ゴッド オブ ブラックフィールドネタバレ

漫画「ブラックフィールド」は原作雲先生、漫画SIN先生の作品です。

 

父親の会社を救うために取引相手と会う場所に自分も行くという恭弥。その当日、現れた取引相手の会社の代表として現れたのはシャフランとスミセンでした。

この2人は恭弥が戦場にいた頃に一緒に戦ったチームでした。しかし、その戦いで恭弥は何かの陰謀で死ぬ羽目に。

そしてその戦いを指示したのがシャフランだったのです。

 

驚く恭弥ですが、平然を装い、シャフランにあの戦場での恭弥であるとは気づかせません。

シャフランは自分の会社が有利になるように言葉巧みに話しだします。ぐぅの根も出ない父親の会社の役員たち。

恭弥が立ち上がりシャフランに決定まで時間をくれるように言うのです。

シャフランは恭弥の態度が誰かに似ているといい、そこが気に入ったかのように、時間をくれました。

恭弥は心の中で父親の会社を救うために、この2人をどう相手するか燃えるのでした。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「ブラックフィールド」の21話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

ブラックフィールドの【21話】の考察予想

ゴジさん
ブラックフィールド【21話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

恭弥はこの2人相手にどう、父親の会社を救おうとするのでしょう。

1人ではなかなか大変でしょうし、おそらくダエルにまず連絡をするのではないかと思われます。

スミセンは女好きだし案外ミシェルとかにも手伝いを頼むような気がします。

スミセンがミシェルになびいている間に…みたいなことをするのではないでしょうか。

ブラックフィールド【21話】ネタバレあらすじ

シャフランとの話も終わり、帰路につく恭弥と父親。

あまりにも今までの恭弥と違う言動に疑問を持った父親は恭弥に本当に自分の息子か聞きます。

フランス語もほんとにネットだけで習得できたのか?と質問します。

恭弥は焦り、信じられないと思うことを話しました。

すると、父親はそれ以上聞いては来ませんでした。

しかし、心では何かを考えている表情をしています。

そして、この会社の件で恭弥に任せるが暴力団の力は借りないでほしいと言うのでした。

 

父親と別れ、ダエルと会うことにした恭弥。

ダエルを待つ間、恭弥は戦場で出来事を思いだしていました。

とある地域での戦いの場。

相手の攻撃力が強く、押され気味の恭弥たち。

恭弥はある1人回って相手側に行き、いま、まさに恭弥たちにランチャーを撃とうとしている相手側に入り込んだのでした。

そこで、相手側は自滅。

そして恭弥のおかげで鎮圧に成功。

恭弥のチームの被害が少ないことにダエルは尊敬のまなざしです。

しかし、いるはずのスミセンがいないのです。

胸騒ぎがし、恭弥は探しに行きました。

すると、スミセンは民間の女の子に手を出そうとしていました。

恭弥にその現場を見つけられてしますと、スミセンは嘘をつこうとします。

そんなスミセンを恭弥は悪い事すると顔にでると言い、殴るのでした。

 

恭弥はその時のスミセンの顔が、今さっきの父親の会社の役員同士の話し合で見せていた顔と同じだと感じています。

ダエルが恭弥のもとについたので、恭弥は今までの経緯をダエルに話します。

ダエルは2人が生きていたことに驚きながらも、現在どこにいる恭弥に尋ねました。

その居場所がネクサスホテルと聞いた瞬間、ダエルが何かに怒りがわいた顔つきにかわりました。

そして、恭弥に向かって今すぐその場に行こうというのでした。

ブラックフィールド20話の感想&次回22話の考察予想

さすがに恭弥の父親も何かおかしいいと思いますよね。

高校生の恭弥はいじめられっ子だったぐらいなのに、フランス語はペラペラになるは大人相手に堂々と交渉しだすわ。

でも、深くは聞かない感じがいい父親感でしている気がします。

スミセン、昔から女好きなのですね。

手あたり次第で、見ていて不快な思いしかしないのです。

でもそんなスミセンを恭弥が殴ってくれたのでスカッとしました。

ダエル、スミセンとシャフランに怒りを感じていたみたいです。

2人も話をして、あそこまで怒りと、燃えるような顔つきになるとは。

誰にでも嫌われそうな2人が仕事を共にして悪事を働こうとしているといった感じでしょう。

恭弥とダエルが2人に対して、何か案を出してくるのではないでしょうか。

まとめ

今回は漫画『ブラックフィールド』21話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回22話のネタバレはこちら



おすすめの記事