太陽の主 ネタバレ32話【ピッコマ漫画】床入りの夜、太火帝は芭楊が初めてだと伝え⁈

漫画「太陽の主」は原作solddam先生、文KONN、絵Song Yi先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「太陽の主」32話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
芭楊は、太火帝が欲しいという発言を自らの意図とは異なる形で受け取られ、床入りをすることに。ついに芭楊の待つ部屋に太火帝が足を踏み入れようとします。

≫≫前話「太陽の主」31話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

太陽の主32話の注目ポイント&考察予想

ついに床入りの準備が整い、後は太火帝が来ることを待つのみの状況に。

芭楊は、樹然から散々注意された言葉遣いを口に出しながら太火帝のことを待ちます。

生き残ることだけを考えていて、伴侶になることなど考えていなかった芭楊は、復讐のことを告げようか迷った様子を見せますが…。

芭楊の決断と太火帝の反応はどのようなものなのでしょうか⁈

太陽の主32話のネタバレ込みあらすじ

誰も信じてはいけない

樹然からも注意されていた言葉遣いを必死に口に出しながら太火帝が来るのを緊張しながら待つ芭楊。

視線を机の上にあるお酒に移すと、そのお酒で杯を交わせば後宮の仮面を被った飾り物などではなく、真の皇帝の女になるという樹然の話を思い出します。

どうすれば生き残ることができるのかということばかり考えていた芭楊は、伴侶になるなんて考えてもいなかったと迷った様子。

 

自分は太火帝に血をあげて太火帝は自分に力を貸してくれる。

そんな関係を望んでいたのになぜこうなってしまったのかと悩んだ様子を見せます。

いっそのこと復讐するのを助けてくれと正直に伝えるべきかと考えますが、茶判のことを思い出しては誰も信じてはいけないと思い直すのでした。

 

人は結局自分の利益のために動くものであり、最悪の場合むしろ自分を邪魔するかもしれないと。

芭楊は、復讐だけは何があっても最初から最後まで自分の手でやってのけると強く決意します。

そこで、ついに太火帝が部屋に足を踏み入れます。

交わし酒

畏まって挨拶する芭楊に、これからこんな礼儀をわきまえる必要はないと顔を上げるように伝える太火帝。

芭楊は、太火帝に言われた通りに顔を上げ立ち上がるも、長いこと正座していたため足が痺れて太火帝の胸元に倒れ込んでしまいます。

太火帝は、そのままでいるがよいと笑うと、交わし酒を一杯つぐようにお願いします。

 

太火帝に抱きかかえられたままお酒をつぐ芭楊。

それに口つけた太火帝の赤い唇に視線を向けていると、舐めたければ舐めるようにと言葉をかけられます。

その言葉を否定すると、今度はかなり酷く震えている芭楊の体に、皇帝が欲しいと堂々と話していた女はどこに行ったと突っ込まれるのでした。

力が欲しい

本当のことを言うと、床入りの意味ではなく陛下の力が欲しいという意味だったのだと恐る恐る話し始める芭楊。

皇帝になりたいのかという太火帝の言葉を否定すると、自分の言う意味を伝えようと必死に説明します。

芭楊は、無力な自分が嫌だから強くなりたいと話すのでした。

 

太火帝のように天下を取りたいという意味ではなく、自分が受けてきた仕打ちをそのまま返すことのできる程度だけでも強くなりたいのだと。

その話を聞いた太火帝は、恵水族の間で黒恵水として生まれたことによって普通でない人生に違いないと考えます。

そして、少しはその心情をわかるような気がすると思うのでした。

 

幼年時代、最も鮮明な赤い瞳を持って生まれたという理由だけで皇帝から気に食わないと思われていた太火帝。

各種の政治学や武術まで学んでいた他の皇子と異なり、自分が教わったものは帝国の共通語である談言だけでした。

そのうえ、いつも過酷な試練を与えられ、やり遂げられなければ心ない言葉を。

 

太火帝は、自分が受けた屈辱をそのままそっくり返すことができればという思いだけで今この位置まで耐えてきたことを思い出します。

そして、芭楊にどういう意味かわかったから説明はもうしなくていいと伝えるのでした。

芭楊が初めて

どういう意味か分かったのなら床入りは別に…と話す芭楊。

しかし太火帝は、床入りはなしにはしないと断言します。

なぜかと問われると、今まで女を抱きたいと考えたことは一度もなかったが、今は違うと、思うことは1つだと考えを巡らせる太火帝。

 

芭楊を望んでいるからだと答えます。

太火帝は、芭楊を放したくないと考えていたのでした。

何だか変だと顔を赤らめる芭楊は、自分でもよくわからないこの気分を太火帝は知っているかと尋ねます。

 

しかし太火帝も、芭楊がが初めてだからわからないと答えます。

太火帝は、初めてなのかと聞き返す芭楊に、自分にとっては芭楊が初めてだと再度伝えるのでした。

太陽の主32話の感想&次回33話の考察予想

陛下が欲しいという言葉の意味は床入りではなく力が欲しいという意味だったのだと必死に伝えた芭楊。

太火帝もとうにわかっていたのに、何とか伝えようという必死さが可愛かったです。

そして、誤解が解けた後も、床入りは変わらず。

 

初めは血のためだけに芭楊と一緒にいるのかと思っていましたが、そのことを除いてもかなり芭楊のことを気に入っているようです。

しかし太火帝みたいな存在に自分が初めてだと伝えられたらドキドキしてしまいますよね。

今後も他の後宮に対して情を持ったりせずに芭楊一筋でいてほしいですね。

次回も楽しみです!

まとめ

今回は漫画『太陽の主』32話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

太陽の主の32話のまとめ
  • 太火帝は芭楊の待つ部屋に足を踏み入れる。
  • 芭楊は必死に誤解を解こうとする。
  • 太火帝は床入りはなしにはしないと断言する。

≫≫次回「太陽の主」33話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら