廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ76話【ピッコマ漫画】宣伝費用は、皇貴妃を誘き寄せる餌?!月曼金と王戴寅との密約とは?

漫画廃妃に転生した私は小説を書くは原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「廃妃に転生した私は小説を書く」76話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
前回75話では・・。皇貴妃は、新作を出版するも城内の有名な2名の作家に先を越されることになります。そこで宣伝と言う作戦に打って出て形成逆転となり大成功を収めます。その宣伝とは・・?!

≫≫前話「廃妃に転生した私は小説を書く」75話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く76話の注目ポイント&考察予想

月曼金は衛皇貴妃が、やって来るように宣伝掲載の費用を取らずにいました。

それは、衛皇貴妃が自分に会いに来るように仕向けていたからです。

それを受けて、月曼金の屋敷に向かう衛皇貴妃。

 

衛皇貴妃がやって来たと家臣から知らせを受けて、身支度を整える月曼金。

月曼金にとって宣伝掲載代はどうでも良いことで、衛皇貴妃が自分のところに来てくれることが1番の喜びでした。

自分の気持ちを伝えるも、あっさりとフラれる月曼金・・・。

 

しかし、月曼金は衛皇貴妃を諦めることはありません。

なぜならば、昔に関りを持っていたからでした。

衛皇貴妃は、過去の記憶がありません。

 

月曼金は、衛皇貴妃の記憶のないことをほのめかします。

衛皇貴妃が、記憶のないことをなぜ知っているのでしょう・・・。

帰路についた衛皇貴妃を見送っていると身を隠していた黒装束の鷹哨が現れます。

 

月曼金が衛皇貴妃に、執着していることを不思議に感じる鷹哨・・・。

一方、宮廷では衛沛霖が、月貴妃の屋敷に向かう途中で上司である王戴寅と出会います。

不思議に思った衛沛霖が、王戴寅にこの地にいるのかと尋ねると部下に話すことはないと言われてしまいました。

非礼を詫びてその場を後にする衛沛霖を見送って、目論見を早めなくてはと思う王戴寅でした。

廃妃に転生した私は小説を書く76話のネタバレ込みあらすじ

公王の屋敷に・・・

公王の屋敷には、黒ずくめのある人物が訪れていました。

そのある者とは、鷹哨と言う得体の知れない者だったのです。

そこへ、皇貴妃がやって来ました。

 

皇貴妃は、新作を発表するため公王の元へやって来たのです。

公王は皇貴妃に会う為に、衣装と髪形をお洒落に決めて待ち構えていました。

超多忙と聞いていたが、突然の訪問の用向きを尋ねる公王・・・。

 

皇貴妃は迎えてくれた公王の姿を見て、自分が来るのを分かってお洒落を決めていると疑いの目を向けます。

そんな公王に、距離を置いて商談を進める皇貴妃でした。

宣伝旗・・・

城内の北側で1番大きな宣伝旗について、交渉する皇貴妃。

1カ月期間する費用を公王に掛け合います。

公王は、自由に使って良いとにこやかに快諾しました。

 

それは皇貴妃を困らせようとしていたのではなく、許可を必ず自分に取りに来ると思ってやっていたことでした。

ただ、公王は皇貴妃に会いたいと思ってのことだったのです。

皇貴妃を慕う公王に対して、皇貴妃はその気持ちを受けることができないと断りました。

皇貴妃の過去・・

皇貴妃は気持ちがない事を伝えますが、公王は諦める様子は全くありません。

それは、皇貴妃が転生する前に公王と何か関りがあったようで・・・。

皇貴妃には、その記憶が全くなかったのです。

 

公王はなぜか?皇貴妃の記憶にない事にも気付いているようで・・・。

公王の様子を見て、身元が見破られたのかと動揺を隠せない皇貴妃でした。

王戴寅の企み・・・

皇貴妃が公王の屋敷を立ち去った後、隠れていた鷹哨が不思議そうに尋ねました。

皇貴妃に特別扱いすることが、理解できないと話します。

公王は笑みを浮かべながら、同じことを貴方の主(灰鷹)も行っていると指摘しました。

 

そして、事が成就した後は皇貴妃を、自分のものにすると何やら怪しい気なことを話し合う2人です。

その頃、京城では沛霖が、皇帝の指示を受けて花顔宮に向かっていました。

その途中に、王戴寅と出会います。

 

沛霖はこんな田舎に、王戴寅がいることを不思議に感じて来ている理由を尋ねました。

しかし、王戴寅は沛霖の幹部と言うこともあり、その質問に答える筋合いがない非礼だと返されてしまいます。

沛霖は、非礼を詫びてその場を後にしました。 

残された王戴寅、疑われ始めたことを受けて言を急がなくてはと呟くのでした。

廃妃に転生した私は小説を書く76話の感想&次回77話の考察予想

今回のお話しは、公王と王戴寅との繋がりを感じさせる内容となっていました。

その2人の密約が成就されれば、公王は皇貴妃を手に入れることができると思っているようです。

何が公王を突き動かす原因となっているのでしょうか・・・?

 

廃妃となる以前から繋がりがあったようですが、今の皇貴妃にはその頃の記憶がありません。

その記憶のないことも公王は、分かっているような気配さえ感じさせていました。

2人は、かなり親しい関係だったのでしょうか?

 

京城では、皇帝がいないことを狙って何やら不穏な動きが起っているような気配が感じられて心配になってしまいます。

一刻も早くお2人には、帰京して頂きたいと思うばかりでね。

さて次回は、宣伝の効果で本の売れ行きも好調になるのでしょうか?月曼金と王戴寅の動きも怪しくなって来るような気配が感じています?!

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』76話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

廃妃に転生した私は小説を書くの76話のまとめ
  • 小公王は、妃に会いたい一心で宣伝広告費を取らずにいました。
  • 商談をする為に、小公王の屋敷に向かう妃に自分の気持ちを受け開けるもその気持ちに応えられないと断られてしまう小公王。
  • 小公王と妃には、過去に会っていたような意味あり気なことを話し、記憶がないこともほのめかします。
  • 小公王と黒装束の人物とはある密約がありました。事が済めば、妃を自分のものにすると・・・。
  • 都では、衛氏とその上司が不穏な空気を感じ始めます。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」77話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら