韓国語略訳|悪女のペット99話先読みネタバレ!計画後のペインとリリスの行動

漫画悪女のペット99話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット99話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

アースは引き続き計画を振り返ります。

アースとシャシャ

次期皇帝が信頼をなくし、臣下たちはアースとペインに頼り始めます。

その頃、シャシャはアースからのお願いで、カナッタ人と親密な関係を築いていました。

タイミングよくアンジェラが現れ、揺らいでいたペインの心に怒りの感情を芽生えさすことに成功したのです。

 

そして、ペインがヨハネスを訪ねるときに、何が起こってももみ消すことができなくするためカナッタ人を同席させたのでした。

皇后の暴言、レベッカの登場、そしてヨハネスに対する信頼をなくした臣下たちの反応、すべてがアースの計画通りでした。

ヨハネスの無能さが露呈され、評判の良いイビまでも証言をすることで、もう異議を唱えるものはいなくなります。

 

アースは、計画が予定通りに進み、チェックメイトを迎えたのです。

アースは、神がくれた頭脳と人を説得るする話術で、人を利用し、命までかけさせて、この恐ろしい計画を勧めたのでした。

国のためとはいえ、正しい行動ではないかもしれないが、生き残るためには手段を選んではいられないのです。

 

そんな自分に対して、ある種軽蔑の感情を抱くアースの元に、シャシャがやってきます

アースの気持ちを悟ったのか、そっと抱きしめるシャシャ。

そして、キスをする二人。

ペインとヘイレス

その頃、ペインはへレイスの元を訪れていました。

へレイスはベッド上で横たわり、何が起きているのかを訪ねます。

同時に、目の帯を取っていることにも驚きます。

 

ペインから事の顛末を聞いて、へレイスは驚かざるを得ません。

それもそうです、数時間の間に起きたとは信じがたい出来事ですから。

ペインは、へレイスと話しながら、全てをアースが企んでいることに気付きます。

 

ペインは、事件の真相を暴くべきだと考えていますが、命令をする人がいないために、動いていない様子です。

その様子を見て、へレイスは違和感を感じます。

そして、ヨハネスがいなくなればペインが次の後継になると考え、海外へ行くことを提案しうとしますが、ここで冷静に考え始めます。

 

戦場での経験で、他国の情報量も多く、人を見る目もあるペインが皇帝になることを想像すると、とてもいいと感じるのでした。

そして、海外行きの提案をやめます。

ヘイレス、ナイスですね!

リリスとアンジェラ

リリスは、投獄されたアンジェラに会いに行きました。

裏切り者と罵るアンジェラを前に、護衛を別室に待機させ二人で話をします。

アンジェラは、いまのリリスがあるのは誰のおかげなのかと、罵声を浴びせ続けます。

投獄されて、罵声を上げるみすぼらしいアンジェラを見て、リリスは笑みを浮かべながら話始めるのでした。

悪女のペット99話の読んだ感想

アースの計画が順調に進んで、ペインが次期皇帝になるのも遠くなさそうですね。

そして、リリスはアンジェラと何を話すのでしょうか?

気になります。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』99話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」100話はこちら