公爵夫人の50のお茶レシピ 97話ネタバレ|クロエが用意したのは2種類のプーアル茶

漫画公爵夫人の50のお茶レシピは原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studioの作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」97話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
クロエはアルフォンスが結婚後もモテ過ぎることにちょっとヤキモチを妬きます。アルフォンスもクロエがもし他の男性と…と考えるだけでおかしくなりそう。結婚契約なんて燃やしてしまおうと思うのでした。

≫≫前話「公爵夫人の50のお茶レシピ」96話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ97話の注目ポイント&考察予想

今回はお茶のお話です。

クロエが皇帝に試飲を勧めたのはプーアル茶。

その日はアーサーも同席しました。

 

生茶と熟茶の2種類を用意して、まずは熟茶から飲んでもらいますが…。

さすがに癖のあるプーアル熟茶は受け入れられない感じです。

しかし生茶は皇帝にもアーサーにも好評でした。

 

今回持っていったポットも特別なものでしたが、見た感じそうは見えません。

アーサーは不用意に手にして…。

公爵夫人の50のお茶レシピ97話のネタバレ込みあらすじ

クロエは皇帝にお茶を試飲してもらうために皇宮へ足を運びました。

その日はアーサーも同席します。

アーサーと顔を合わせるのは、ティーハウス開店のとき以来でした。

 

クロエに対して慣れなれしい態度をとり皇帝に窘められるアーサー。

挨拶こそ紳士らしく振る舞いますが、結局いつもの口調に戻ってしまうのでした。

プーアル熟茶の土臭さにぎょっ!

クロエは2種類のプーアル茶を用意しました。

生茶は自然の状態でゆっくり発酵させたもので、完全に熟成させるには30年かかると言われています。

一方熟茶は人為的に発酵を早めた茶葉。

 

土の塊のような茶葉にアーサーはぎょっとしました。

クロエは、洗茶の説明をしながら熟茶を淹れ始めます。

目の前に出されたプーアル茶を見て、アーサーは苦い薬みたいだと思いました。

 

味も土そのもののような感じです。

皇帝も口では飲めないことはないと言いながら二口目には口をつけず…。

これも仕方ないと思うクロエ。

次にプーアル生茶を注ぎました。

プーアル生茶に驚く皇帝とアーサー

用意した生茶は6年もの。

さっきの熟茶とまったく違いました。

香も別物のように豊かで華やかです。

 

さらにクロエの言葉通り舌でゆっくり転がすと甘みを感じました。

それまで飲んだお茶は、甘い香りのするものはあったけれど甘い味がするものは初めて。

数年かけて発酵させると深い香りとうま味が生まれるのです。

 

プーアル茶は熟成させるほど価値が上がるため、投資する人もいると説明するクロエ。

その目はキラキラ輝いています。

アーサーはそれがとても幸せそうに見えて不思議に思いました。

でも、そんなクロエを見るのも楽しいと思うアーサー…。

超高価なポットが!?

皇帝がティーポットに言及しました。

最初に見た時に変わった形をしていると指摘すると、面白い特徴があるから後で見せると先延ばしにしていたのです。

 

特別なポットだと言われてもアーサーにはピンときません。

片手でひょいっと持ち上げると手を滑らせてしまいました。

あわやという時、何とか受け止めたアーサーは安堵の息を漏らします。

 

クロエにその価格を耳打ちされて、今度は慎重にテーブルに起きました。

皇帝は頼むから大人しくしていてくれとため息をつきます。

アーサーも素直にはい!と返事をしました。

公爵夫人の50のお茶レシピ97話の感想&次回98話の考察予想

アーサーは相変わらずですね。

クロエを見る目はまだ不純な感じがして気になります。

アーサーの性格からして、そっと胸にしまっておく…なんてことはできそうもないし…変なふうに拗らせなければいいですけど。

 

プーアル茶は生茶は好評だけど熟茶は皇帝も二の足を踏んでいました。

クロエ、ちょっと残念そう?

できれば通好みのお茶を喜んでもらいたいと思っているんじゃないでしょうか。

 

次はポットの面白い機能についての説明がありそうです。

紫砂壺(ずしゃふう)といって見た目は地味ですが高価な品のよう。

アーサーが顔色を変えるくらいだから、相当お高いんでしょうね。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』97話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

公爵夫人の50のお茶レシピの97話のまとめ
  • その日クロエは皇帝とアーサーにプーアル茶を試飲してもらう。
  • 土臭さの目立つ熟茶は不評だが、ほんのり甘みのある生茶は好評だった。
  • 目を輝かせてお茶の話をするクロエを見て、アーサーも楽しくなる。
  • クロエが持参したポットは特別だと言われるがアーサーにはよくわからない。不用意に手にして落としそうになってしまう。
  • ポットの値段を聞いてアーサーは青ざめる。

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」98話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら