまま抱き着くエステル。

嬉しそうに微笑むカルルの後ろには、カルルと同じくらいの年ごろの男の子が二人立っていました。

 

二人がエステルに挨拶をしようとすると、遮って「知らない人」だと言い張るカルル。

エステルが友達じゃないかと尋ねても、やはり「知らない人」だと言います。

友達二人の印象

それを聞いて、男の子のうちの一人は怒りましたが、カスティージョ家の執事長ケルソンが、しっかりとカルルの友人としてもてなしました。

エステルは、社交性ゼロの兄カルルに付き合ってくれる、とても良い人たちなんだなぁ、と嬉しく思ういました。

 

そして改めて、二人にあいさつをするエステル。

しかし二人が名前を名乗る前に、妹と関わらせたくないカルルが邪魔をしてきました。

 

その後、部屋でエステルが暖を取っているときに、侍女のジェーンが教えてくれた話によると、友達の一人は伯爵家の令息で、もう一人は皇子なのだとか。

皇子と聞いて一瞬かまえるエステルですが、皇后やアイリス皇女と知り合いになったので、以前ほどは王族に緊張しなくなっていました。

楽しい冬休み

ホワイトホールでは、エステルの勉強も一時休みになっています。

それなのに、エレンやロイ、怪我の治ったエメルは騎士団の冬の訓練に行ってしまって、退屈な日々を過ごしていたエステル。

 

エステルは体が温まると、さっそくカルルたちのいる応接室に遊びに行きました。

改めて自己紹介をする二人は、金髪の王子がリドル、フランクな伯爵令息がゼオンと名乗ります。

ゼオンがエステルに、自分のことを「ゼオ兄(にー)」と呼ばせようとすると、シスコンのカルルは激怒しました。

友達にも恐れられるカルル

楽しく盛り上がっていると、リドルがエステルに、カルルのことが怖くないのか?と不意に聞いてきました。

エステルは全然怖くないので、不思議に思いましたが、リドルに同じ質問をすると、リドルは少しカルルを怖く思うと言います。

 

そしてゼオンも同じ気持ちで、夜中にカルルと二人きりで話すようなことはしたくないのだとか…。

カルルはこの言葉にショックを受けた様子は全くなく、こっちこそゼオンと二人で話したくない!といった態度です。

 

ゼオンは、もうすぐ自分の誕生日なのにここまで来たんだぞ!とカルルのぞんざいな扱いに腹を立てています。

 

エステルは、仲裁するように二人の間に立ち、みんなで誕生日を祝おうと提案しました。

ゼオンはエステルの健気な態度に感動し、そんなエステルに、誕生日はいつか尋ねました。

 

しかしこの質問によって、エステルは自分が一度も誕生日を祝われたことがなく、そのせいで自分の誕生日すら知らないということに気付いてしまい…!

ある日、私は冷血公爵の娘になった39話の感想&次回40話の考察予想

雪の中、カルルを待っていたエステルを、シスコンのカルルが溺愛するシーンの数々はほっこりしましたね。

でも、友達とは少し複雑な関係のような印象を受けました。

 

最初はツンデレのカルルが、ただ照れて、友達をぞんざいに扱っているのかと思っていたら、友達二人はカスティージョであるカルルを少し怖く思っているのだとか…。

父親の公爵も心の優しい屋敷の人たちやエステルの友人に怖がられていたので、仕方のないことなのかもしれないですが、少ししょんぼりする展開です。

 

しかしそのことをカルルは全く気にしていないようだったので、案外3人の友情にとっては些細なことなのかもしれません。

 

さらに最後には、虐待をする母親に育てられていたエステルが、10歳まで一度も誕生日を祝われたことがなく、自分の誕生日を知らない事実が発覚!

次回は少ししんみりする展開が予想されますが、いったいどうなってしまうのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』39話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」40話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪