廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ121話【ピッコマ漫画】楡僅 大勝利 不眠に苦戦

漫画廃妃に転生した私は小説を書くは原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「廃妃に転生した私は小説を書く」121話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
前回120話では・・。明梨と照葉が、婚姻を果たして同時に暉陰が処刑されました。この事で、明梨の隠されていた記憶が戻ります。楡僅にもその変化が・・?!

≫≫前話「廃妃に転生した私は小説を書く」120話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く121話の注目ポイント&考察予想

小公王によって書き換えられた記憶は、元の通りに戻り余美人をはじめ全ての者の記憶が戻りました。

これを意味することは、ただ1つ。

小公王に勝利したことです。

 

余美人ならびに蕊慧、四全たちも楡僅を衛妃と呼んで集まって来ました。

しかし、安心する暇はありません。

眠っている間に楡僅と陛下の世界が、書き換わってしまう可能性があるから・・。

 

2人して万全の対策を整えますが、眠らない訳には行きません。

以前、大僧侶から命を救ってもらった楡僅は寺に赴きます。

そこに用意された大僧侶の力がこもった書籍と茶碗、その中には水も用意されいました。

 

飲んでみると水ではなく、酒が・・。

その酒を飲んでしますと2人は、必ず眠ってしまいます。

目覚めた2人の物語は・・?!

 

水ではなく酒が用意されたことに、意味があるのではないでしょうか。

作為的に小公王が、用意した可能も考えられます。

廃妃に転生した私は小説を書く121話のネタバレ込みあらすじ

楡僅の勝利・・

隠されていた記憶を取り戻した余明梨は、急いで楡僅の元に向かいます。

馬車から降りてくる楡僅に、駆け寄りました。

泣いて楡僅に、抱き着きます。

 

泣いて抱き着く余明梨に、楡僅が書いた書籍について確認します。

余明梨は夫の祖父だと答えますが、彼女はそれどころではありません。

どうやら、余暉陰がこの世を去ったことで、物語りそのものが元に戻ったようです。

 

驚くことに蕊慧と四全家令までが、衛妃と叫びながら駆け寄って来ました。

月曼金から勝利を勝ち取ったと思った瞬間、足元は崩れて去って・・。

元の婚礼の夜に、戻って来ました。

 

勝利を手にした皇帝と衛皇后でしたが、不安は残ります。

それは、眠ったらどうなるのか・・。

万全の対策・・

今度、目が覚めたら・・、また違うお話しが始まるのかな・・?!

また、月曼金が何か仕掛けてくることも覚悟しなくてはなりません。

それに備えたのが、楡僅特性不眠薬でした。

 

眠らなければ、月曼金も2人に害を与えることはできません。

それと、2人を繋ぐ紅いひも。

2人の気持ちをしっかり結びつけます。

 

皇帝の小指と楡僅の小指をしっかりと結びました。

しかし、寝ないと言う作戦はいつまで続くのでしょうか・・。

皇帝は家臣たちの報告を受けますが、眠気が勝ってしまい居眠りをしてしまいます。

 

2人とも目の下に大きなクマを作ってしまい、限界も時間の問題に・・。

月曼金に何か仕組まれる前に、早急に次の準備に取り掛かります。

大師に活路を・・

楡僅と皇帝は、大師の元を訪れます。

前回の苦難から助けてくれたのは、大師の助けがあったからでした。

楡僅は、大きな箱を探します。

 

その箱の中には、無名乃友が書いた物語が収めてありました。

その箱に収めてある物語には、大師の神通力が掛けてある物です。

箱の側には、例の水の入った器まで用意してありました。

 

楡僅が口を付けてみると、水ではなくアルコールが注がれていたのです。

アルコールを飲んでしまえば、完全に2人は眠ってしまうでしょう。

しかし、器は1つしかありません。

 

戸惑う皇帝に、2人で分け合うと言って楡僅は、口移しで飲ませます。

そして、器に入っていたアルコールは空になりました。

楡僅と皇帝は木陰に入り、大欺腊国での話しを皇帝が話し始めます。

 

楡僅が育って来た時代の出来事を皇帝は、全て覚えていました。

今と違った文明の進歩と環境の違いを、事細かに話して聞かせます。

楡僅が、心配していたことは全て解消された瞬間でした。

大欺腊国での話しを深く心に刻んで、楡僅を信じて愛している皇帝陛下。

廃妃に転生した私は小説を書く121話の感想&次回122話の考察予想

今回のお話しは、楡僅と陛下の大勝利となりました。

楡僅を取り囲む全ての人たちの記憶と環境が、元通りの世界に整いました。

しかし、月曼金の手中にあることには変わりがありません。

 

楡僅と陛下は策を講じますが、なかなか上手く行きません。

お坊さんの助けもお水ではなくお酒とありましたが、これも月曼金が仕掛けた罠ではないでしょうか。

その場に、お坊さんがいないのが不思議に感じました。

 

2人で分け合ってお酒を飲みながら、楡僅の話した現代の乗り物や住環境の話しを陛下は覚えていたのですね。

それも、何も疑わずに楡僅の話すこと全てを信じて受け入れていたお話しは何か胸を詰まらせました。

それだけ、楡僅のことを愛しているんだなぁと温かい気持ちになりました。

 

たぶん、このまま2人は深い眠りに落ちるのでしょう。

どうか、物語りが書き換わっていないことを祈りたいところですが、月曼金はそんな寛容な気持ちを持ち合わせている人物であることは間違いないですね。

 

さて次回は、眠りに落ちた2人にどんなお話しが待っているのでしょうか?!

また、そのお話しを切り抜ける糸口が見つかるのでしょうか?!

複雑に絡み合うパラレルワールド、月曼金が勝つのか楡僅がかつのかワクワクが止まりませんね。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』121話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

廃妃に転生した私は小説を書くの121話のまとめ
  • 記憶が戻った余美人は、楡僅に泣いて抱き着きます。それは、余美人だけではなく全ての人の記憶も蘇っていました。これは、公王に打ち勝ったと言う証に他なりません。楡僅と陛下は、結婚式後に戻って来ました。
  • 公王から勝利したとは言っても、また眠ってしまうと物語が書き換わってしまうと楡僅と陛下は眠ることを恐れて楡僅お手製のハッカ水を使って眠らないように頑張るけれど、体力の限界に近づきます。
  • 次の対策として、以前助けられた僧侶を2人で訪れます。そこには、僧侶の力が加わった本の入った箱と水の入ったお椀が用意してありました。
  • 前回同様、そのお椀を飲み干そうと口を付けるとお酒だったのです。今の状態で、お酒を飲んでしまうと寝てしまう、用意されたのは1つのお椀だけ。楡僅はこうして飲むのと言ってお酒を陛下の口へ・・。
  • 飲み干した2人は、樹に持たれながら兀丹城での出来事を話します。陛下は、楡僅が話していた馬や鳥などより速い乗り物があることなどをすべて覚えていました。その頃から、楡僅は違う世界から来たと思っていたようです。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」122話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら