私の後見人は冷血大魔法士 ネタバレ6話【漫画】猫族であるアンティオークの猫の姿!

漫画私の後見人は冷血大魔法士は原作Dae Sam先生、漫画Cacti先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「私の後見人は冷血大魔法士」6話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

アンティオークのお尻からしっぽのようなものが出てきたとテラは指差しながら伝えます。その言葉を聞いたアンティオークは真っ青になりました。

≫≫前話「私の後見人は冷血大魔法士」1話~5話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

私の後見人は冷血大魔法士6話の注目ポイント&考察予想

猫になったアンティオーク

本来の姿に戻るティアナ期が早まったことにアンティオークは内心慌てました。

他人の前で変身するのだけはなんとしても避けたいと願っていたアンティオークでしたが、仕事を全うしようとしたばかりにテラの横についていたため、ついにそのときを迎えてしまいます。

テラの目の前で、アンティオークは小さな猫に変身してしまったのでした。

テラは戸惑い、驚きます。

私の後見人は冷血大魔法士6話のネタバレ込みあらすじ

テラの目の前で…

しっぽだけではありませんでした。

アンティオークの頭からは耳が生えて、頬からは細く長いヒゲが生えてきたのです。

アンティオークがギュッと目を瞑ると、ポンッと猫の姿に変わりました。

 

アンティオークが着ていた服が人の身体を失ってその場に落ち、アンティオークは猫の姿で恥ずかしそうに真っ赤になります。

猫の姿のアンティオークは、部屋から走り出ていってしまいました。

テラは慌てて呼び止めようとしましたが、床にアンティオークがかけていたメガネが落ちていることに気付きます。

 

テラは迷いました。

アンティオークがさっき恥ずかしそうにしていたので、追いかけてもいいものか分からなかったのです。

それでもメガネがないと不便だろうからきっと喜んでくれるだろうと思い、テラはメガネを拾いました。

 

テラが部屋を出ると、アンティオークが脱ぎ散らかした服が散らばっています。

丁寧に拾い上げて歩いていくと、一つの部屋の中から本来の姿を見られてしまったのかと誰かが話しているのが聞こえました。

ちくしょうと叫んでいるのはアンティオークのようです。

 

扉の外にいたテラはビクッとしました。

女に裸を見られるなんてもうお婿に行けないとアンティオークは嘆いています。

もう一人は、まだ9歳か10歳くらいなんだから女じゃなくて女の子だと指摘していました。

 

そんなに子どもじゃないのにとテラは複雑な思いを抱きます。

扉の隙間からそっと覗いてみると、猫がティアナ期がこんなに早く来るとは思ってもいなかったとアンティオークの声で泣き叫んでいました。

アンティオークは猫族だったのかとテラは納得します。

アンティオークの変貌

もう一人は優しそうな雰囲気の男性でした。

ギャン泣きしているアンティオークを適当になだめて慰めています。

こんなことが知られたら自分は一生結婚できないかもしれないと落ち込むアンティオークに、口封じに賄賂でもあげたら?と男性は提案しました。

 

しかしアンティオークは、あのガキは高価なものは自分に見合わないと思っているから無駄だと吐き捨てます。

王族のくせに変わっている、私生児だからかとアンティオークは首を傾げました。

そのとき、男性が扉の外のテラに気付きます。

 

目が合ったテラは、メガネを置いていかれたので届けにきたと恐る恐る伝えながら扉を開けました。

アンティオークはビクッとして固まります。

気まずそうな顔で硬直しているアンティオークの前に、テラは畳んだ服とメガネをサッと置きました。

 

よくそう言われると伝えてアンティオークにテラが笑いかけます。

ダラダラと冷や汗をかいているアンティオークに、もう慣れているから気にしないでくれと伝えて踵を返しました。

男性がテラを送ると伝えてくれました。

 

ベルベット城は複雑だからと伝える男性の厚意に甘えて送ってもらうことにします。

その後ろでアンティオークはどうしたらいいか分からないような顔で固まっていました。

部屋を出てから、余計なことを伝えてしまっただろうかとテラは悩みます。

 

料理長兼薬剤師だという男性は、イデルというそうです。

イデルはテラの横で笑い出しました。

あのうるさい猫を黙らせるなんてすごいと楽しそうに伝えた後、真面目な顔で自分が代わりに謝罪するとイデルはテラに伝えます。

 

まったく気にしていなかったテラでしたが…?

続きはピッコマで!

私の後見人は冷血大魔法士6話の感想&次回7話の考察予想

以前からアンティオークが猫の姿でジュダと話しているシーンがあったので、猫になったこと自体は想定内です!

ただ、猫になった途端キャラが変わったので戸惑いました。

落ち着いたイメージがあったアンティオークでしたが、イデルに八つ当たりしてワンワン泣いている姿は子どものようです。

 

テラもますます見てはいけないものを見てしまった気分になるのではないでしょうか?

イデルが慣れている様子を見る限り、これがアンティオークの素なのかなと思いました。

まとめ

今回は漫画『私の後見人は冷血大魔法士』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

私の後見人は冷血大魔法士の6話のまとめ
  • 猫の姿に変身して走り出ていってしまったアンティオークのメガネを拾い、テラは追いかけました。
  • 一つの部屋の中から、アンティオークが口汚く罵り泣き叫んでいる声が聞こえてきます。
  • アンティオークが話していた男性、イデルがテラに気付き、テラはメガネを渡すとイデルとともに部屋を後にしました。

≫≫次回「私の後見人は冷血大魔法士」7話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら