ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ61話【ピッコマ漫画】カルルの亡き母について聞くエステル

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」61話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
エメルと父親は「混ざった子」としてのエメルの未来を心配し、真剣に話し合いました。
話が終わると父親は、こっそりとエステルの眠っている部屋に入り、寝ぼけているエステルに優しく語り掛けるのでした。

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」60話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった61話の注目ポイント&考察予想

エステルの父親の恋バナが明らかに?!

今回は、エステルが、父親の公爵が少年だったころから仕えていた人物に話を聞くシーンがあります。

エステルは以前からカルルの母親である、亡くなった公爵夫人に興味を持っていたので、それがやっと聞けるわけですね。

 

仕えていた人物とは、カスティージョ家騎士団の団長アスターです。

アスターはマスターと呼ばれる剣とオーラの達人ですが、エステルの前では穏やかなジェントルマンといった雰囲気。

 

上品そうなアスターから、エステルはどこまで父親の恋バナ?が聞けるのでしょうか。

ある日、私は冷血公爵の娘になった61話のネタバレ込みあらすじ

刺繍の練習

エステルはアニーやエメルに見守られつつ、刺繍の練習をしています。

 

エメルはウサギの刺繍を「カエル?」と言ってからかいますが、アニーは飲み込みが早いと褒めてくれました。

でも最初の刺繍は、まだ出来上がりに不満があるエステル。

 

そこで、練習の刺繍のハンカチはエメルにあげて、もっと上手になったらパパやカルルにあげることにしました。

久しぶりの乗馬

だいぶ元気になったエステルは、反対されるかな?と心配しつつ、馬に乗りたい!と護衛のロイにお願いしてみました。

するとロイは、あっけなくOKをしてくれます。

 

翌日、ポニーに乗ってちょっとお散歩、と思っていたエステルですが、エステルをしっかりと守るため、カスティージョ家の騎士団である、ウルフ騎士団の団員たちと一緒に馬に乗ってお出かけすることになってしまいました。

 

目的地に着いた頃にはクタクタのエステル。

騎士団長アスターの座っているベンチの横に座り、休憩をとることにします。

カルルの母親の話をアスターに聞く

アスターはエステルの父親の公爵がまだ少年だったころから仕えていたのだとか。

そこでエステルは、父親のこと、とりわけ兄カルルの母親との思い出についてアスターに聞いてみました。

 

カルルの母親は地方の男爵家の三女でコニアといいました。

ある日、コニアが妊娠したという理由で、突然結婚することにした公爵でしたが、コニアの噂は瞬く間に社交界に知れ渡ります。

 

現在の皇后は、当時伯爵令嬢でしたが、嫉妬からコニアをいじめたため、公爵はコニアとともに外部との交流を断ちました。

 

アスターの目にも、周りの目にもコニアが公爵を愛していることは明らかでした。

そして予想外なことに公爵もまたコニアを愛していたようです。

 

アスターは、エステルの質問でコニアと公爵の過去を鮮明に思い出しましたが、エステルに多くを語ることはしません。

コニアのことは「平凡な方」と話し、父親がコニアを愛していたか?という質問も、自分の口から言うことではないと言って、エステルには話しませんでした。

帰宅後、エメルにお土産を渡すエステル

屋敷に戻ると、馬でのお散歩で拾ったきれいな樹液の塊をエメルにプレゼントするエステル。

 

そしてエステルは、団長のアスターは父親が公爵になるずっと前から一緒にいたことをエメルに伝えます。

じゃあエメルも…、とエステルが言いかけると、すべてを言う前にエメルは答えをくれました。

 

いつまでもエステルのそばにいると…。

そして笑いながら、エステルが結婚して子供が生まれたら、その子供の護衛につくことになるかもしれないと笑うエメル。

 

エステルはそんなのずっと先の話だよ、と言いつつも、二人は楽しく笑いあうのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった61話の感想&次回62話の考察予想

アスターは上品で思慮深い人物なので、大事にしているエステルから聞かれた話とはいえ、公爵の恋愛の話はあまり話してくれませんでしたね。

もしかしたら、公爵夫人が早くして亡くなったのにも、何か悲しい事情があったのかもしれません。

 

カルルの母親は男爵家の三女ということですから、公爵家であるエステルの父親とは、身分も離れていたと言えるでしょう。

 

公爵>侯爵>伯爵>子爵>男爵の順で身分が高いので、カスティージョ家からは四段階下の身分ということになります。

当時すでに公爵に好意を持っていた、現在の皇后は伯爵令嬢とありますから、きっと自分の方が公爵夫人にふさわしと思っていそうですね。

 

色々複雑な事情が明らかになってきたので、今後の展開もますます楽しみです。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』61話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの61話のまとめ
  • エステルは刺繍の練習をしたハンカチをエメルにプレゼントする。
  • エステルは騎士団の団長アスターから、父親とカルルの母親について話を聞く。
  • エメルは、いつまでもエステルのそばにいることを改めて誓う。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」62話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら