暴君の保護者は悪役魔女です ネタバレ42話【ピッコマ漫画】ミハエルに煽られたティータは!?

漫画暴君の保護者は悪役魔女です原作Bluelagoon先生、文Hari先生、作画Rata先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「暴君の保護者は悪役魔女です」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
ティータをマルティノ侯爵に紹介したいといって皇后が声をかけてきました。しかしマルティノはクレータに跪き挨拶をし始めます。初代当主が助けてもらったと言うのですがクレーテには何のことかさっぱりわからないのでした。

≫≫前話「暴君の保護者は悪役魔女です」41話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

暴君の保護者は悪役魔女です42話の注目ポイント&考察予想

建国功臣の3代家門と挨拶を交わすクレーテ。

頭の中で記憶を辿りながらなんとか会話を続けます。

それもこれもティータのためでした。

 

そんなクレーテに皇太子のミハエルが興味を示したようです。

でも、クレーテはスルー…。

腹を立てたミハエルはティータを煽るようなことを言ってしまいます。

暴君の保護者は悪役魔女です42話のネタバレ込みあらすじ

クレーテが誰だったかと記憶を辿っていると、皇后が開国の功臣三代家の一つマルティノ現当主だと説明しました。

そこで、ようやく思い出したクレーテ。

確かに魔法で助けたことはありました。

でも、それだけの記憶しかないので話は続きません。

人嫌いのクレーテだけど…

キラキラした目を向けているマルティノをフォローするように、皇后が大公が忘れるわけ無いと口添えします。

クレーテも、忘れていないと声をかけますが、その時脳みそをフル回転させて何とか言葉をひねり出しました。

用は済んだとばかりに皇后がその場を離れます。

 

マルティノはクレーテを尊敬して魔法使いになったと伝えました。

剣士の家系では初めてだと。

他の2つの家門の当主も来ていました。

 

策略と知識の象徴デュフター公爵家と伝説の名門武家で弓の名人と呼ばれるアエディウス侯爵家です。

小説では全員アルフェンに消されてしまうのですが、今のティータにとっては良い礎になってくれそうだとクレーテは思いました。

 

とりあえず挨拶をしますが、その後何を話せばいいのかやっぱり言葉に詰まるクレーテ。

でも、これはただの小説だ!オタクの底力を見せてやると意気込みます。

昔話をでっち上げてしてやり過ごしました。

 

ちょっとヘマをしてしまいますが…。

とにかく、少しでも仲良くなっておいたほうがティータのために良いと思ったクレーテは彼らと話を始めます。

そんなクレーテを見て、ティータはちょっと不思議そう。

ティータを煽るミハエル

エドモンドが疲れた様子をだったので、ティータは先に戻るように勧めました。

ティータはエドモンドを送るため会場を後にします。

話を切り上げたクレーテは一人になりティータたちを探していました。

 

そこへミハエルが声をかけてきますが、クレーテは一瞥しただけで無視して去ってしまいます。

周りの人に見られていたのもあって、恥をかかされたミハエルは腹を立てました。

絶対許さないと怒り心頭!

 

その頃エドモンドを送ったティータは会場に戻る途中で、クレーテのドレス姿が綺麗だったと考えながら庭園を歩いていました。

そこで、怒りの収まらないミハエルと出くわしてしまいます。

 

ミハエルはティータに矛先を向けました。

クレーテのことを、私生児のために皇宮まで来るなんて慈悲深いと嫌味っぽく口にします。

ティータは関わりたくなかったので、同意しつつすぐにその場を離れようとしました。

 

するとミハエルはクレーテはティータを皇帝の命令で仕方なく育てただけで、成人してからも面倒をみるわけ無いと告げます。

そのために皇宮に連れてきたとまで。

 

さらに、クレーテは皇帝のモノだから誓い将来俺のものもになると言い放ちます。

ティータの顔色が変わりました。

暴君の保護者は悪役魔女です42話の感想&次回43話の考察予想

登場の仕方からして、ミハイルはできの悪さと根性の悪さが丸わかりでした。

ティータを怒らせてしまったみたいだけど…。

とんでもないことが起こったというのはこのことだったのでしょうか!?

 

皇太子をこてんぱんにやっつけちゃうとか?

皇后と皇帝が黙っていないと思いますが、クレーテも応戦しそう。

ティータの中の暴君の素質が露呈しそうな展開です。

まとめ

今回は漫画『暴君の保護者は悪役魔女です』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

暴君の保護者は悪役魔女ですの42話のまとめ
  • クレーテはティータのためになると思って3代家門の当主と会話を交わす。
  • エドモンドが疲れていると感じたティータは宮に戻ることを勧め送っていく。
  • 一人でいるクレーテに皇太子ミハイルが声をかけるが無視される。
  • 腹を立てたミハエルはティータにクレーテは何れ自分のものになると煽ってしまう。

≫≫次回「暴君の保護者は悪役魔女です」43話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら