韓国語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ115話先読みネタバレ!フォートナム夫人の出産と、2回目の越冬準備で運命的な出会いをするクロエ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ115話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ115話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

聖国で秘密を打ち明け、さらに愛を深めたクロエとアルフォンス。

 

帝国に帰ると、またいつもの日常が始まります。

フォートナムの出産

帝国で日常に戻った二人の関係は、秘密を打ち明ける前と何ら変わることはありませんでした。

 

そこに、吉報が届きます。

フォートナム夫人の子供が生まれたのでした。

 

さっそく駆けつけたクロエは、フォートナムの子供を見て可愛くて、さらに嬉しくなります。

フォートナムは、クロエもすぐに子供を授かると、クロエとアルフォンスに半分ずつ似ればどれだけ可愛い子が生まれるか楽しみだと話します。

 

フォートナムの言葉に、クロエはまだ見ぬ自分の子を想像して楽しみなりますが、まだ自分のしたい仕事があるので子供を強くは望んでいないと話すのでした。

 

なかなか子供ができない悩みは、解消できてませんでしたね。

同時に、子供が出来ようが出来まいが、アルフォンスは自分を愛してくれるという自信も沸いてきます。

フォートナムへの出産祝い

クロエは、赤ちゃんとフォートナムにプレゼントを用意していました。

 

紅茶好きのフォートナムが、妊娠期間にずっと我慢していたことを知っていたので、紅茶を要しました。

授乳によりカフェインが赤ちゃんに影響を与えることも考えられますが、この時代は乳母を雇うのでそこはクリアできてます。

 

クロエは準備したプレゼントは、ディンブラ、ウバ、ヌワラエリヤなどのセイロンティーの茶葉たちでした。

セイロンティー好きなフォートナムは目が輝きます。

 

そして、クロエの優しに思わず涙ぐむのでした。

クロエとフォートナムは、本当に仲の良い親友です。

 

クロエは、お茶によって繋がった大切な人たちとの縁を噛み締めながら、お茶を好きでよかったと感じるのでした。

 

クロエは、新茶のヌワラエリヤを一緒に飲もうと誘います。

フォートナムは、ノリノリで、自分がお茶を淹れると張り切ります。

 

しかし、長いことお茶を淹れてないので、上手く淹れられるか不安にもなりますが、クロエが手伝い、二人は久々のティーパーティーを開くことになりました。

2回目の越冬準備での出会い

季節は変わり、クロエは2回目の冬を迎えようとしています。

 

去年の経験をもとに、今年も越冬の計画を立てはじめるクロエ。

家の状態を調べて必要なものを整理し、商人の巧みな営業の中でも必要なものだけを買いそろえました。

 

そして、わからないことは、恥ずかしがらずにロックウッド夫人やキエルに聞いて、越冬準備をしっかりと済ませたのでした。

 

ただ、昨年と違ったことは、商人が勧めたルース大公国直輸入のある物を発見したことです。

「それ」は、クロエがハジョンの頃から欲しいと思っていたもので、即決で購入しました。

 

炭や薪を使う「それ」を購入したクロエは、大満足です。

アルフォンスとの幸せなティータイム

越冬準備も終わり、二人でお茶を飲みクロエとアルフォンス。

 

今年採れたアッサムを淹れると、アルフォンスは気に入ったようです。

その姿に、以前は何のお茶が好きかもわからなかったアルフォンスが、好きなお茶を選べるようになっていると、お茶を紹介した喜びを感じます。

 

そして、愛する人と好きなことを一緒に喜べることに幸せを感じるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ115話の読んだ感想

クロエになってからの人生が、お茶によって築かれた人との縁で幸せになっていったことを感じれる話でした。

 

それにしても、クロエが何を購入したのか、気になります…。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』115話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」116話はこちら