シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ

漫画シャーロットには5人の弟子がいるは原作、漫画YongYong先生の作品です。

今回は「シャーロットには5人の弟子がいる」の8話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

ダン率いる黒い月の誘拐事件をきっかけに、シャーロットは5人の弟子のことを町の人たちに聞いて回りました。

すると、予想もしない答えが返ってきます。5人ともに、酷い噂ばかりで中には死んだと言う者まで!

今まで自分の耳にまったく入ってこなかったのは、ジェフリーが手を回していたのだと思ったシャーロットはジェフリーに会いに行きます。

≫≫他の話数ネタバレはこちら

シャーロットには5人の弟子がいるの【8話】の考察予想

ゴジさん
シャーロットには5人の弟子がいる【8話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

シャーロットが姿を消して8年の間、弟子たちは様々な事件(?)を起こしていたようです。

ジェフリーが自分の耳に入らないよう、手を回していたと知ったシャーロットは・・・。

シャーロットにかけられた呪い・・・!?

5人の弟子たちは、8年間でとんでもない事件を大量に引き起こしていたようです。

シャーロットには新しい人生を送って欲しいと思ったジェフリーが手を回して表に出ないようにしていたのです。

シャーロットは弟子たちを見捨てるつもりはない、と言い放ちますが、ジェフリーはシャーロットにかけられた「呪い」のことを口にするのでした。

黒装束の男と対面!

まずダンの誘拐騒動をどうにかしようと動き出したシャーロット。

調査をしていると、明らかに様子のおかしいマントの男に襲われそうになります。

すると、黒マスクに黒装束の男が現れて・・・。

シャーロットには5人の弟子がいる【8話】ネタバレあらすじ

シャーロットに胸ぐらを掴まれて、ジェフリーはあっさり認めます。

弟子達はもう子供じゃないのだし、シャーロットも新たな人生を送りたいと言ったから、自分のことだけ考えて欲しかった、とジェフリーが弁解しました。

シャーロットは1つだけ聞く、と言って、噂の中で事実はあるか?と尋ねます。

そんなこと気にするな、とお茶を濁すジェフリーですが、シャーロットが魔法を使うことを気遣っています。

今の状態でこれ以上魔法を使うのは危険だ・・・と。

そんなことわかっているとばかりに・・・思いっきりデコピンをジェフリーにお見舞いするシャーロット。

 

ジェフリーは観念して、8年間弟子たちが起こしたという事件の資料を見せます。

ドッサリ積まれた大量の報告書を見せられて、アイツら何をしでかした・・・とシャーロットは青ざめるのでした。

ロティー、と声を掛けて、ジェフリーは「方法を探しているよ」と言います。

何の話?ととぼけるシャーロット。

その呪いは完全に消えたわけじゃないのでしょう?弟子たちに今の状況を知らせないで死んだことにしているのも、これ以上傷つけないためだよね?とジェフリーは話を続けます。

私がどんな方法を使っても探し出すから、それまでは他のことを忘れて・・・と言いかけたとき、それまで黙って聞いていたシャーロットが口を開きました。

新たな人生を送ると言ったのは確かだが、弟子たちを見捨てるという意味ではない、と鋭い目でジェフリーを見ました。

知ってる、と認めるジェフリー。

恋を見つけるということも、弟子たちの前から姿を消す言い訳に過ぎないよね、と言うジェフリーに対して、「いや、それは本当だ」と真顔で答えるシャーロットなのでした。

 

シャーロットが去ったジェフリーの執務室は、嵐が吹き荒れたかと思うほどの惨状でした。

床に寝転んでいるジェフリーは、嫌われたかな、とつぶやきます。

そして、この世に君と私、二人きりになれたらいいのに・・・とシャーロットの弟子たちの報告書に目を落とすのでした。

 

翌日、シャーロットは一人で出かけます。

弟子たちに手紙一枚で自分の死を受け入れさせようと思ったことを後悔していました。

呪いのことを考え、弟子たちに完全に自分の死を受け入れさせなければ、と覚悟を決めました。

 

まずは、気になっているダンの起こした誘拐事件を調べに行きます。

連れていかれた場所に行ってみるシャーロット。

すでに撤収しているだろうと思ったのですが・・・中からマントの男が出てきました。

でも、何か様子が昨日と違います。

おかしいと思ったシャーロットは、その男に道を聞くフリをして声をかけてみました。

 

シャーロットの顔を見た男は、可愛い顔が転がり込んだ・・・と言って目の色を変えます。

そのとき、黒マスク黒装束の人物が現れて、一撃でマント男をのしてしまいました。

倒れているマント男をなおも殴ろうとしていたので、シャーロットは「待って」と声を掛けます。

自分を助けてくれたのか?と訝しむシャーロットですが、確かめようと「ひょっとして、最近私のあとをつけてた人ですか?」と尋ねました。

シャーロットには5人の弟子がいる8話の感想&次回9話の考察予想

ジェフリーはただシャーロットに平穏な日を送って欲しいと願っているのですね。

恋心を抱いているのは誰の目にも明らかなのに、本人だけは気づかないという王道路線をいってますねー。

前世で122年も生きてきて、恋心を一度も抱いたことがないっていうシャーロットですから、仕方ないのかも?

生き返って8年経っても、恋の「こ」の字も沸いてこないシャーロット。

弟子たちの8年間を知って、ますます遠のきそうですね。

 

ダンの誘拐騒動は、自分の経験したことだけだとは思っていないシャーロット。

あそこまで至れり尽くせりの誘拐だったら、悪い噂がたつことはまずないでしょうし。

他に何かある、と思って拉致現場に行ったシャーロットですが、予感的中!

 

そしてもうひとつ、シャーロットは自分をつけている黒装束の男に気づいていたのですね。

その男が、ひょんなことから目の前に現れました。

この男の正体は?

そして、シャーロットとしてダンとの再会は果たすのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『シャーロットには5人の弟子がいる』8話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら