悪党の愛娘になりました ネタバレ1話~4話【ピッコマ漫画】大悪人の娘理花?!冷徹な母親!!生き残るためにできること?

漫画「悪党の愛娘になりました」は原作SOLDDAM先生、漫画SSALGUKSU先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪党の愛娘になりました」1話~4話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

あらすじ
貧しい生活の中で命を落とした理花は、豪勢な屋敷で目を覚まします。どうやら小説の中の登場人物に生まれ変わってしまったようです。
恐ろしい登場人物に囲まれながら、生き延びるために理花の修行生活が幕を開けます。

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

悪党の愛娘になりました1話~4話の注目ポイント&考察予想

金持ちの家に生まれ変わったと浮かれていられたのは束の間、悪人の家にうまれてしまいます。

このままでは、一族もろともに〇害されてしまうでしょう。

敵はそれだけでなく、政略結婚で自分を生んだ母親は、理花のことを疎ましく思っています。

たくさんの敵を抱えながら、理花は生き残るためにできることを模索し始めました。

悪党の愛娘になりました1話~4話のネタバレ込みあらすじ

1話

赤ん坊として生まれ変わった理花は、お金持ちの生活を満喫していました。

前世では孤児であり、苦しい思いをしてきましたが、もうその心配はありません。

面倒を見てくれる乳母もおり、幸せに満たされています。

 

そんな理花のもとを、2人の人物が訪ねてきました。

2人とも大層な美形で、理花は益々喜びます。

初めて会った2人は、理花に自己紹介をしてきました。

 

赤い髪の美形は天魔、黒髪は楽雨蓮と名乗ります。

その名前を聞いた理花は、この世界が前世で呼んでいた武侠小説の世界であることに気が付きました。

この天魔という男は、小説の悪役で最後には一族もろとも〇害されてしまいます。

 

理花はその娘に生まれ変わりました。

楽雨蓮は、やがて達人に成長し天魔の一族を皆〇しにする相手。

恐ろしくなった理花は、泣き声を上げてしまいます。

 

煩わしく思った天魔は、乳母を処刑しようとします。

乳母を助けたいと思った理花は、部屋を出ようとする乳母の指に縋り付きました。

その様子を見た天魔は、乳母のことを見逃すことにします。

2話

小説の中では理花は、最悪の悪人でした。

楽雨蓮が、理花を殺したのは復讐心だけではなく途轍もない悪を許しておけなかったこともあるのでしょう。

ですが、生まれ変わった理花は死ぬつもりは全くありません。

 

ある日、天魔が理花のもとを訪れると、穴が開くほど理花の顔を見つめてきます。

気まずくなった理花は、よだれを激しく噴き出して天魔の顔にかけてやろうとしました。

しかし、天魔は、内功の力を使ってよだれを蒸発させてしまいます。

 

理花が生き残るためには、この天魔をどうにか篭絡する必要があります。

どうすべきが迷っていると、天魔を訪ねてくる女性がいました。

その女性の正体は、理花を生んだ母親です。

 

その女性によると、産後に体調を崩し、会いにこれなかったようです。

しかし、母親の態度を見るに理花に愛情があるようには全く見えません。

それどころか、天魔との仲を取り持つための道具としか思っていないようです。

 

乳母は、その母親の態度を天魔に訴えるとすごみますが、母親の実家の力を考えると信じてもらえることはないでしょう。

理花は、乳母を脅す母に怒りを覚えました。

3話

理花が2歳になると、天魔はあまり理花のもとを訪れなくなりました。

理花が役に立たないと思った母親は、内功の力を使って理花を虐待します。

乳母が必死に止めようとしますが、どうすることもできません。

 

理花も理花を必死で守ろうとする乳母も、屋敷の中で疎まれています。

これ以上危険な目に合わないために、理花は言葉もうまくしゃべれない赤ん坊のふりを続けていました。

普通の子供より賢いことを知られれば、脅威に思った母親からひどい目に合わせられるかもしれません。

 

必死に演技をしていましたが、偶然出会った楽雨蓮に演技がばれてしまいました。

楽雨蓮は、理花のおかしな様子から母親が虐待していることに気が付きます。

理花を優しく抱きしめ、治療を施すかと思いきや不穏な言葉をつぶやきました。

驚いた理花は、楽雨蓮に頭突きをしようとしますが背が届かず口づけをしてしまいます。

4話

小説の中では、理花が楽雨蓮に思いを寄せていましたが、楽雨蓮が受け入れるはずがありません。

振り向いてもらうために様々な策を弄しますが、実ることはなく命を奪われます。

そんな小説の中の理花でさえ楽雨蓮の唇を奪くことはしませんでした。

 

理花は、楽雨蓮に嫌われてしまったと思っていましたが、楽雨蓮はたびたび理花の前に姿を現します。

心配してくれることを嬉しく思った理花は、お礼を述べました。

そのことに衝撃を受けた楽雨蓮は、理花の前から走り去ってしまいます。

 

そんな理花たちの様子を、陰から見守る男たちがいました。

彼らは天魔神教の誇る十大魔人。

最強の使い手たちです。

 

本当ならおそばで理花をお守りしたいところではありますが、彼らが関わってしまうと武林盟に命を狙われることになるでしょう。

そうならないためにも影ながら見守るしかないのです。

彼らは楽雨蓮を通して理花の近況をつかんでいました。

 

楽雨蓮は、虐待されていることを報告しようかと思いましたが仇の娘であるためほおっておくことにします。

かすかに胸に痛みを感じますが、振り払うように修行に打ち込み始めました。

悪党の愛娘になりました1話~4話の感想&次回5話の考察予想

考えれば考えるほど、理花の置かれた状況は最悪と言えるでしょう。

やがては殺される運命にあり、母親にも虐待されています。

母親はかなり性格の悪い人物で、天魔もあまり母親のもとへ通わないようです。

 

そのいら立ちを理花にぶつけて解消していました。

このままでは、大きくなる前に命を落としてしまうかもしれません。

敵ばかりに思えていましたが、十大魔人という理花に味方してくれる存在が現れました。

 

しかし、屋敷にはあまり近づくことができず虐待されていることを知りません。

理花が助かるカギを握っているのは、楽雨蓮しかいないでしょう。

楽雨蓮も少しは理花のことが気になり始めているようです。

果たして、理花は楽雨蓮を味方に引き入れることができるのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『悪党の愛娘になりました』1話~4話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪党の愛娘になりましたの1話~4話のまとめ
  • 理花は小説の中の悪役の娘に生まれ変わります。
  • 娘に愛情を持たない母親に虐待されるが、赤ん坊の力ではどうすることもできません。
  • 虐待されているとも知らずに、天魔神教の幹部たちは理花のことを遠くから見守っていたのでした。

≫≫次回「悪党の愛娘になりました」5話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら