転生したら推しの母になりました ネタバレ33話【ピッコマ漫画】|アイシャの「聖女説」!

漫画「転生したら推しの母になりました」原作Ko eun chae先生、漫画Sanho/Gyammi先生•Eongsseu先生作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら推しの母になりました」33話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

ハデス公爵は、アイシャが「魔力抑制剤」を投与されていたのは、「聖女アベラ・エスクリフ」の再臨を恐れた「神殿」がしたのではないかと推測する。アイシャは、自分が「聖女」の生まれ変わりなのかと悩みます。

≫≫前話「転生したら推しの母になりました」32話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

転生したら推しの母になりました33話の注目ポイント&考察予想

ハデス公爵とアイシャの掛け合いが、とても楽しいです。

アイシャは、「聖女アベラ・エスクリフ」の生まれ変わりなのでしょうか?

 

とても気になります!

今回属性の仕組みが、また一歩理解出来ます。

アベルの「属性」が何か、なぜ「暴走」」するのか、「回避する」ことが出来ないのか?

 

アベルのことがいろいろわかります。

とても楽しみです!

転生したら推しの母になりました33話のネタバレ込みあらすじ

白属性とは

白属性の異能、「一次覚醒能力」は「相殺」です。

全属性が持っている「吸収」で、転移させた傷を除去することができる「浄化」のことです。

制約は、精神崩壊のような内傷は、使用した人の魔力量によって「相殺」または使用した本人が「破滅」します。

 

「二次覚醒能力」は「回復」です。

「吸収」と「相殺」を使うより、とても効率の良い能力になります。

ヒロイン「デボラ」は、この「二次覚醒」をしており、同じ覚醒をしている司祭たちよりも能力に秀でています。

 

そのため、『ペルソナ』では、ヒロイン「デボラ・フローレンス」を狙った勢力が多数存在していました。

アベル・ルバモンドが、その度に撃退していたんですね!

ヒロインを守るヒーロー!

素敵です!

幻の白属性能力

「三次覚醒能力」は、全ての攻撃魔法を「無効化」します。

設定上存在する能力ですが、『ペルソナ』に一度も登場したことがありません。

 

アイシャ・エスクリフ男爵令嬢は、能力が出てこないのは、なぜなのかを考えます。

万能すぎるため、考慮されたのではと考えますが、すぐに否定します。

「先生」がしないと、思い切れるところが、アイシャのすごいところです!

執着してて知った、「先生」の性格を熟考したのでしょうか?

ハデス公爵の優しさ、アイシャの心地悪さ

ハデス・ルバモンド公爵は、ため息を吐くアイシャを見つめます。

ハデス公爵がいる限、危険はないと安心さそうとする、ハデス公爵ですが、アイシャは仮定より自分が出来るのかを、知ることが必要だと思いました。

 

アイシャは、一睡もできてないハデス公爵に気を使われる事に、居心地悪く感じるのでした。

書類をめくるハデス公爵の手が、紙先で切れてしまいます。

アイシャは、喜びます。

ドヤ顔のハデス公爵に、喜ぶアイシャの顔が、とても可愛いです!

治らない傷、消える影

アイシャは、ハデス公爵の傷口のある手を握ります。

何も起きません。

 

二人の間を、時間だけが過ぎていきます。

アイシャは真心を込めますが、ハデス公爵は何も起きないことに、本心で傷を治したくないのではと疑います。

アイシャに、顔を寄せるハデス公爵の姿に、胸が高まります。

 

アイシャは、能力一つ出せない自分に、先程まで持っていた「聖女再降臨説」を否定しました。

「聖女アベラ・エスクリフ」が、砂になって消えていく姿に悲しくなります!

引き下がれないアイシャは、しつこくハデス公爵の手を握ります。

 

ハデスの、傷口から血が溢れます。

アイシャは、思わず指を口にふくみました。

顔を赤らめて焦るハデス公爵に、アイシャは平然と、傷口を吸い上げます。

 

乱暴に手を戻すハデス公爵に、アイシャは、民間療法として「現代の常識」を披露します。

怒るハデス公爵と、だって顔のアイシャに心がほんわかします!

アイシャの焦り

ハデス公爵は、焦る必要はないと、アイシャが焦る理由を尋ねます。

運命を知らないハデス公爵に、アイシャは少し恨めしく思います。

 

二人を助けられる手がかりとして、自分の能力があるのにと、アイシャは焦りを隠せません。

アイシャは、ハデス公爵に元気でいて欲しいと伝えます。

大好きな二人にはずっと生きて欲しい!

アイシャの、自分への歯痒さに心が痛くなります!

アベルの属性

アベルの能力が覚醒するときは、絶対に「暴走」します。

その「暴走」は、ハデス公爵とアベル、そしてアイシャしか知らない事実です。

 

アベルの属性が「無属性」です。

アベル・ルバモンドの「無属性」は、『ペルソナ』の中では、伝説のように扱われていました。

「無属性」とは、空の容器のようになんでも入る属性であり、覚醒の制限はありません。

 

アベルは、白属性と黒属性を除いた属性を扱える、唯一無二の能力者です。

しかし、属性を発現できる代わりに、「一定の周期」で能力同士のぶつかり合い、「暴走」を受け止めるしかありませんでした。

アベルに会いたい

アイシャは、アベルに会いたくなりました。

ハデス公爵に聞いても、冷たい答えだけです。

扉がノックされます。

扉から、アベルが訪ねてきてくれたのでした。

転生したら推しの母になりました33話の感想&次回34話の考察予想

アイシャとハデス公爵の、可愛いやりとりに幸せを感じました。

ハデス公爵が激しく赤面しているのが、とても可愛くて心が温かくなりました。

 

必死に他の人にしてはダメと、自分にはしても大丈夫だととれる言い方をして、ハデス公爵本当に可愛いです!

アイシャが、無自覚にハデス公爵を翻弄しているのが楽しくて、アイシャの行動を応援してしまいます。

アイシャの「聖女説」が、空中に浮いてしまいました。

 

アイシャは、ハデス公爵を助けられるのでしょうか?

とても気になります。

今回、アベルの属性のことがわかりました。

 

アベルの、「属性の覚醒」によって引き起こされるために、「暴走」が「回避」出来ないことがわかりました。

「魔力」が使えるようになっても、「異能が使えない」アイシャの焦る気持ちがとてもわかり、こちらまで祈ってしまいます。

 

「誰も傷つかない」未来を願わずにはいられません。

次回がとても気になります!

今回、アイシャとハデス公爵の愛が深まって、とても幸せが詰まっていました!

まとめ

今回は漫画『転生したら推しの母になりました』33話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら推しの母になりましたの33話のまとめ
  • アイシャ、「先生」へ思いを馳せる。
  • アイシャ、ハデス公爵の怪我の治療を試す。
  • 「聖女説」、砂のように消える。
  • アイシャ、助けられない事実に打ちのめされる。
  • ハデス公爵、アイシャが焦る気持ちがわからない。
  • アイシャ、ハデス公爵に元気でいて欲しいと願う。
  • アイシャ、アベルに会いたくなる。
  • アベル、アイシャに会いに来る。
  • アイシャ、とても喜ぶ。

≫≫次回「転生したら推しの母になりました」34話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら