もうこれ以上愛さない ネタバレ32話|漫画|皇太后の話を一切しなかったアーレント

漫画「もうこれ以上愛さない」は原作SUSU先生、漫画Cassiopeia先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「もうこれ以上愛さない」32話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します!

 

前回のラストシーンは?
イゾルデはアーレントと手紙のやり取りをしていました。その内容を読んで、これから来るネバエに早く会って話したいレニエに話します。

≫≫前話「もうこれ以上愛さない」31話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

もうこれ以上愛さない32話の注目ポイント&考察予想

馬車の中で目が覚めたネバエは、同じように馬車の中で眠るアーレントを見て笑みをこぼします。

そこに食事の用意ができたと馬車の外から声をかけられ扉を開けるとリュディガーがいました。

アーレントが先に出てくると思っていたリュディガーを迎えたのはネバエでした。

 

馬車を降りて食事の支度をしているのを見ていると、リュディガーの後方に黒い馬を見つけます。

ティエリーから派遣された使節団にバレルがいることをヴィンフリートの護衛達の話を遠くから聞き、

そしてバレルの愛馬である黒い馬と先ほどリュディガーの後方に見えた馬と似ていることからバレルが今も近くにいることを察しました。

もうこれ以上愛さない32話のネタバレ込みあらすじ

黒馬を気にするネバエ

移動していた馬車の中で眠ってしまっていたネバエが目を覚ますと外はすでに暗くなっていました。

目の前には腕を組んで同じように寝ているアーレントに笑みがこぼれるネバエ。

馬車の外から食事の用意ができたと声がかかり、扉を開けたネバエにリュディガーは自身の主であるアーレントは何をしているのだと呆れます。

 

眠っているアーレントを指差すネバエにリュディガーは専属騎士というよりも旧知の友の顔をして、こういう時の対処法をネバエに教えました。

美味しそうな匂いが漂う外にリュディガーの手をとって降りたネバエ。

馬車の隣で護衛として走ってきた馬の様子や荷馬車から取り出すものがあるため、先に食事をするように誘うリュディガーの後方にいた黒い馬にネバエは気づきます。

 

ヴィンフリートの護衛達がティエリーの使節団にバレルがいることを話しているのを遠くから聞いていました。

黒の鎧に身を固めたユスターシュ公爵と血の嵐を巻き起こす黒馬の話は有名です。

その黒馬と先ほどリュディガーの後方にいた黒馬は似ていました。

バレルがヴィンフリートに来ようと関係ありませんがネバエはどこかふに落ちません。

ヴィンフリートの皇太后

森の中で一人、使節団にいるというバレルに不信感を抱くネバエの元にルビエルの声が聞こえました。

いるはずのないルビエルを探すネバエを呼び止めたのは荷馬車の近くにいたリュディガーです。

リュディガーと一悶着を起こしましたがネバエはあっさりとその場を引き返し馬車へ向かいます。

 

走り続ける馬車の中でたくさんの話をしました。

その時はネバエも気づきませんでしたがアーレントから皇太后の話を一切しませんでした。

アーデルハイト・レオニー・ヨアヒム。

 

アーレントの実の母でありヨアヒム11世の正妻です。

名前だけで他国にも威厳を放つ人物であり、ネバエも皇太后のことを尊敬しています。

ヴィンフリートの弱小伯爵家の次女として生まれた彼女は、素晴らしい容貌も社交性に富んでいたわけでもありません。

 

22歳で社交界にデビューしてすぐヨアヒム11世の正妻の座をものにした話は、他国のティエリーでも有名な話です。

ヨアヒム11世は彼女の持つ才能を見込んで正妻にしたのではないかと考え、今のネバエと状況が似ていると思いました。

アーデルハイトがただものではないことは確信していました。

もうこれ以上愛さない32話の感想&次回33話の考察予想

ネバエにとって第2の人生をヴィンフリートで迎えようとしている途中で、

過去の遺物として関わるつもりも会うこともないと思っていたバレルの存在は邪魔でしかないです。

バレルの調査をした時にどれほどの人員を使って調べたのかわかりませんが、バレルがネバエの元婚約者だったことはヴィンフリートの護衛達は知っています。

 

アーレントが自ら選んだネバエを表立って悪く言う人はいないでしょう。

バレルは戦場でも功績を残し、ヴィンフリートの護衛達が話題に持ち出すほど他国でも有名です。

せっかく歩き出したネバエの新たな人生にはバレルは必要ありません。

 

ネバエも尊敬しているヴィンフリートの皇太后の話を一切しなかったアーレントは、もしかして親子関係があまりよくないのでしょうか。

皇太后が持ち込んだ縁談もことごとく蹴り、結婚相手に求める条件の中には皇太后とは無関係の人というものもありました。

アーレントと皇太后の確執もこれから明らかになると思います。

まとめ

今回は漫画『もうこれ以上愛さない』32話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

もうこれ以上愛さないの32話のまとめ
  • ティエリーが派遣する使節団にバレルがいることをヴィンフリートの護衛達が食事をしながら話しているのを遠くで聞いていました。
  • リュディガーの後方で見た馬はバレルの乗っている馬に似ていました。
  • バレルが黒い鎧に身を固め、血の嵐を巻き起こす黒馬の話は有名です。
  • 馬車の中でアーレントと話していて、一切皇太后の話が出てきませんでした。
  • 皇太后は名前だけで他国に威厳を放つ人でネバエも皇太后を尊敬している一人です。

≫≫次回「もうこれ以上愛さない」33話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら