カラスはキラキラしたものがお好き ネタバレ34話【ピッコマ漫画】ホルト子爵邸を探索

漫画カラスはキラキラしたものがお好きは原作SSISSI先生、漫画MIZU先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「カラスはキラキラしたものがお好き」34話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

サハラは屋根の上めがけてロープを掛けました。庭園には二人の男女が立って話をしているようです。

≫≫前話「カラスはキラキラしたものがお好き」33話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

カラスはキラキラしたものがお好き34話の注目ポイント&考察予想

皇室騎士団とチェイシャの溝

バゼルが気にしていたことを、サハラは今日聞かされました。

皇室騎士団とチェイシャの間には溝があるようです。

そのやりとりを思い返しながら、サハラはホルト子爵邸を歩きました。

男たちの会話を耳にしたサハラは、やはり違和感を覚えます。

カラスはキラキラしたものがお好き34話のネタバレ込みあらすじ

バゼルの懸念

サハラはバゼルとの会話を思い出していました。

余裕があったら行ったついでに少し見回りしてきてくれとバゼルはサハラに告げていました。

バゼルが以前話していた、少し気になるという話です。

 

チェイシャが剣を持たなくなってから、当時皇室騎士団の団長だった先代のギスカル公爵とチェイシャの間に仲違いがあったそうです。

先代のギスカル公爵が亡くなる前に和解しましたが、その課程で皇室騎士団とチェイシャの関係にヒビが入ったようで、未だに仲が悪いということでした。

さらに、ホルト子爵とギスカル公爵はかなり親密だそうです。

 

自分たちの目論見通りホルト子爵がやったことなら、ギスカル公爵が捜査をするのは少し妙な気がするというバゼルの言葉に、サハラも頷きました。

反逆という言葉を思い浮かべながら、サハラは壁を登ります。

公爵がそんなことをする人には見えませんが、初めての出会いをただでやりすごすのは心もとないとサハラは思いました。

 

上階のバルコニーに入ったサハラの視界に、白い鳥が映ります。

例のごとく何かを咥えている鳥を、サハラは後ろから両手でガシッと掴み捕らえました。

そこで窓ガラスの向こうから話し声が聞こえ、サハラは慌ててその場にしゃがみこみます。

 

鳥が何羽か帰ってきていないことを心配する男に、別の男が過敏過ぎると話していました。

どう見ても怪しい状況です。

いったいどうして皇室騎士団はこいつらを放置しているんだとサハラは頭を悩ませました。

 

十分不穏な動きなのに、ギスカル公爵と皇室騎士団はこの怪しい動きをただ見守っているのでしょうか。

それとももっとことが大きくなるまで守っているのだろうかとサハラは考えます。

次に気になったのは、チェイシャがこのことを知っているのかという点でした。

ラグナールの手助け

会うのが気まずくなかったらもっと前に報告していたのに…と唇を噛み締めます。

こんな状況で個人的な感情を優先していることに、サハラは自嘲しました。

そこへ頭上からラグナールがやってきます。

 

危ないからあっちへ行くよう、サハラは鳥を握ったまま手をブンブンと振りました。

ラグナールが鳴き、サハラの手の中の鳥はぐったりしていました。

何の音だと部屋の中で話す声が聞こえて、サハラは急いで駆け出します。

 

バルコニーのドアが開くすんでのところで、サハラは飛び降りていました。

ラグナールに気付いて動揺した男たちは、サハラの長い黒髪が柵の奥へ消えていったことに気付いていないようです。

サハラは下の階の手すりを掴んで上手く着地しました。

 

上の階ではラグナールに目をつつかれた男が悲鳴を上げ、侵入者だ!と騒ぐ男たちの声が聞こえてきます。

サハラは書斎で武器を構えていました。

一方、ホルト子爵夫人はサハラの後ろ盾がトリシアであることをその場の全員に喋っていました。

 

トリシアの社交界での権力は凄まじく、皇女の後見人を最後まで拒否したという伝説もあります。

どうしてすぐに話さなかったのか、いったいどうやって知り合ったのかと女性陣は真っ青になりました。

頭を抱えていると一人の女性が、廊下が騒がしいことに気付きます。

 

様子を見てこようとホルト子爵夫人がドアを開けると、サハラと出くわしました。

邸宅が騒がしくて頭を冷やす暇もないとサハラは告げます。

女性陣は皆、目をそらしたり俯いたりしていました。

 

サハラがホルト子爵夫人に告げた言葉は…!?

続きはピッコマで!

カラスはキラキラしたものがお好き34話の感想&次回35話の考察予想

ドレスをたくし上げて暗躍するサハラがかっこいいです!

上半身は貴族の令嬢っぽいのに、ドレスの下には様々な装備が隠されていたんですね。

ラグナールは頭がいいなぁと改めて思いました。

 

ホルト子爵夫人からトリシアのことを聞いた女性陣が青ざめているのがいい気味です。

さっきまでの無礼な態度はどこへやら、とても大人しくなりました。

まとめ

今回は漫画『カラスはキラキラしたものがお好き』34話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

カラスはキラキラしたものがお好きの34話のまとめ
  • サハラはバゼルの話を思い返しながらバルコニーへ忍び込み、白い鳥を捕まえました。
  • ラグナールの活躍のおかげで男たちから逃げたサハラですが、侵入者がいると気付かれて大騒ぎになってしまいます。
  • 一方ホルト子爵夫人からサハラのバック、トリシアの存在を知らされた女性たちは青ざめていました。

≫≫次回「カラスはキラキラしたものがお好き」35話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら