韓国語略訳|かりそめの公爵夫人84話先読みネタバレ!真実を知り、崩れ落ちるセリー

漫画かりそめの公爵夫人84話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人84話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

先日の戦いの結果をもって、騎士たちからもバカにされ始めるガスパルは、怒りを抑えきれません。

そこに、トリスタンがやってきました。

ガスパルとトリスタンの痴話げんか

トリスタンに、いまさっきあった出来事を話そうとするガスパルですが、トリスタンはそんあ様子ではありません。

ガスパルがあたり散らして、紅茶が顔にかかり、もしもこれが危険な物だったらと怒っているようです。

もっと考えて行動するように注意をするトリスタンに対して、ガスパルはトリスタンにまでもバカにされたと思い込みます。

 

約束の時間まで休むように促すトリスタンですが、ガスパルは気がすみません。

愛する人が意気消沈しているのに無視をするのかと詰め寄るガスパルですが、トリスタンは愛するのであれば言葉に気を付けるべきだと突っぱねます。

ガスパルは相当まいっているようで、トリスタンにきつく詰め寄ります。

 

今まであげたプレゼントのことを考えて、そんな態度がなんでできるのかと、もう愛でもなんでもありませんが、とにかく慰めてほしそうです。

そして、トリスタンとイヴォナを比較して、力が劣る部分を、愛で目をつむってきたと話すのですが、これにはさすがにトリスタンも我慢できない様子。

イヴォナと婚約は、セリーに愛していると言うことを見てきた辛い気持ちをぶつけますが、ガスパルには響きません。

 

なぜなら、ことの発端はトリスタンがガスパルを皇帝にすると持ち掛けたからです。

ガスパルは、いままでになく怒りをあらわにしてトリスタンに詰め寄ります。

これ以上ガスパルを怒らせるべきではないと判断したトリスタンは謝り、ガスパルはすぐに許します。

 

意外と心が広いやつですね。

話は変わって、ボルト家に伝わる秘笈の解読の進捗確認となります。

ほとんど終わっているようで、新しい婚約者に実行させて、クロードとイヴォナに目にもの見せてやるとガスパルは意気込みます。

テントの外では、二人の会話をセリーが聞いてしまっていました

セリーの心は崩れ落ちていく

数時間前に、ガスパルに新しい婚約者ができたことを騎士たちの会話で知ったセリー。

騎士たちは、新しい婚約者がクロードに出会う前のイヴォナに似ていると感じていました。

身分の違うガスパルは、いつか別の人と結婚すると覚悟はしていましたが、全く知らされないまま婚約していたことに、セリーはショックを隠せません。

 

セリーは、愛するガスパルのために、危険な討伐にまでついてきたのに、こんな仕打ちを受けていてもたってもいられず、直接会って話すことにします。

直接愛していると言われないと、心が落ち着きません。

約束の時間まで待てず、早めにガスパルを訪ねるセリーですが、ばったりトリスタンと会ってしまいます。

 

トリスタンに、ガスパルのことを思うなら、約束の時間を守るべきだと言われたセリーは、秘密の約束をトリスタンが知っていることに疑問を抱きます。

ガスパルとトリスタンの関係についても、会って直接話そうと、忠告を無視してテントに向かったセリーは、二人の会話を聞いてしまったのです。

さらには、セリーとの会うことを時間の浪費だと例えるガスパルの言葉に、セリーの心は崩れてしまいます

かりそめの公爵夫人84話の読んだ感想

権力が持っているがあまり、わがままが通ってしまうガスパルは、たくさんの人を傷つけていることに全く気付いていませんね。

ガスパルを信じていたセリーが、心配です。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』84話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「かりそめの公爵夫人」85話はこちら