テムパル〜アイテムの力〜ネタバレ9話(ピッコマ漫画)グリード新たな武器を制作する!

漫画「テムパル~アイテムの力~」原作Saenal先生、作画Team Argo先生 脚色Monohumbug先生の作品です。

 

前回は、周りのプレイヤーの平均レベルが100以上でその周辺のモンスターももちろん100レベルでした。

そんな状況で所持金が3ゴールドしか持ち合わせていないグリードは何とかこの街を脱出する方法を探し馬車を使って初心者が集まる街に行こうと思います。しかし、馬車を利用するのに10ゴールド必要で全然お金が足りず途方に暮れるグリードでした。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「テムパル~アイテムの力~」の9話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

テムパル~アイテムの力~の9話の考察予想

所持金が3ゴールドで馬車を利用するためには、10ゴールド必要ということなので何かしらの方法でお金を貯めて何とか所持金を稼ぐとは思います。

 

しかし、ゲスな主人公であるグリードはまともな方法で稼ぐことはしないような気がしますが、鍛冶職人に転職したグリードなので、なんとかそっち方面で真面目に稼いで欲しいと切に願います。

テムパル~アイテムの力~9話ネタバレあらすじ

せっかく街に来ることが出来たグリードですが、所持金が無く周りの適正レベルが100レベル以上さらにパーティーレベルも100レベル以上になっており、他の街に行くことが不可能な状況にあります。

 

そんな状況で、転職していることを思い出し、ファグマの末裔という職業になることによってアイテムを作れば金儲けもレベルアップも可能な事を思い出し、希望が見え始めました。

 

未知の職業なので、人気のない場所で能力の確認に行くと、まず、<鍛冶職人の匠>というスキルは、制作愛の無の能力値がすべての等級から10%上がる能力があります。

 

アイテムを作るとその制作したレア度によって全ステータスと名声が上がる効果もあります。
初級、中級、上級、鍛冶職人の匠の技術がマスターされ、伝説もレベル1からのスタートになります。(鍛冶職人の1位でも中級)

 

さらに、<伝説の鍛冶職人の想像>というスキルは、伝説の鍛冶職人の技術レベル+1上がる事で、新たなアイテム制作法を3つ制作することが出来るスキルがあることが判明しました。

 

<伝説の鍛冶職人の想像>を使ってみる事にしました。今回レベルアップもハントもこなせる「大剣」を作成を決めました。
すると、材料の指定があり、「青いオリハルコン」に決定し、設計図を書いたあと武器の特徴の入力が必要なことがわかりました。

 

早速、グリードは、設計図に巨大で、今日強力なサメをイメージとした大剣をイメージし、ずっしりと重いのに軽くて、暗いのに光り輝く、攻撃力は1戦万以上攻撃の度にメテオが落ちてくる、相手の防御力も無視して、一発で倒せる。とかなり矛盾した内容を興奮状態で、書くとシステムで、自動補正が入り、設計図が完成されました。

 

その武器の能力は、耐久1090に攻撃力1820防御力80素早さ+50の武器が完成しました。
しかし、その反面使用必須条件がレベル300以上筋力5000以上上級ソードマスタリーレベル8以上が必要だとでました。

 

ランク1位の人で250レベルで、すべてのステータスを筋力に振っても5000は到底足りない武器が完成してしまいました。

 

貴重なスキルで残念武器ができてしまい、グリードは落ち込みますが、自分には、装備装着の制限はないことに気づきあとは「青いオリハルコン」を入手して、この体験を作り出すことを決意しました。

 

そして、「青いオリハルコン」を求めて、それにあったパーティーに入れてもらおうと話しかけますが、尽く断られてしまいました。

 

グリードが装備している武装は、レベル60程で、パーティレベルは190後半ということで断れてしまいましたが、グリードの口にでまかせの装備は60レベルですが、レベル自体は100を超えてるとでまかせを言い、実力に自信があるから装備にはこだわりはないと言ってしまいました。

 

そう言うと、相手は、怒り出し、自分たちはアイテムの力に頼っていると怒り出しました。さらに、確信をついたかのようなアイテムだけ手に入れてさっさと逃げるつもりで、レベルも嘘だと看破されてしまい、性格までネジ曲がっているとバカにされてしまいました。

 

言い争っていると、ツェダカギルド所属の武道家ランク1位の「拳聖」レガスと言われる人物が登場しました。

 

武道家は装備の制約がきつくレベルアップが難しいと言われているのにレガスはレベルを180レベルまで上げる事ができた人物でした。

 

彼は、ボスはツェダカギルドが担当するので、他の敵の討伐を任せようと相談してきました。それでも、他のメンバーを説得できるかわからないということで、最終的にレガスと1対1の実力テストをして実力を証明しようと提案され、主人公グリードは焦り始めました。

テムパル~アイテムの力~9話の感想&次回10話の考察予想

やはり、ゲスな主人公グリードは、まともな方法でお金を稼ぐつもりはないようですね!

 

しかし、誰も使うことが出来ない武器の制作をしてしまったグリードですが、転職のお陰でその制限もなく使うことができるのはすごいアドバンテージだと思います。その反面材料集めが大変そうですね!

 

そのアイテムのためにゲスな行動によって強そうなレガスという人物が登場しました。わたし的には、戦闘シーンなどはかなり好きなので戦ってほしいのですが、現在マイナス3レベルで能力値もかなり低くなっているので、まともに戦うことが出来ないと思います。

 

次回10話では、まともに戦うグリードを見れるかもしれません。または、ゲスな主人公が自分の新しい転職の能力によって何とか認められるのか。それとも、まったくの別の展開になるのか楽しみです。

まとめ

今回は漫画『テムパル~アイテムの力~』9話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『テムパル〜アイテムの力〜』の10話のネタバレはこちら