悪女は変化するネタバレ&感想

漫画「悪女は変化する」13話は漫画好調先生、押し花先生、希羅月(Comicloft)先生、cheomji先生、NUNOIZ先生の作品で、ピッコマで配信中です。

 

政略結婚をした「北方の怪物」レンと、「悪女」エルザネスでしたが、愛が芽生えるのでしょうか。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「悪女は変化する」の13話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

悪女は変化するの【13話】の考察予想

ゴジさん
悪女は変化する【13話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

二人の令嬢リリエルとエルザネス。

ロベリア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢のうち、次女のリリエル・クロッカスは、周りの人たちから愛され、聖女と呼ばれる一方で、長女のエルザネス・クロッカスは悪女と呼ばれています。

 

周りの人たちからすれば正反対の2人なのですが、本当にそうなのでしょうか。。

 

長女のエルザネス・クロッカスは淡泊な性格をしていますが、次女が政略結婚を嫌がり自らの命を落とそうとしているのを止めるため、自分自身が身代わりになるなど、人の心を誰よりも大切にしているようにみえます。

 

エルザネスの本当の姿はどこにあるのでしょうか。

今後、エルザネスの人柄や心情にも注目していきたいところですね。

「ロベリアの悪女」と「北方の怪物」は愛を知ることができるのか。

ロベリアの悪女、エルザネス・クロッカスと北方の怪物、レンは政略結婚をしましたが、果たして2人は本当の愛を知ることができるのでしょうか。

 

夫と妻という立ち位置になり、2人に何か変化することはあったのでしょうか。

 

13話ではレンがエルザネスを気遣う姿が描かれていますね。

エルザネスの気持ちを大切にしたいと言っていますが、まだ本当に好きという感情は見受けられないように思います。

 

お互い、他人ではなく、妻と夫としての実感が湧いてきたというところでしょうか。

まだまだ、距離感が気になるレンとエルザネスですが、これからの進展が楽しみですね。

悪女は変化する【13話】ネタバレあらすじ

レンと執事は、今後の予定を確認しています。

明日、エルザネスはブラック騎士団から忠誠の誓いを受けに行く予定です。

 

夫のレンは、ホワイト騎士団は少し荒っぽいところがあり、今は妻であるエルザネスと会わせるのは得策ではないと考えます。

そこで、ホワイト騎士団には午後まで演武場を離れないようにと伝えることにしました。

 

夜になり、業務が終了します。

レンとエルザネスはベッドに座りながら話をしています。

この時間は夫婦にとって、とても大切なコミュニケーションの時間ですよね。

 

レンは、エルザネスのことをとても気にかけている様子が伺えます。

義務よりもエルザネスの気持ちを大切にしたいようです。

こんなこと言われてしまったらすぐに好きになってしまいますよね♬

 

エルザネスはどう思っているんでしょうか。

少しずつ、前よりもエルザネスの表情が柔らかくなってきたのかなと思うのは私だけではないはずです。

 

エルザネスがブラック騎士団に挨拶に行く日がやってきました。

 

13話では、執事見習いのユーリッヒが、祖父の代わりに妻であるエルザネスのスケジュール管理をすることになったようですね。

ユーリッヒがブラック騎士団まで案内してくれるようです。

 

ホワイト騎士団は、昨日午後まで演武場を離れないようにと伝えられたので、演武場にいるようです。

休み時間に自分たちの実力を見せ合っていますね。

みなさんとても強そうですが、けんかっ早いところもありそうです。

敵に回したくないタイプですよね。。

 

一番の実力者はエリーナという金髪の女性のようですね。

お美しいです。

 

あれ、ユーリッヒは見習いだからなのか、あまり道を分かっていないようです。

エルザネスをブラック騎士団まで案内しなければならないのに、地図が読めないようです。。

 

見習いとはいえ、敷地内の案内くらいはできてほしいといったところでしょうか。

見た目がかわいいから許されてしまいそうですね。

 

適当に案内してしまいました。道案内を一か八かの勝負にでましたね。

 

おっと。。ユーリッヒに案内されて向かった先は、ホワイト騎士団でした。

見習いとはいえ、まずいことをしてしまったようです。

ユーリッヒはどうなるんでしょうか。今後の成長に期待したいと思います。

 

エルザネスは、ここがホワイト騎士団だと気づいていないようで、忠誠を受けにきたと挨拶をしています。

ホワイト騎士団はみなさんびっくりしていますね。

何も聞かされていないので当然といえば当然です。

悪女は変化する13話の感想&次回14話の考察予想

悪女は変化する13話では、レンは北方の怪物と呼ばれていましたが、正反対の部分をみることができましたね。

ギャップ萌えしてしまいます!

 

普段はクールに振舞っていますが、妻のエルザネスのことを常に気を使って行動している部分がとても印象的でした。

あんな風に接してくれたらすぐに惚れてしまいます。

エルザネスは、まだそのことにあまり気づいていないようなので、少し鈍感なようですね。

 

お互いに、人にはとても優しく接することができるのに、自分のこととなると、どうでもよくなってしまうのでしょうか。

2人は少し似ているところがありますね。

 

さて、ブラック騎士団と間違えてホワイト騎士団に案内されてしまったエルザネスですが、どうなってしまうのでしょうか。

いきなり暴言をはかれたりしてしまわないといいのですが。。

 

個人的には、レンがどのような対応をとるのかもたのしみなところです。

しっかりと奥さんを守ってあげてくださいね♪

 

今後の展開も楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』13話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『悪女は変化する』の14話のネタバレはこちら