韓国語略訳|悪女のペット101話先読みネタバレ!レベッカは皇宮へ、皇后は牢獄へ

漫画悪女のペット101話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット101話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

アースの計画が進み、リリス、ペインが新しい道に進みだしました。

時を同じくして、レベッカの周りにも変化が起きてます。

レベッカの決意

帝国一の美女と呼ばれ、アルチェン家の娘であるレベッカの元には、さまざまな貴族が訪ねてきていました。

ヨハネスとの破談を見越して、レベッカに振り向いてもらおうと、皆必死のようです。

レベッカは訪ねてきた貴族の話に耳を傾ける様子もなく、アースとの会話を思い出していました。

 

人を騙すうえで、レベッカほどしっかりとした経歴を持っていることが有効だと、重大な役を任されていたのです。

一所懸命にレベッカに振り向いてもらおうとしゃべる貴族は、ヨハネスが皇帝にふさわしくないと思っていたと話します。

これには、レベッカも笑うしかありません。

 

ヨハネスが捕まる前は、ゴマをすっていたのに、手のひら返しがすごいですね。

レベッカの苦労をわかったかのように話し、ケロンド公爵のかわりにそばでレベッカを守ると話す貴族ですが、レベッカには全く響きません。

貴族が触れた手をハンカチで拭きながら、レベッカはあしらいます

 

レベッカよりも能力が高く、レベッカを守れる人間、つまり、自分にふさわしい人が現れるまでは、誰にも興味がありません。

そして、レベッカは、女性であるという理由で剣も学べず、家門を継ぐことが許されない時代を変える決意に満ちています。

ヨハネスの件で、大きな功績を上げたことで、後ろ盾もでき、いざレベッカの行動が始まります。

 

決意に満ちたレベッカは、皇宮に向かうのでした。

ケロンド公爵が同行を提案しますが、それを断り、一人で進んでいきます。

皇帝への座へ進むペイン、ヨハネスを訪ねる皇后

アースは、ペインにヨハネスの裁判日程について相談をしています。

早くヨハネスの件を処理することで、ペインの地位をより確固たるものにしようという提案です。

しかし、ペインはどうぜアースが処分するとわかっているので、敢えて決めずとも勝手にやるよう示唆します。

 

アースは、ペインの言動に皇帝としてふさわしいと再確認して、部屋を出るのでした。

そして、外で待っていた部下に、皇后の護衛の配置を変えたこと、口止めしたことを確認します。

その頃皇后は、部屋を抜け出していました

 

皇后が向かった先は、牢獄。

牢獄では、ヨハネスが一人で泣いています。

そして皇后は、投獄されているヨハネスを訪ねるのでした。

悪女のペット101話の読んだ感想

吹っ切れたレベッカが、とても素敵ですね。

時代を変える先駆者として、必ず成功してほしいです!

しかし、皇宮で何をするのでしょうか?

 

ペインの決意も固まっているようですし、全てがアースの思惑通りにうまく回ってますね。

皇后が脱走したことまでペインの計画通りなのか、それともイレギュラーなのか…気になります。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』101話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」102話はこちら