韓国語略訳|悪女のペット97話先読みネタバレ!ヨハネスは投獄され、目撃者イビの証言により容疑は確信へと変わっていく

漫画悪女のペット97話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット97話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

レベッカとヨハネスにより、皇帝毒殺の真犯人がヨハネスであることが証明されていきます。

今の状況に絶望し始めているヨハネス。

ついに事件が結末に向かいます。

ヨハネスの投獄

泣きべそをかいているヨハネス。

ヨハネスを追求するアースでしたが、貴族たちからはヨハネスが皇帝を殺す理由がないのではないかという意見も出てきます。

もしかしたら、誰かがヨハネスになりすましたのではないかとも。

 

しかし、どうやらヨハネスが医師の部屋の前をうろうろしていることを見ている証人がいるそうです。

その証人は、次期にこの場に来るようです。

そして、アースの指示により、ついにヨハネスは投獄されてしまうのでした。

 

複雑な表情のペインの元に、リリスが現れます。

リリスは今まで隠してきたペインの瞳を肯定して、二人は抱きしめ合います。

イビの証言

ケロンド公爵が言っていた証人が到着しました。

証人は、なんとイビでした。

イビは、たくさんの貴族の前で証言することに緊張していますが、ヨハネスを目撃した話を始めます。

 

ある日、カナッタ使節団のための演奏の練習を遅くまでしていたイビは、練習を終えてクロードに演奏を聴いてもらおうとしました。

事実としては、アースがクロードに計画を持ち掛けている現場にイビが遭遇してしまったのです。

ヨハネスを皇位につかせないためのアースの提案に対して、クロードは協力できないと結論を出します。

 

危険を冒してまでも計画を遂行しようとするアースを見て、イビはクロードの代わりに自分が計画を手伝うと話に割って入ったのでした。

それは、国のためでも、アースのためでもなく、シャシャに危険が及ぶことを心配したイビの決断でした。

そして、いま、イビは証人として証言をしています。

 

ヨハネスが誰かの部屋の前で、護衛もなしに身を潜めて何かをしている姿を記憶していると話すイビ。

後日誰の部屋だったかを確認すると、医師の部屋だったそうです。

そして、花瓶の隙間に手紙が挟まっていたのも確認したそうです。

 

イビは、レベッカに相談をしたので、アルチェン家が証人としてここに呼んだのでした。

イビの証言で、完全に容疑が確定したとアースは考えます。

リリスの訪問

証言を終え、イビが退出した後で、一人の騎士がアースに本当にヨハネスが犯人なのかと質問します。

皇帝がヨハネスに皇位を継承すると明言していたのに、殺す理由がないのではないかと思っている様子です。

アースは、権力が人を狂わすものだとして、状況を説明します。

 

口では継承すると言っているが長く居座る皇帝が憎いのかもしれない、イビは第3皇太子の婚約者なので今回の証言に何の利益もない、アトランタのために検診してきたアルチェン家の協力がある、状況はすべてそろっています

ひと段落をして、みんなが部屋を出た後、アースを訪ねてきたのは、リリスでした。

悪女のペット97話の読んだ感想

ついに、ヨハネスが投獄されました。

全てアースの計画通りに物事が進んでいるようです。

アースの部屋を訪れたリリスの表情が気になりますね。

二人は何の話をするのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』97話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」98話はこちら