外科医エリーゼ【ネタバレ115話/ピッコマ】痺れを切らしたリンデンがエリーゼのもとへ!そこへ運び込まれたのは・・・!?

漫画外科医エリーゼ115話は原作yuin先生、漫画mini先生の作品です。

 

貴族派の会合の帰り道、メルキト伯爵は皇帝派のドリスン伯爵と揉め事を起こします。

積年の恨みもあって、言い争いはエスカレートし、メルキトはついに決闘を申し入れ、ドリスンも受けて立とうと・・・!

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」の115話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼの【115話】の考察予想

ゴジさん
外科医エリーゼ【115話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

リンデンの評価が上がっていることに危機感を持つ貴族派は焦っています。

そんな時、皇帝派のドリスンに因縁をつけられたメルキトは激高して・・・。

貴族派と皇帝派、白昼の決闘!

ついに決闘が始まってしまいました。

銃弾に二人とも倒れてしまいますが、このまま命を落とすようなことがあっては大変です。

病院に運び込まれたメルキトとドリスンですが、心臓と肝臓を負傷していて治療ができないと断られます。

ただ、あの人なら・・・とエリーゼの名が。

執務室のエリーゼとリンデン

そんな騒動が起きていることなど知り得もしないリンデンとエリーゼ。

多忙で会えないエリーゼを病院までリンデンが訪ねてきていました。

仕事があるから、と困るエリーゼですが、リンデンの強引なアプローチに折れてしまうのでした。

そこへ、重傷を負ったメルキトとドリスンが運ばれてきたのです。

外科医エリーゼ【115話】ネタバレあらすじ

メルキト伯爵に立ち会い人を言い渡されたランスル子爵は困り果てます。

彼は中立派ではありますが、政局が安定しない今、各派閥の核心人物が怪我でもしたら大変なことになると憂慮しているのでした。

しかし、激高した二人は止まりません。

ドリスンもこの機会にメルキトを始末してやる、と腹を括ります。

 

決闘が始まってしまいました。

歩を進め、振り返りざまに銃を発砲するメルキトとドリスン。

二人とも一発で心臓を打ち抜いてやる、と本気です。

ドリスンの腹が血に染まり、勝ったと思ったメルキトの胸から鮮血が吹き出しました。

メルキトが倒れ、ドリスンもまた崩れ落ちるのでした。

 

騒ぎを聞きつけたクロレンス侯爵は事情を聞き、よりによってこんな時に・・・と頭を抱えます。

とにかく二人とも助けなければ、と病院に搬送しました。

運び込んだ病院では、二人の傷は治療できないと断られてしまいます。

すると、このような銃傷も治療できる医師を知っていると言われ、名前を聞くとレディー・クロレンスだと言われました。

 

その頃、エリーゼの勤務する皇室十字病院の教授室には、リンデンの姿がありました。

どうしたのか?と尋ねるエリーゼに、用がなければ来てはいけないのか、とムッとするリンデンですが、会いたくて来たのだと言います。

嬉しい反面困ったエリーゼは、後で自分から会いに行くのは・・・と言いますが、それはいつだ?私が老いて死んだ後か?最後に会ったのは?と捲くし立ててドサッとソファに座り込むリンデン。

エリーゼは吹き出してしまいます。

 

リンデンが、自分も書類を持ってきたから互いに仕事をするのはどうだ?

と提案しますが、前にもそう言ってまったく仕事が捗らなかったことを考えて、今日は本当にダメです!と断るエリーゼ。

でもリンデンも引き下がりません。

私はただ仕事をしに来ただけだ、と。

仕方なくエリーゼも了承するのでした。

 

しばらくの間、大人しく書類に目を通していたリンデンですが、「リゼ」とエリーゼにこっちに来てくれと声を掛けます。

そこからお願いします

・・・とそっけなく返事するエリーゼですが、よく聞こえないから、とまたも引き下がらないリンデン。

しばらく会えてなかったから仕方ない・・・とエリーゼは席を立ちリンデンの方へ向いますが、足がもつれてリンデンに倒れこんでしまいました。

覆いかぶさる格好になって真っ赤になるエリーゼ。

 

と、そこへ「緊急患者です!」と言われ飛び起きるエリーゼ。

拳銃による銃傷で、心臓の損傷と肝臓の損傷の2名だと聞き眉をひそめます。

患者は誰かと聞くと、メルキトとドリスンの名前が。

それを聞いたリンデンも顔色が変わるのでした。

外科医エリーゼ115話の感想&次回116話の考察予想

リンデンのエリーゼ愛は留まることを知らないという感じです。

会いたいから来た、なんて言われたら誰でも嬉しいですよね。

仕事が片付かないのは困りますけど。

 

でも、エリーゼは確かに働きすぎですから、ちょうど良いのでしょう!

なんだかんだ言って、エリーゼは結局折れてしまう姿も可愛いですし。

あくまで仕事をする体でエリーゼを呼ぶなんて、リンデンも可愛い!

 

それにしても、ここで貴族派と皇帝派の諍いが表面化してしまうということは・・・。

やっぱりエリーゼの知っている未来とは何かが違ってきてしまうのでしょうか?

よい結果に向っているようには今のところ感じませんが、きっと二人をエリーゼが助けることになると予想します。

そのことが、各派閥に、リンデンにどんな影響を与えるのか、これからの展開が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』115話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ここがポイント

ebookjapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
特に漫画は約21万冊を揃えており、『外科医エリーゼ』も取り扱っています。
さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!
外科医エリーゼを漫画を楽しみたい全ての方におススメです。

会員登録不要で今すぐ読める/

お得なセールを頻繁開催!

≫≫漫画『外科医エリーゼ』の116話のネタバレはこちら