シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ

漫画シャーロットには5人の弟子がいるは原作、漫画YongYong先生の作品です。

 

シャーロットの一人目の弟子は、マーベルの皇帝カルシリオンでした。

マナを感じない皇子として蔑まれ、試練を受けるためには必要な師匠に誰も名乗り出ない中、シャーロットが師匠となると宣言するのでした。

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「シャーロットには5人の弟子がいる」の21話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

シャーロットには5人の弟子がいるの【21話】の考察予想

ゴジさん
シャーロットには5人の弟子がいる【21話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

ジェフリーの求愛を華麗にスルー?

マーベルに行くシャーロットを心配して、ジェフリーはマナポーションを渡します。

自分も一緒に行きたいと思っているのですが、シャーロットはあっさり却下。

その上、ジェフリーの甘い言葉にもとんちんかんな返事をするのでした。

マーベルの高位魔術師と対面!?

マーベルに入るために移動ゲートを開くと申し出があったことを聞いたシャーロット。

そのために派遣される魔術師は高位の者のはずです。

自分も会ったことがある魔術師に違いない、とシャーロットは身構えるのでした。

シャーロットには5人の弟子がいる【21話】ネタバレあらすじ

若返った姿のマーベル皇帝カルシリオンは、風で髪をなびかせながら、シャーロットと出会ったときのことを思い出していました。

何かいいことがありそうだ、と口元を緩ませます。

しかし、彼が立っているのはクラウスの剣帝像のてっぺん・・・。

警備隊が来る、と従者たちはヒヤヒヤしていました。

 

シャーロットは、今まさに使節団としてマーベルに向かう馬車に乗ろうとしていました。

見送るジュディスとジェロン。

ジェロンが急なことに驚いていますが、騎士も一緒だから心配しなくても大丈夫か、とジュディスに話しかけます。

ジュディスは、もううざりだ、なんでこんなに諦めが悪いのかと怒り心頭です。

尋常でないジュディスの様子に、驚くジェロンでした。

 

シャーロットを乗せた馬車はマーベルへと向かっています。

シャーロットは、ジェフリーから渡されたアタッシュケースを眺めていました。

中にはマナポーションが入っています。

使わずに済むならそれにこしたことはない、と言いますが何が起こるか分からないと心配するのでした。

 

私も行こうか?

とにこやかに言うジェフリーに、きっぱり「いや」と断るシャーロット。

ジェフリーにはここでやることがあるし、マーベルのことは自分が解決する問題だと言います。

クラウスに迷惑をかけていることを申し訳ないと思っているのです。

 

「シャーロット」とジェフリーが真面目な顔で名前を呼びました。

じっとシャーロットを見つめ、ときどき君を私のそばに繋ぎ止めておきたいと思う、と言います。

私だけが君を見られるように、と顔を近づけ愛おしむように頬に手を添えました。

 

シャーロットは「犬みたいに飼いたいのか?」と的外れなことを言います。

でも、最近のジェフリーは様子がおかしいとも気づいているのですが、もともとそういう奴だったと邪念を払うのでした。

自分が今一番に考えなければならないのは、カルシリオンにアリア・リッセンとして会うことだ、と。

そして、もう一つの大きな気がかり、エヴァン!

嫌な予感が当たってしまったら、と思うといたたまれない気持ちになるのでした。

 

馬車が止まり、クラウスの有名な騎士一族であるシュロード家のペンリルがシャーロットを出迎えました。

会えて光栄だとにっこり笑うペンリルに、なぜ一介の伯爵令嬢の自分にそこまで礼をつくす?と不思議で思うシャーロット。

その謎はすぐに解けました。

ルイスター大公の大切な方だと・・・と耳打ちされます。

 

やれやれ、と思うシャーロットですが、疑問に思っていることをペンリルに聞きました。

マーベルに行くのになぜ国境付近の街ではなく、こんなへんぴな場所に来たのか?と。

すると、マーベルから移動ゲートを開くから魔術師を送ると連絡があったのだと説明され、その魔術師がちょうど着いたところでした。

 

移動ゲートを開くほどの高位魔術師であれば自分も知っているはず、とペンリルの後ろに思わず隠れるシャーロット。

いったい誰が来たんだ、とシャーロットは身構えるのでした。

シャーロットには5人の弟子がいる21話の感想&次回22話の考察予想

シャーロットは基本的にサバサバした性格で、恋愛事に限らず人の感情とか機微なんていうものには鈍感です。

若返って新しい人生を歩んでも、それは変わらなかったようですね。

ジェフリーが気の毒になります。

でも、そうやってずっと親友として付き合ってきたのだから諦めてもいるのでしょう。

 

ジェフリーの態度を見ている周りの人は、当然「大切な人」という認識を持ちます。

それを不思議に思うシャーロットこそ不思議です。

 

カルシリオンもぶっ飛んだ人みたいですね。

クラウスに来てしまっているという事は、もしかして派遣された魔術師の中に!?

まとめ

今回は漫画『シャーロットには5人の弟子がいる』21話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら



おすすめの記事