ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ62話【ピッコマ漫画】父親は一緒に行ってくれるのか?

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」62話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
エメルは改めて、ずっとエステルのそばにいることを誓いました。
そしてエメルとエステルは、冗談を言い合って笑うのでした。

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」61話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった62話の注目ポイント&考察予想

卒業式に行けるのか?

今回はカルルから届いた卒業式の日程を知らせる手紙が波紋を呼びます。

カスティージョ家は今外部との交流を一切していないので、このままでいけば卒業式にはいかないことになるでしょう。

 

しかし当然、エステルは直接出向いて、カルルの卒業を祝いたいと思っています。

そのためにいろいろな伝え方で、父親を説得しようと試みますが…?

ある日、私は冷血公爵の娘になった62話のネタバレ込みあらすじ

カルルの卒業式

アッという間に月日がたち、エステルの手元にはカルルの卒業式の日取りを知らせる手紙が届きました。

カスティージョ家は相変わらず外部との交流を断っているので、エステルは卒業式に行けないのではと心配になります。

そこで父親に直談判に行くエステル。

 

意を決して、卒業式に行きましょう!と父親に言うと、ダメだ、と即答されてしまいます。

エステルは護衛のジンに助太刀してもらおうと、話を振りますが、ジンはしどろもどろで、うまく反論できません。

結局エステルはなすすべなく、父親に言われて部屋に帰ることになってしまいました。

エメルとの作戦会議

ジンが頼りにならないと思ったエステルは、父親の部屋から出ると、エメルに相談に行きました。

父親を説得できなかったと、しょげるエステルに、エメルは、外出を禁じていなくても父親の性格的に行くつもりはなかったのではないか、と言いました。

それを聞くと、いかないことが「カスティージョらしさ」なのかと思うエステル。

 

しかしエメルは、エステルらしさがカスティージョらしさだと言って、卒業式に行けるよう一緒に考えてくれることに。

エステルは、父親がいかないなら、こっそりエメルと二人で行くのはどうかと提案しました。

 

でも、そのアイデアだと、エメル首が飛んでしまうかも?!

アイデアが尽きて悩んでいるエステルに、エメルはエステルの必殺技を使って正面突破がいいですよ!と何やら耳打ちします。

おねだり大作戦

夜になり、改めて父親の部屋をノックするエステル。

部屋に入るよう父親が声をかけると、ドアの陰から出てきたのは、ウサギの耳をつけていつもよりさらに可愛くなったエステルでした。

 

あまりの可愛さに、感動している父親に、エステルは甘えた口調でどうしても卒業式に行きたいとお願いします。

父親は、エステルの可愛さは認めつつも、この作戦はエメルの入れ知恵だな!と指摘しました。

 

するとエステルは慌てて否定し、エメルはただ自分の気持ちを正直につたえては?とアドバイスしてくれたんだと、必死に伝えます。

そして少ししょんぼりしたエステルは、もう一生外に出られないんじゃないかと思うと不安になる…、と自分の気持ちを告白しました。

 

父親はそんなエステルの本心を聞いて、やっぱり卒業式に行こうと言ってくれました。

でも父親は、その代わりウサギの耳は没収だと、エステルの頭から外してしまいます。

 

エステルは、ウサギの耳はそんなに変だった?としょげています。

でも、本当は、ウサギの耳のエステルが可愛すぎて、父親はほかの人に見られたくないから…。

ある日、私は冷血公爵の娘になった62話の感想&次回63話の考察予想

カルルの卒業式に行くことを無事に父親が了承してくれてよかったですね。

私も父親同様、ウサギの耳をつけていく作戦はエメルの入れ知恵だと思っていましたが、以外にもエステル発案!

 

この作戦を10歳児で思いついたとすると、エステルの成長が末恐ろしいですね。

あざといい女になっていくのでしょうか?

 

余談ではありますが、ウサギの耳をつけて王道可愛いエステルもとても素敵でしたが、ウソがつけず、でもエステルの味方もしたくてしどろもどろになってしまうジンもなかなか可愛いと思いました。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』62話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの62話のまとめ
  • カルルの卒業式の知らせが届き、エステルは父親に行きたいと伝えるが、断られてしまう。
  • エステルはどうしても卒業式に行きたいので、エメルに相談する。
  • エメルのアドバイスを聞いて、改めて甘えながら父親に本心を話すと、卒業式に一緒に行ってくれることになる。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」63話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら