余命僅かな悪女にハッピーエンドを ネタバレ26話|ピッコマ|ついに見つけた犯人の手掛かり。手紙の内容にクレアは…。

漫画余命僅かな悪女にハッピーエンドをは原作Harasyo先生、漫画サケ先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」26話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

犯人探しを始めたクレア。

自分宛に届いた手紙から手がかりを探すことに。

 

しかし届いた10通のうち6通は悪質な内容で手がかりにはなりませんでした。

≫≫前話「余命僅かな悪女にハッピーエンドを25話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話の注目ポイント&考察予想

犯人とサラミ侯爵からの招待

届いた手紙に犯人からの手掛かりはないと思った矢先、見つかった手紙。

内容は、クレアに対する憎悪、また殺してやるといったものでした。

 

まさしく犯人からの手紙です。

 

どうやって差出人を特定しようとした矢先に思いついたのはパンでした。

しかし暫くの間、クレアはパンを見かけていません。

 

クレアに従順なパンが、勝手にクレアの元を離れることはないと思います。

遠くからクレアを見守っていて、そのうち犯人の特定もしてしまうのでは?

 

またサラミ侯爵からお茶会の誘いがありました。

これは全員に送られているのだとクレアは言っています。

 

もしクレアが結局サラミ侯爵のお茶会に参加することになったら、また犯人に狙われてしまうのではないでしょうか。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話のネタバレ込みあらすじ

残りの手紙

クレア宛の手紙は10通。

そのうちの6通は脅迫や呪いの手紙。

 

そして残りの4通のうち2通は事業について、もう2通はお茶会の招待状でした。

犯人の手掛かりになるものは見つからず、捜索に不安が生じるクレア。

 

正直お茶会に関しても、体力が不安です。

 

いっその事アイザックに開いてもらえば、犯人も来るのではと思いました。

 

とはいえ、そんな簡単に捕まるわけはありません。

クレアはアイザックが来る前に手紙を片付けることにします。

見つけた1通の手紙

片付けようとしたとき、クレアは手紙を落としてしまいました。

手紙の内容にイラつきながらも片付けるクレア。

 

すると机の下にもう1通手紙があることに気が付きます。

なんと新米侍女が震えていたときに落としていたのです。

 

早速手紙を開けるクレア。

そこにはクレアへの殺意で満ちた内容が

 

クレアは他の手紙と違い、深い憎しみを感じました

内容からクレアは犯人からの手紙だと推測します。

犯人は一体…

犯人からの手紙には勿論差出人名はありません。

クレアはどう特定しようか悩みます。

 

そこでよぎったのはパンの存在です。

 

正直、伯爵邸で倒れてからパンのことを忘れていました。

パンを暫く見かけておらず、何をしているかも分かりません。

 

パンは何をしているだろうとクレアは思います。

 

また、クレアと犯人の間に何があったのか。

なぜクレアを狙っているのか

 

考えることが多すぎて、クレアは疲れてしまいました。

クレアのことが心配な侍女たち

考え疲れて眠りかけていたそのときノックする音が。

クレアは慌てて手紙や髪の毛を隠します。

 

入ってきたのは慣れている侍女たちです。

侍女たちはクレアのことが心配で様子を見に訪れてきました。

 

侍女たちは心臓発作だったり目が見えなくなること、それらが同時に起こるやらクレアのことを聞き、心配に思ったようです。

 

クレアは話が大きくなっていることに驚きますが、ひとまず侍女たちを落ち着かせることにします。

内心では侍女たちにも心配されていることを嬉しく思いました。

お茶会への誘い

侍女は机の上に手紙があることに気が付き、クレアに誰から招待されたのか聞きました。

クレアは“ティラン伯爵”と“サラミ侯爵”だと答えます。

 

“サラミ侯爵”に反応する侍女たち。

一方でクレアの記憶には存在しませんでした。

 

ただ接点が無いだけなのか、記憶を失ってしまったのか。

 

クレアは両方行くのは難しいだろうとどちらに参加しようと悩みました。

サラミ侯爵

悩むクレアの横で目を輝かせる侍女たち。

クレアは言いたいことがあるのかと聞きました。

 

サラミ侯爵は美しいと有名で、男女問わず一目惚れしてしまうので常に仮面をかぶっているとのこと。

 

大興奮の侍女たちに対し、クレアは興味はありません。

 

さらにサラミ侯爵は通称“夜の皇帝”といわれております。

クレアはそのことを聞き、サラミ侯爵の元へ行くのは絶対辞めることにしました。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話の感想&次回27話の考察予想

犯人からの手紙、ゾッとしますね。

他の手紙も髪の毛やら気持ち悪かったですが、クレアも言っていた通り、他の手紙とは違う雰囲気がありました。

 

犯人を探すにしても、クレアはまた危機に陥ってしまうのではないかと思います。

 

そしてパンは今頃何をしているのでしょうか。

もしかしたら毒殺事件のことを知り、独自に動いているかもしれませんね。

 

サラミ侯爵は貴族全員を招待していると言っていましたね。

全員が招待されているお茶会に行くのは危なそう…。

 

行かないと決意していたクレアですが、何だかんだ行かざるを得なくなるのではないでしょうか。

まとめ

今回は漫画『余命僅かな悪女にハッピーエンドを』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話のまとめ
  • 残り4通のうち2通は事業に関わるもの、もう2通はティラン伯爵とサラミ侯爵からのお茶会の招待状でした。
  • クレアが手紙を片付けようとすると、もう1通落ちていることに気が付きます。その手紙こそ犯人からでした。
  • クレアはなぜ自分が狙われているか考えているうちに疲れてしまいます。眠りそうになっていると、クレアのことが心配な侍女たちが部屋に訪れます。
  • 侍女たちはサラミ侯爵からの招待に大興奮。なぜならサラミ侯爵は美しいことで有名で、通称“夜の皇帝”だと呼ばれているからです。
  • 侍女からの話を聞いたクレアはサラミ侯爵のお茶会には参加しないようにしようと決めました。

≫≫次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」27話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら