ある継母のメルヘン ネタバレ62話【ピッコマ漫画】真相に迫るノラ/シュリーを失い悔恨の念に苛まれるジェレミー

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」62話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
アルベルンはシュリー襲撃の凄惨な現場を見て虚脱します。放心状態のままストライフェに連行され、主を守れなかった罪で処刑されようとしていました。リシュリューに情報を伝えたエヴァレットはアルベルンの命乞いをしますが…。

≫≫前話「ある継母のメルヘン」61話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

ある継母のメルヘン62話の注目ポイント&考察予想

シュリーが襲撃されてからのノラ、ジェレミー、そしてアルベルンを犠牲にしてしまった後悔に苛まれるエヴァレットそれぞれの思いが描かれています。

 

ノラは真犯人に目星をつけ始めました。

ただ、彼にとって今後戦争が起ころうが大した意味は持ちません。

 

シュリーが命を落とすことになった真相が知りたいという一心なのです。

そして、後悔ばかりが残るジェレミーはシュリーを失ってこれからどうなってしまうのか!?

ある継母のメルヘン62話のネタバレ込みあらすじ

エヴァレットは、まさかアルベルンがこんな形で罪に問われるとは思ってもいなかったので、リシュリューにアルベルンを助けてほしいと懇願しました。

 

ところが、リシュリューは生かしておけないと告げます。

アルベルンはこの事件において、教会が関わっていると判明する唯一の接点。

 

リシュリューはアルベルンが死ぬことが、最後の証拠を始末することになると冷徹な目を向けます。

輸送途中で命を奪う計画もあったけれど、アルベルンの状態を鑑みてあえて手を回さなかったとまで言いました。

 

こうなることを予想していなかったと口にするエヴァレットに、馬鹿馬鹿しいと言うリシュリュー。

 

薄々分かっていた上で行動したのは、お前の魂がこれが正しい道だと知っていたからだと嘯くと、お前を選んだ理由が勤勉な神の下僕となる資質を見込んだからだと言いました。

 

エヴァレットはリシュリューに言われたことを反芻し、正しい道だと自分に言い聞かせます。

しかし、頭のどこかで本当にそうなのかという疑念も沸いてくるのでした。

真相を探るノラ

ノラは、シュリー襲撃の真相を追っていました。

公表された内容はサファヴィーの盗賊による犯行とされています。

 

元からサファヴィーからの移民に対する差別は帝国では問題となっていました。

そのため、誰もがサファヴィーの盗賊の仕業だと信じて疑わないと予想されます。

 

黄金の獅子と言われるジェレミーが理性を失った今、進軍は避けられないだろうと思うノラ。

でも、戦争が起ころうと彼にはどうでもいいことでした。

 

ただ真相を知ることだけが目的だったのです。

皇帝から秘密裏に調査を頼まれたノラは、それは外部には知られたくないことなのだと理解しました。

 

皇帝でさえ迂闊に手を出せず、尚且戦争で利益を受ける相手を考えると、自ずと真相は見えてきます。

ノラは教皇庁に目をつけていました。

的を得たノラの言葉に

ノラがいる部屋にジェレミーがいきなり現れました。

そこはシュリーの遺体が安置されている場所でもあります。

 

ジェレミーは母に会いに来ただけだと言いました。

ノラは「母か」と呟きます。

 

人はいつだって魂の去った体を抱きしめて敬意を表しながら涙を浮かべる…独り言のように語り始めるノラ。

なぜそうなってから死者を恋しがるのか、今となっては腐りゆく肉の塊に過ぎないと言いました。

 

ジェレミーはノラの胸ぐらを掴んで壁に叩きつけます。

ストライフェになった者は亡者に対する礼儀も知らないクズになってしまうのかといきり立ちました、

 

ノラはククク…と笑いながら、失った後に悔恨に浸る奴らがくだらないと言います。

何があっても味方になってくれる相手があんなにも近くにいたのに気づかなかったんだろうと…。

 

ノラはジェレミーにお前にこんなことをする資格はないと言い放ちました。

ジェレミーの悲しみ

ジェレミーは激しい後悔に苛まれていました。

結婚式の前日、シュリーに会っていたら…それ以前にも自分から声をかけていたらと…。

 

ジェレミーはある光景を思い浮かべました。

エリアスがレトゥラン皇子にとびかかってしまった事件の時のこと。

 

皇族に無礼を働いてしまったことはのイヴァンシュタイン家にとって大事でした。

 

このとき、雨に濡れながら外で泣いているレイチェルに声をかけたジェレミー。

レイチェルは、「ニセモノ」は跪いて謝ってたと言いました。

 

ニセモノなんだからそんなことする必要ないと口にするレイチェル。

しかし、レイチェルはもしもこれからニセモノを傷つけようとする人がいたら、兄様が追い払って…と言います。

 

ジェレミーは約束すると答えました。

シュリーの遺品となってしまった宝石を握りしめ、守るべき相手はもういなくのだと胸が張り裂けそうになります。

 

今は亡きシュリーに、僕はどうすればいい?お前は今どこにいる?と語りかけるのでした。

ある継母のメルヘン62話の感想&次回63話の考察予想

ジェレミーはかなり参っちゃってますね。

きっと他の子どもたちも同様なのでしょう。

 

シュリーが心から自分たちを大切にしてくれていることを分かっていたから、それを伝えられずに逝かれてしまいました。

 

ジェレミーは特に、守るべき相手だったのに、という悔恨の思いが強いと思います。

彼らは立ち直ることができたのでしょうか。

 

そして、教皇庁の思惑通り戦争が始まってしまったのか気になります。

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』62話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある継母のメルヘンの62話のまとめ
  • エヴァレットはリシュリューにアルベルンの命乞いをするが、リシュリューは生かしておけないと言い放つ。
  • ノラは真犯人は教皇庁だと目星をつけるが、戦争が起ころうが自分には関係ないと思っている。ただシュリーを奪った真相を知りたいのだった。
  • シュリーの遺体を見に来たというジェレミーにノラは辛辣な言葉を言い放つ。

≫≫次回「ある継母のメルヘン」63話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら