廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ64話【ピッコマ漫画】公王のプレゼントは、カレー?!皇帝からの文句の手紙は、のろ気の手紙。

漫画廃妃に転生した私は小説を書くは原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「廃妃に転生した私は小説を書く」64話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

前回63話では・・。

衛皇貴妃は、倪弗と四全が一緒に居る所を目にします。

四全に、倪弗が宦官だと推理していると正体が気付かれません。

 

新しい食材探しに市場に向かいます。

滞在先で、公王が帰りを待ち構えて・・。

≫≫前話「廃妃に転生した私は小説を書く」63話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く64話の注目ポイント&考察予想

今回の大成功に、褒美のカレーを渡す小公王。

衛皇貴妃は、その懐かしい味に驚きを隠せません。

 

どうしてカレー好きと知っているのだろうと不信感にさいなまれる衛皇貴妃。

倪弗は、その褒美が気に入りません。

 

カレーを作って、みんなにご馳走するも倪弗だけが好まないと拗ねてしまいます。

そんな嫉妬の塊となった倪弗は、四全に手紙を送るのでした。

 

四全は、その手紙を見るなりこれは一大事が起っていると思い衛皇貴妃の擁護の内容の手紙を書き始めます。

 

倪弗の手紙の裏に、目が止まり何か書いてあるのではと気付くと・・。

そこには、衛皇貴妃とのラブラブな内容が書かれてありました。

 

安心しますが気持ちを弄ばれたような気がして、手紙を燃やしてしまう四全でした。

 

一方、倪弗が作ったと言う食事を食べていた衛皇貴妃は・・。

美味しいけれど、味付いていない食事を摂らされていました。

 

それは倪弗が、ワザと塩を入れずに作った食事でした。

側使えは、倪弗のした事を責めますが衛皇貴妃だけはなぜか?彼のした事に怒る気持ちになれません。

 

何か、親しみを覚える存在だからでした。

廃妃に転生した私は小説を書く64話のネタバレ込みあらすじ

大成功への報酬・・

月曼金は、皇貴妃の帰りを待ち伏せて親し気に話していると・・。

 

倪弗(皇帝)が、焼きもちを焼いて2人の中に分け入ります。

「皇貴妃さま!どこに置けばいいんですかっ!」と今にも噛みつきそうな勢いで話す倪弗(皇帝)でした。

 

倪弗(皇帝)のその勢いに、驚きながらも下がらせる皇貴妃。

皇貴妃は「今日のご用向きは・・?」と月曼金に尋ねます。

 

月曼金は「今回の大成功を祝って、プレゼントを持ってきました。」と金色の箱を渡しました。

開けると中には、山吹色の固形物が・・。

 

皇貴妃が、舐めてみるとどこか懐かしい味を思い出します。

 

「んっ?もしかして・・、カレーなの?!」と驚いて・・。

「カレー、ご存じでしたか?」

 

「これは海外から渡来した、大変珍しいもので滅多に手に入らないものです。必要であれば、いつでも手配します。」と月曼金が、告げて去って行きました。

皇貴妃の大好物・・

皇貴妃は、厳しい顔で呟きます。

「おかしいわ・・。わたしがカレー好きと知っているような言い方だったわ・・。」

 

「前世でカレー好きと言うことを、転生後に誰にも話していないのに・・。」と心で呟くも、たまたまに過ぎないと思う皇貴妃。

月曼金が、知っているはずがないのです。

 

早速、カレーを試すことに・・。

同行者たちは、目の前に出されたカレーに苦悶の表情を浮かべます。

 

しかし、一口食べてみると一同口を揃えてその美味しさに絶賛しますが・・、1人だけ気に入らない者がいました。

 

倪弗(皇帝)だけは「見た目も悪いし、鼻に刺激を与えるし、味もよくわからん!」と1人文句を言い始めます。

「あら~。わたしは、カレー大好きなんだけど・・。」と困り顔の皇貴妃でした。

 

その時、倪弗(皇帝)はひとり言をボソボソと呟きます。

 

「本当に欲しいのなら私に言えばいいのに・・。カレーがどれ程のものだ!」と倪弗(皇帝)の呟きは皇貴妃に、伝わりません。

 

皇貴妃は、倪弗(皇帝)のプライドが高くて生意気な宦官だと思っていました。

皇帝からの手紙・・

ある夜中に、皇帝は皇貴妃への不満を爆発させた内容を四全家令に送り付けました。

四全家令は、皇帝からの手紙に何か問題が生じたのかと気を引き締めます。

 

手紙を読むとそこには、嫉妬に怒り狂った皇帝が見えくれして・・。

その内容は、月曼金に対しての皇貴妃の態度がおかしいと言う内容がびっしりと書かれてありました。

 

四全家令は、手紙の内容を読んで呆れてしまいます。

 

しかし、その手紙に怒りだけではなく皇貴妃の気持ちが、月曼金に傾いているような疑いを持つ内容を見て取れて危機を感じる四全家令。

 

四全家令は、必死に皇貴妃を守る内容の手紙を書き始めます。

手紙を書いていると、皇帝の手紙の裏にも何か書かれているのに気付きました。

 

そこには、何と!皇貴妃に対するのろけ話が書かれていたのです。

 

「手紙のオモテは、ヒマ潰しに読むといいぞ!」と書かれてあるのを読んだ四全家令は、思わずその手紙を燃やしてしまいました。

 

深いため息もと共に、安堵と怒りが込み上げてくる四全家令。

 

「酷すぎる・・。宦官の個人の権利はないのですか?!皇帝!さっきの私の心配した気持ちを返してください・・。苛めないで・・!」と1人涙を流して訴える、四全家令でした。

 

その頃、皇貴妃は食事を摂っていました。

しかし、その食事は不味くはないものの塩味のないものでした。

 

「これは倪弗(皇帝)が、作ったのよね?」と塩味がないと側使えに話します。

側使えは「皇貴妃は、この様なことをされても・・。」と優しすぎますと・・。

 

「良く分からないんだけど、倪弗(皇帝)にはおこれないの・・。」と話す皇貴妃。

知らず知らずに、どこか皇帝を感じているのでしょうね。

廃妃に転生した私は小説を書く64話の感想&次回65話の考察予想

今回のお話しは、月曼金が皇貴妃の作戦の大成功のプレゼントにカレーを選んだと言う事と何をしても倪弗を怒れないと言うどちらも不思議な思いを持つ皇貴妃の気持ちが感じられたお話しでした。

 

もしかすると月曼金も、転生した人物かも知れません。

それも皇貴妃が、転生前にいた時代の身近な人物のように思えてしまいます。

 

それは、皇貴妃が転生前にカレーが好物だと知っていた人物だと感じたからです。

彼もまた、幼い頃はその存在を知られない人物だったが、ある時期を境に勢力を付けて伸し上がって来たからです。

 

どこか皇貴妃と似ているように感じるのは、私だけでしょうか?

 

皇帝は、姿形を変えても皇貴妃は倪弗と言う人間を憎めないと感じている辺りは、皇帝との絆の深さを感じてしまいます。

 

お二人は、心で繋がれた運命の人なのかも知れませんね。

 

さて次回は、今回の成功を収めてた皇貴妃が次のチャンスを伺さている模様です・・。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』64話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

廃妃に転生した私は小説を書くの64話のまとめ
  • 公王からカレーの褒美を貰う衛皇貴妃。
  • 衛皇貴妃が、カレー好きと言うことを知っているのかと公王に疑念を抱きます。
  • 月曼金こと皇帝は、四全家令に愚痴の内容の手紙を書きますが・・。実は、お惚気でした。
  • 衛皇貴妃は、月曼金がいたずらに味付けをしない食事を作られて・・。なぜか、怒る気になれません。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」65話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら