韓国語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ113話先読みネタバレ!ハジョンとクロエの対話、二人は友達となり互いの幸せを願う

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ113話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ113話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

ついに、元クロエとの対話が始まります!

元クロエは、ハジョンとしてどのように生活をしているでしょうか?

 

そして、自分の居場所を奪ったクロエにどのような感情を持っているのでしょうか?

※この回では、現クロエをハジョン、元クロエをクロエと表現します。

クロエに謝るハジョン

突然の呼びかけに戸惑うクロエに、ハジョンは私よと声を掛けます。

私と言われても誰かわからず、また、どこから話しかけられているかもわからないので、クロエの戸惑いは増すばかりでした。

 

ハジョンがその体の元の主人だと伝えると、クロエの表情は暗く変化します。

クロエは、「ハジョン」として生きることに慣れてきたところで、体を返してくれと言われるのではないかと不安なのでした。

 

クロエの反応にハジョンは驚きを隠せません。

元の体に帰りたいと思っていたのに、「ハジョン」としての生活に慣れていたからです。

 

ハジョンは、体を返す方法がないことを伝えながら、クロエに自分の境遇を伝えます。

「クロエ」になって、大切な人がたくさんできたこと、幸せに暮らしていること、そして、体を奪ってしまったクロエのことがずっと気になっていたこと…。

 

ハジョンは、クロエの場所を奪って家族を奪ったことに対して謝るのでした。

クロエが、体を返してほしいと願っているのではないかと、罪悪感を感じていたことを話しながら、ハジョンの感情は涙となって現れます。

クロエの気持ち

ハジョンから謝罪の言葉を受けたクロエは、ハジョンのことを恨んでなんかいないことを伝えます。

そして、自分の体験を話し始めるのでした。

 

突然「ハジョン」に憑依したことに、驚きと恐怖したが、ハジョンの記憶と貯金ですぐに生活には慣れたそうです。

知っている人はいなかったが、元々クロエには友だちも、大切に思う家族もいなかったので、知り合いがいないことが逆に良かったと思えたのでした。

 

そして、新しい気持ちで新しい生活をスタートさせ、今では資格試験の勉強をしています。

相変わらず人と話すのは苦手だけど、「ハジョン」のいる世界では、それでも何かできることがあることを嬉しく思っていました。

 

クロエは、「ハジョン」となった今の生活に幸せを感じていたのでした。

そして、クロエはハジョンに、新しい生活をくれて、生きがいをくれてありがとうとお礼を言うのでした。

クロエの初めての友達、そして、別れ

クロエは、いつかハジョンが現れて体を返してくれと言われないか不安だったようです。

 

二人は、お互いに今の人生を幸せに歩んでいることに安堵します。

そしてハジョンは、お互いに今の人生を精一杯生きて、幸せになることを提案するのでした。

 

もう二度と会話をすることは出来ないけど、お互いに新しい人生に感謝しようと話すハジョン。

もう二度と会話ができないことを、寂しく思うクロエ。

 

ハジョンはクロエに、二人はもう会えなくても、お互いの人生を応援し合う友達だと伝えます。

初めて友だちができたと、クロエは涙します

 

そして、ハジョンの幸せを切に願い、自分も必ず幸せになると決意するのでした。

幸せになることを約束して、二人の対話は終わり、ハジョンの涙は水晶に零れ落ちるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ113話の読んだ感想

クロエが一所懸命に生きている姿が見れて、ホッとしましたね!

なによりも、二人が同じ気持ちで、友だちになって、新たな人生を謳歌するきっかけとなったことが嬉しいです!

 

クロエに対する罪悪感が解消できたハジョンには、これからもっと幸せになってほしいですね!

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』113話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」114話はこちら