韓国語略訳|接近不可レディー32話先読みネタバレ!ヒリスの異能の香り

漫画接近不可レディー32話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

接近不可レディー32話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

ノートンと一緒に訪ねてきたエンリケは、顔を赤らめながらヒリスに異能を使ったかと質問をしました。

エンリケは、なぜ異能を使ったことがわかったのでしょうか?

ヒリスの香り

ヒリスは異能を使ったことが何か問題なのかと問います。

エンリケは、香りが強くて耐えられないそうです。

実は、ノートンも香りの強さを感じており、報告は窓を開けながら行いたいとお願いをするのでした。

 

ヒリスはその姿を見て、以前にアクシオンからも香りのことを言われたと思い出します。

異能を使う時の香りが、他人には残り香でも耐えられないくらいきついことを、ヒリスは初めて知りました。

しかも、ただ香りが強いだけではないようですが、それはさておき、ノートンの提案を受けて報告のために場所を移します。

アクシオンのネクタイ

報告が終わり、疲れて部屋で休むヒリスに、メイがアクシオンのネクタイを持って現れます。

きれいに洗濯をしたネクタイをどうするべきかと訪ねるメイは、紳士用であることから、新しいものを一緒にプレゼントしてはどうかと提案するのでした。

ヒリスは、借りたものを返さなければならないとは思っていますが、プレゼントをするような関係ではないと、メイの提案は冷たくあしらいます

そして、机の上に置いとくように指示をするのでした。

テルゾの企み

カリキア家では、テルゾの従妹であるビンセント・カリキアが訪ねてきていました。

テルゾは、ビンセントとコーデリアと挨拶を交わしながら、モンタナ家との結婚相手が決まったことを察知します。

コーデリアは、モンタナ家を継ぐ予定なので、ビンセントがモンタナ家に入ることになるようです。

 

政略結婚ばっかりですね…。

コーデリアは、ビオレッタに用事があってきた様子です。

ビオレッタが最近寂しそうなので、よろしく頼むというテルゾの言葉に、コーデリアは一瞬戸惑います。

 

ビオレッタと幼馴染のコーデリアは、ビオレッタがテルゾを嫌いな分だけ距離を置いている様子で、それを見ているビンセントは、ギクシャクしていると感じていました。

ヒリスの訪問以降、テルゾに対して長老たちが口うるさくなっているようです。

マゴの次として、テルゾが選ばれている様子。

 

テルゾは長老たちの行動に不満を抱きながら、書斎へ入り、とある本を手に取ります。

そこには、手紙が入っていました

マゴの登場は予定外だが、オークションに出たカリキアの血は手中にあるので、行動に移す時が来たと書かれた手紙を呼んだテルゾは、すぐに燃やしてしまいます。

テルゾは何かを企んでいる様子です。

接近不可レディー32話の読んだ感想

テルゾがビオレッタとコーデリアを利用しようとしているように見えますが、一体何を企んでいるのでしょうか?

そもそも、あの手紙は一体誰からのものでしょう?

カリキア家にピンチの予感ですね。

 

しかし、ヒリスの異能を使った時の香りは、どんな香りなのでしょうか?

エンリケの様子を見ると、悪い香りではなさそうですが…。

まとめ

今回は漫画『接近不可レディー』32話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「接近不可レディー」33話はこちら