彼女と野獣ネタバレ46話【ピッコマ漫画】アスティナとのすれ違いを感じるテリオッド

漫画彼女と野獣は原作maginot先生、漫画Hongseul先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「彼女と野獣」46話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
夜でも人に戻れることがわかったテリオッド。情けない姿を見せたと申し訳なさそうにするテリオッドに、アスティナは誰でも弱みはあると話します。アスティナには自分のこの恐怖は理解できないだろうとテリオッドは思いました。テリオッドはアスティナに弱みは何か尋ねます。

≫≫前話「彼女と野獣」45話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

彼女と野獣46話の注目ポイント&考察予想

弱みを尋ねるテリオッドに伝える必要はないと話すアスティナ。

夫婦として弱みが知りたいと懇願するテリオッドに、アスティナはどこか悲しそうな表情をします。

アスティナに歩み寄ろうとしたテリオッドをそこまでにしてほしいとアスティナは線引きしました。

 

アスティナのことを知りたいテリオッドは、アスティナが自分に興味がないことがすれ違いの理由だと悟ります。

テリオッドは自分が死んだら涙を流してくれるかとアスティナに尋ねました。

悲しいに決まっていると話すアスティナに、テリオッドは自分が言いたいことを飲み込んで部屋から出ていきます。

彼女と野獣46話のネタバレ込みあらすじ

テリオッドがアスティナに弱みは何か尋ねると、アスティナは伝える必要はないと話します。

夫婦として弱みが知りたいのだと懇願するテリオッド。

アスティナは自身のことをただの利己的な愚か者だと寂しそうな表情をします。

テリオッドの問いかけ

アスティナほど公平な者はいないとテリオッドは伝えますが、意味のない人にとってはそうだろうとアスティナは背を向けました。

アスティナにとって意味のある人は誰か尋ねるテリオッドに、アスティナはそこまでにするように伝えます。

テリオッドには、自分とアスティナのすれ違いの理由が分かりました。

 

誰よりも近く寄り添ってきてこうもあっさり去るというのはその程度の人間なのかと思ったテリオッドは、アスティナに死んだら涙を流してくれるのか問いかけました。

飼い犬が死んだときを比較対象にして、テリオッドはそれ以上の存在かとも尋ねます。

 

テリオッドの意図が分からないと、アスティナは悲しいに決まっていると話します。

テリオッドは、自分が言いたいのはそういうことではないというのに、少しの間顔を覆って自分の言いたいことを飲み込むと、もう結構だと言い残して部屋から出ていきました。

 

数時間後、夜明けの大公邸の廊下を歩いていたオリバーは、アーサーがアスティナにちゃんと謝罪したのかと思いをはせながら執務室を訪れました。

椅子に着席していたテリオッドに驚き、昨夜からいるというテリオッドの言葉に夜間でも元の姿に戻れると知って喜ばしい気持ちになるオリバー。

テリオッドの浮かない顔にオリバーが違和感を感じていると、テリオッドが自分が怪物だからアスティナに嫌われるのかと訊いてきました。

 

オリバーはおそらくアスティナは動物の姿の方が喜ぶだろうと伝えます。

常に獣の姿のテリオッドの傍から離れず、テリオッドも見たクッションや干し肉などを例に挙げて話すオリバー。

なおさらアスティナが自分を遠ざける理由が分からなくなるテリオッドは、これからもずっとそばに居てくれたらとふと思い浮かんだ独りよがりな考えをどうしたものかと考えます。

気になり始めるアスティナ

一方その頃鍛錬場では、こんな時間に訓練するのかと先に来て待機していたアーサーがアスティナに挨拶をしました。

ヒセン卿はアスティナに弟子というなら一緒に稽古した方がいいかと思って連れてきたと話します。

アスティナとヒセン卿の会話からアスティナがヒセン卿に剣術を教えたことを知ったアーサーは、アスティナが天才だったのかと感心しました。

 

劣等感を感じている様子のアーサーを見て、自身も前世でオーウェンに負けっぱなしで悔し涙を流したことを思い出すアスティナ。

アスティナは自分と今のアーサー自身とを比べて肩を落とす必要はないと話し、過去にオーウェンから教わった言葉をアーサーに伝え、少しは誇りを持つように告げました。

 

鍛錬場を30周するように指示を出したアスティナは、ヒセン卿とアーサーが走るのを見守りながら、テリオッドのことを思い浮かべます。

人として接するようになって日は浅いですが、些細なことで感情をあらわにするような人ではないとテリオッドのことを評価しているアスティナ。

 

テリオッドが死んだら涙を流してくれるのかと発言した時の自分を見てくれと言わんばかりの眼差しが、アスティナには犬がそうやって見つめてくるように感じます。

1年後には各々違う道を歩むというのに、アスティナはなぜかテリオッドのことが気になるのでした。

彼女と野獣46話の感想&次回47話の考察予想

アスティナとテリオッドのすれ違いの理由がはっきりしましたね。

テリオッドは歩み寄ろうとしていますが、アスティナの方は1年という区切りを見据えて動いているので、弱みを見せるか否かに関しては余計に線引きが厳しくなっていそうです。

 

今回のお話の最後ではアスティナはテリオッドのことが気になってきている様子ですが、友愛や親愛で気になっているのでしょうか?

本人がまだ無自覚なようですが、どういった気持ちで気になっているとアスティナが判断するのかも楽しみですね。

アスティナの判断次第では、テリオッドとのすれ違いもなくなっていきそうです。

まとめ

今回は漫画『彼女と野獣』46話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

彼女と野獣の46話のまとめ
  • 弱みを尋ねるテリオッドに、伝える必要はないと思うと話すアスティナ。夫婦として知りたいのだと願うテリオッドに対して、アスティナは自分は利己的な愚か者だと話す。
  • アスティナのことが知りたいテリオッドにそこまでにしてほしいとアスティナは伝える。アスティナがテリオッドに興味がなく、すれ違いの理由はそこだと思うテリオッド。
  • 自分が死んだら涙を流してくれるのかとテリオッドは問いかける。悲しいに決まっていると答えるアスティナに、テリオッドは自分の言いたいことを言えないまま部屋を後にする。
  • 夜明け頃にテリオッドに会ったオリバーは、夜間に人の姿に戻れたことを知る。
  • オリバーはテリオッドに動物の姿の方がアスティナは喜ぶだろうと話す。
  • 一方その頃、鍛錬場では、ヒセン卿がアーサーも連れて待機していた。
  • アスティナがヒセン卿の師匠と知り、天才には勝てそうにないと劣等感を感じている様子のアーサー。
  • アスティナは前世でオーウェンから教わったことをアーサーへ伝える。
  • 2人が鍛錬を始める様子を見守りながら、アスティナはテリオッドの様子を思い浮かべる。1年後には違う道を進むのにどうしてこうも気になるのかと思うアスティナ。

≫≫次回「彼女と野獣」47話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら