韓国語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ118話先読みネタバレ!紅茶の普及とジン中毒問題を同時に解決!?新製法、CTC茶葉

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ」118話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ118話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

キーナン子爵暴行事件の解決は、アルフォンスとアーサーに任されました。

 

必要以上にアルフォンスを意識しているアーサーですが、果たしてうまくいくのでしょうか?

 

キーナン子爵暴行事件の結論にホッとするクロエ

二人きりのティータイム中、反逆罪が適用されなかったことを聞いたクロエは、一安心をしました。

同時に、キーナン子爵の怪我がひどくないことも気にかけていました。

 

クロエ、どんだけ優しいんでしょう!

この件について尽力してくれたアルフォンスに、クロエは感謝します。

 

ジン中毒問題が心配なクロエですが、最善を尽くすというアルフォンスの言葉に、笑顔が戻ります。

新製法のミルクティー

今日は、新製法で作ったアッサムを飲もうと、クロエが新しい茶葉を持ってきていました。

砂のような大きさで、鉄観音のような形のCTC茶葉を不思議そうに見つめるアルフォンス。

 

茶葉が小さく、砕いてい作っているため、すぐに濃い紅茶が淹れられるのが特徴のようです。

さっそく飲もうとするアルフォンスに、CTCは濃すぎるのでストレートではなくミルクティーが合うと勧めるクロエ。

 

一口飲んだアルフォンスは、お茶の濃さを感じながら、苦手なはずの甘味を感じないことに、クロエに対する気持ちが味覚すらも変えてしまったのかと考えます。

CTCは、香りが荒っぽい反面、味が濃いので、濃い目のミルティーを作るのに最適だそうです。

クロエの願いを叶えるCTC

アルフォンスがCTCをクロエが考えたのかと尋ねると、前世の製造法を基に、機械がないので手作業で少量だけ作ってみたと答えます。

さらに、おいしいミルティーのために作ったのかと尋ねると、それと同時に大量生産をするために試作したことを話すクロエでした。

 

CTCは、低品質の茶葉でもある程度の味を出せて、製造時間も短く、失敗率が低いそうです。

CTC工法の常用化が実現すれば、より多くの人が紅茶を飲むことが出来るのです。

 

しかし、機械がないので、すぐに常用化するのは難しく、さすがのクロエも製法はわかっても機械は作れないと悩んでいるのでした。

 

クロエの話を聞いたアルフォンスは、アルコールの入っておらず栄養がある飲み物が流通すれば、ジンの消費量が減りアルコールによる健康問題と犯罪を減らせるのではないかと考えます。

そして、価格と供給問題を解決すれば、貴族の文化に憧れを抱いている市民たちの間で紅茶をはやらすことは容易いと結論を出すのでした。

 

考えがまとまったアルフォンスは、クロエを抱きしめて帝国全員の奇跡だと、そして、自分の妻として転生したことに幸せを感じると伝えます。

アルフォンスの言葉に喜ぶクロエを、アルフォンスは絶対に手放さないと誓うのでした。

 

その頭にはアーサーの姿が思い浮かびます。

クロエは、世界を超えてアルフォンスに会いに来たと、ずっとそばにいるからアルフォンスもずっとそばにいてほしいと伝えるのでした。

 

そして、二人はキスをします。

公爵夫人の50のお茶レシピ118話の読んだ感想

クロエの優しさには、驚きしかありません。

キーナン子爵の怪我のことまで気にかけているなんて…。

 

CTCは他人でも多くの人に紅茶を飲んでほしい、そして、ジン中毒問題も解決したいクロエの願いを叶えてくれるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』118話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」119話はこちら