緑陰の冠 ネタバレ48話【ピッコマ漫画】ランの涙を見て、改めて皇太子に憤るユスタフ

緑陰の冠は原作Siya先生、漫画binu先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「緑陰の冠」48話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

人々が戸惑いざわつく中、オリビアが席に戻ろうと口を開きました。演奏を再開するよう伝えてくれと告げて微笑みます。

≫≫前話「緑陰の冠」47話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

緑陰の冠48話の注目ポイント&考察予想

庭園の事件後

皇后へ宣言した通り、ユスタフとランは早々に帰路についていました。

皇太子に非があるのは誰が見ても明らかです。

馬車の中でもランは気丈に振る舞っていましたが、不意にぽろっと涙を零しました。

ユスタフはそんなランを強く抱き締めます。

緑陰の冠48話のネタバレ込みあらすじ

ランの涙

皇宮からの帰り道、馬車の中でユスタフは何度もランを気遣いました。

自分がそばを離れたせいで申し訳ないと謝るユスタフに、ランは自分がもっとしっかりしていればと答えようとしましたが、すぐそうではないと気付きます。

あいつがゲス野郎なだけでしょと突っ込むと、ユスタフも真顔で同意しました。

 

ふふっと小さくランが笑った直後、ランの目から涙が零れます。

どうして…とランは戸惑いました。

ユスタフは手を伸ばしてランを抱き締めます。

 

心配要らないと優しい声で告げて自分の胸にランを抱き寄せたのです。

ユスタフの胸から伝わる心音に安心して、ランは泣きながら頬を擦り寄せました。

しばらく時間が経ち、気恥ずかしくなったランはもう大丈夫だと伝えます。

 

ユスがいてくれてよかったと付け加えました。

ユスタフは読めない表情で、そうですかと短く答えますが、ランはハッとしてガバッと離れて湯スタフの顔を覗き込みます。

決闘はどうするんだというランの言葉に、どうするも何も決闘するだけだとユスタフは簡単に答えました。

 

皇太子にケガでもさせたら大変なことになるということ、皇室が氷水晶を買わなくなることをランは懸念しました。

ユスタフはすぐに答えます。

目につく魔法道具は使わなくなるかもしれないが、生活に溶け込んだ道具まで手放すのは難しいだろうとユスタフは予測していました。

 

氷水晶の買い手は帝国だけではないし、皇太子といえど決闘に臨むときは一人の騎士だとランに話します。

まさか全部計画していたのかというランの思いは、ありありと顔に出ていました。

先読みしたかのようにユスタフは違うと告げます。

先読みするユスタフ

もし分かっていたら未然に防いだということでした。

皇太子は代理人を立てるだろうということもユスタフは推測します。

ランは頷き、皇太子自らが決闘に挑むことはないだろうと考えました。

 

皇帝と完全に敵対することにならないかというランの不安にも、ユスタフは流暢に答えます。

皇帝は無能な息子と違って皇帝の権威を誇示したいはずなので、こちらから焚き付けて皇帝と皇太子の間に摩擦が生まれれば一つの足がてがかりになるはずだとユスタフは告げました。

庭園の事件は偶然だったのに、ここまで先読みしたのかとランは目をみはります。

 

これが片付いたらラチアへ戻ろうと伝えて、ユスタフはランに手を差し出しました。

ランは頷いてその手を握ります。

微笑んでいるユスタフを見て、最近は彼がなんだか優しくなった気がするとランは考えました。

 

私のことをお姉さんって認めてくれた?と藪から棒に尋ねますが、ユスタフはズバッと否定します。

ランは苦笑しました。

いつの間にか震えが止まっていました。

 

さっきまでは落ち着かなかったのに、もう安心して良いのだと感じていたのです。

ユスタフにお礼を伝えて、ランはユスタフの肩に頭を凭れました。

その後しばらく馬車が走り、ランは眠りに落ちていました。

 

ユスタフはランの寝顔を見つめ、彼女の頬に触れながら小さくため息をつきます。

第二皇子と庭園に向かった後、彼が一人で戻ったので様子を見に行ったのですが正解だったなと考えました。

ユスタフの脳裏に先ほどの光景が蘇ります。

 

あのクズ…とユスタフは静かに怒りを燃やしていました。

その後緑のアーチに到着すると…!?

続きはピッコマで!

緑陰の冠48話の感想&次回49話の考察予想

ランの涙にはこっちまで悲しくなってしまいました。

本人に自覚がなくてもとても怖い思いをしたんだろうなと改めて思います。

ユスタフがいてくれて本当によかったですね!

 

突発的な出来事に、ここまで先を考えられるユスタフはただ者じゃないなと思います。

皇帝も皇后も頭が痛いでしょうね。

まとめ

今回は漫画『緑陰の冠』48話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

緑陰の冠の48話のまとめ
  • 馬車の中で涙を零したランを、ユスタフは抱き締めました。
  • 改めて決闘の流れを不安視したランですが、ユスタフはこの先の流れをかなり具体的に推測していたのでランは驚きます。
  • ユスタフの肩に凭れて眠りについたランを見つめながら、ユスタフは皇太子への怒りに燃えていました。

≫≫次回「緑陰の冠」49話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら